MINIクロスオーバー、特別仕様車にはどんな変化がある?

気品溢れるシックな装いの特別仕様車…MINIクロスオーバー「Park Lane」

MINIクロスオーバー パークレーン

昨年9月に発表された特別仕様車が「Park Lane」。英国ロンドンのハイド・パークに面した通りの名前「パーク・レーン」が由来となっているそうで、その気品のある街並みに相応しいモダン・ブリティッシュでシックなモデルに仕上げられている、としています。

深みのあるオーク・レッドのルーフとミラー・キャップを採用、落ち着きのあるアール・グレーのボディカラーが実に鮮やか。それでいて気品を感じる秀逸なデザインですね。
インテリアもグレーを基調にオーク・レッドがアクセントとなった専用デザインが奢られているそうです。

MINIクロスオーバー パークレーン

用意されるグレードは
・MINI Cooper D Crossover
・MINI Cooper D Crossover ALL4
・MINI Cooper SD Crossover
・MINI Cooper S Crossover ALL4
となります。

価格差は16万円~という事ですからこのデザインを気に入った方には非常にお得といえる特別仕様車なのではないでしょうか。

「サマーシーズン」を意識した特別仕様車も…

MINIクロスオーバー

また昨年5月には「MINI Crossover Marine(マリン)」および「MINI Crossover Sunlight(サンライト)」を各150台限定でリリース。

コンセプトは「非日常への冒険」だそうで、興味深い事に、MINIはこの限定車の導入に合わせて、「日本のビジネスマンの休暇取得の現状について、全国の会社員男女824名を対象に調査を実施」したのだとか。MINIクロスオーバーのアクティブさとバケーションの面白いコラボレーションともいえるモデルですね。

MINIは「ドライブを通じて人生を豊かにする機会を提供することをブランドの使命の一つ」としているそうで、「タイムズ24」と共同で「有休取得応援プロジェクト」を実施しており、MINI Crossoverを無料で貸出す企画も並行して行っていました。ビジネスマンとしてもこうしたMINIの「心意気」は嬉しく思えてしまいますね。

・MINI Crossover Marine: ボディー・カラー「カイト・ブルー」を特別色とし、波をモチーフとしたMINI Marine専用のサイド・ストライプとホワイト・ルーフ、18インチ・シルバー・アロイ・ホイールを採用することで、爽やかなマリンのイメージを創出している。

・MINI Crossover Sunlight: 「インターチェンジ・イエロー」を特別色に、陽光をイメージしたMINI Sunlight専用のサイド・ストライプを纏っている。ブラック・リフレクター・ヘッドライト、18インチ・ブラック・アロイ・ホイール、ピアノ・ブラック・エクステリアを採用し、イエローとブラックのコントラストによりスポーティなデザインに仕上げている。(メーカープレスリリースより抜粋)

漆黒のMINIクロスオーバー「BLACK NIGHT」も…

MINIクロスオーバー

2014年にはマットブラックのボディカラー「フローズンブラック」の塗装を施した「BLACK KNIGHT」も用意。クリーンディーゼルエンジン搭載の「SD」ベースが限定販売されています。

「フローズン・ブラック」のボディカラーのほかにもブラックのレザーシート、ダッシュボード、ドア・トリムにピアノブラックのフィニッシャーを装備、スポーティに仕立てられた一台。2014年4月に45台の限定として販売したところ好評を受け、11月に140台の再販を行った人気仕様といえます。

価格は451万円。「SD」が380万円ですから約70万円のプラスとなりますが、独特の世界観で作られた「BLACK NIGHT」は非常にスタイリッシュ、また台数も少ないので特別な一台、といえますね。

特別仕様車は流通量が少ないので、リセールバリューが高いといえます。また、MINIクロスオーバーでは独特のエクステリアを奢られたモデルばかりなので、所有感も非常に高いのも魅力。中古車市場に出回る数は少ないですから、もし見つけた場合は"要チェック"といえるのが特別仕様車、といえそうですね。

この記事をシェアする