ランドクルーザープラドの悪路走破性能はなぜ高いのか?

ランドクルーザー・プラドのボディ構造

かつてトラックベースの4×4が主流だった頃、SUVという名称もなく、エンジンはディーゼル主流で5ナンバーはごくわずかでした。そして、ほとんどが1か4ナンバー(商用車)だった頃のクロカン4×4はラダー(他タイプもあり)フレームの上にボディが乗るフレーム構造でした。

現在は、セダンやクーペ系の乗用車はもちろん、パジェロやエクストレイルなどの人気SUVも、すべてモノコック構造というフレームを持たない一体構造になっています。技術が進歩してモノコック構造でも十分な強度を得られるようになったからです。モノコックには車両重量を軽くでき室内も広く、燃費が良くなるなどのメリットがあります。

これに対して、ランドクルーザーは、ジムニーやJEEP 、ゲレンデヴァーゲンなどと同様、今も強靭なラダーフレーム構造を採用しています。日本の何倍も過酷な、想像を絶するような自然環境や道路状況下でも、十分に悪路走破機能を発揮できることがランドクルーザーには求められているからです。耐久性も整備性も優れているランドクルーザーは世界中で絶大な支持を得ています。

強靭な車両、卓越した悪路走行をサポートする最新システム

プラドの悪路走破能力をさらに強くし、過酷なオフロードでも持ち得た走行性能を存分に発揮する最先端のテクノロジーをご紹介しましょう。

マルチテレインセレクト[TZ-Gにメーカーオプション]

ランクルプラド TZ-G

タイヤの空転によるスタックや、駆動力不足によって失速しやすい場面で路面状況(ぬかるみや砂地、岩場など)に応じた走行支援を、5つのモード【MUD&SAND/LOOSE ROCK/MOGUL/ROCK&DIRT/ROCK】から選択できるシステムです。

選択したモードごとにエンジンスロットル特性、アクティブトラクションコントロールのブレーキ油圧を最適に制御することで走破性を確保。本格4WDならではの悪路走破と安全性を高レベルで実現します。

アクティブトラクションコントロール [2.8Lディーゼル車に標準装備]

スリップ状態を素早く安定走行にする機能です。雪道などのオフロードでスリップを検知すると、空転した車輪にブレーキをかけ、残りの車輪に駆動力を配分します。悪路でも安定した走行を可能に。

クロールコントロール[TZ-Gにメーカーオプション]

ステアリング操作のみで難路走破を可能にする機能です。四輪を独立制御し、ホイールスピンや車輪のロックを抑制し、極低速での一定速度走行を行う機能。

運転席でのアクセルとブレーキの操作は不要で、ドライバーはステアリング操作のみに集中できます。スタックからの自力脱出能力も高いので駆動系への負荷も軽減。5段階の速度設定が可能です。

ダウンヒルアシスト(DAC)コントロール制御&ヒルスタートアシスト(HAC)コントロール

坂道(とくに急坂)での走行や発進の不安を解消する装備です。DAC制御は、スイッチひとつで降坂時の車速を一定の低車速にキープして車両安定性を確保。HACは、登坂発進時に車両後退を感知した場合、自動的にブレーキを作動させ、車両の後退速度を緩和します。

※2.8Lディーゼル車に標準装備

KDSS:Kinetic Dynamic Suspension System (キネティック ダイナミック サスペンション システム)

KDSSは先進のサスペンションシステムです。オンロードではスタビライザーの効力を利かせ、コーナリング時などにおける車体の傾きを抑制。アキュムレーターの最適な制御により石畳など細かい振動のある場所でも心地よく走行できます。

オフロードではスタビライザーの効力をなくし、大きなホイールストロークを確保。タイヤを路面から浮きにくくし、優れた悪路走破性を発揮します。
※TZ-Gに標準装備

対地障害角 150系プラド全車共通

スムーズに坂を登り進めるボディ設計となっています。本格4WDにふさわしい3アングル(アプローチ、デパーチャー、ランプブレーク)に余裕をもたせた設計により、オフロードでの優れた走破性を発揮します。

元来の悪路走破性もすごいのですが、それをより一層確実に、安全で快適にする先進のシステムがプラドには多数採用されているのですね!

この記事をシェアする