SUVの真骨頂!オフロードはどの程度走れるのか?エクストレイル・フォレスターを比較

SUVの走破性とは…

エクストレイル

SUVは、舗装路での使用を主体に考えられています。そのため、シャーシも乗用車のものを流用しているケースが多く、いわゆる「クロカン車」と呼ばれる「ランドクルーザー」や「ジムニー」のような強固なラダーフレームを持った車とは、悪路走破性は比較になりません。もしクロカン競技などにSUVを使用したら様々な所が破損すると思われます…。

いわばSUVは「クロカン車」と「乗用車」の中間にある、という立ち位置。ある程度の悪路や雪路は走破できるが、ハードな局面までは対応していない、ということになります。

オフロード車両に近い、エクストレイル…

前述の点を前提に述べれば、初代から「道具感」の強かったデザインのエクストレイルは、SUVの中でも悪路走破性が高い、と言えるでしょう。エクストレイルのようなSUVが悪路に遭遇するのはやはり「雪道」が多いかもしれません。

エクストレイル

エクストレイル4WD仕様は「ALL MODE 4×4-i」を搭載。また、世界初の機能として「悪テクブライド・コントロール」を搭載しています。

コーナリングやブレーキング時にエンジンブレーキを付加させる「アクティブエンジンブレーキ」といった機能も搭載され、悪路での車体制御に貢献しています。

また4WD車の特有の機能、「センターデフロック」を装備しているのもポイント。スタックした際などの脱出に必要な装備です。このような点からも「タフな特性」があるのがエクストレイル、と言えるでしょう。

シンメトリカルAWDという強力な武器を持つフォレスター

フォレスター

フォレスターに搭載されているシンメトリカルAWDは、他社メーカーのクルマにはない装備です。水平対向エンジン搭載により、レイアウトからも左右対称の重量配分となるため、駆動力が均等にかけられる、というのが大きなポイント。

さらに「X-MODE」という最新の電子制御が組み合わされております。悪路での発進時や雪道を登坂中にタイヤが空転し脱出が困難な場面においても、このX-MODEを稼働させておけば、瞬時に制御が介入。そして、エンジン・トランスミッション・AWD・VDCを統合制御し、各輪に最適なトラクションを与え、スムーズに悪路からの脱出を実現します。

フォレスター X-MODE

センターデフロックは古典的な悪路脱出デバイスでしたが、スバルは長年培ったAWD技術をさらに電子制御で次の段階に進めており、悪路での走破性能の向上に繋げています。

AWDメカニズムではフォレスターに分がある、と言えるかもしれませんね。

この記事をシェアする