【どんな小物入れがある?】ヴォクシー運転席まわりの収納レビュー

ヴォクシー収納スペース画像インプレ

トヨタ ヴォクシー 2016

こちらはオレンジの内装色をしたZSグレードですが、ネッツトヨタから発売されているヴォクシー/ボクシー(VOXY)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

トヨタ ヴォクシー 2016

助手席側トレーが装備されているなど、このようにインパネ全体をみるだけでも収納スペースの数や使い勝手に期待が持てますよね。実際にヴォクシーの内装・インパネを見て、デザイン性だけではく、使い勝手もしっかりと考慮されたデザインになっているなと感じました。

そして、このヴォクシー/ボクシー(VOXY)では次のような数多くの収納スペースが用意されていました。

その1:運転席ロアボックス

この80系ヴォクシー/ボクシー(VOXY)のハンドルの右側にあるのが、引き出し式の収納スペースの”運転席ロアボックス”。

トヨタ ヴォクシー 2016

この運転席ロアボックス自体はそれほどサイズが大きくないので、ガムやキャンディーなどの小さいアイテムやコインなど限られたアイテムしか収納できません。

ただ、この運転席ロアボックスは外から見てもこの収納スペースは死角になりやすく、安全面の観点からも優れているのは好印象でした。

運転席ロアボックスの上にも収納スペースが…

今回私が見たモデルでは、ヴォクシー/ボクシー(VOXY)の運転席ロアボックスの上にETC車載器が搭載されれていますが、これが無いとこの部分はカードホルダーとして使う事が可能のようです。

トヨタ ヴォクシー 2016
トヨタ ヴォクシー 2016

このカードホルダーは領収書やレシート、駐車券を置いておくスペースとしても活用できるのかなと思いました。

5つの内装の機能の違いとは?【ヴォクシーZSとVグレード比較】

その2:センタートレイ

またシフトレバーや丸いデザインが特徴の空調パネルが採用されているヴォクシー/ボクシー(VOXY)のセンタークラスター部分にも収納スペースが採用されています。

トヨタ ヴォクシー 2016
トヨタ ヴォクシー 2016

先ほど紹介したハンドルの右側にある運転席ロアボックスと同様に収納スペースのサイズはそれ程大きくないのですが、このようにスマホやiPhoneを置いておくのには、ちょうど良いスペース。

トヨタ ヴォクシー 2016

ポンっと気軽にスマホやiPhoneを置いておくのには、とても良いスペースなのかなと思いました。

オーナーさんが感じた2つの欠点とは?【ヴォクシー購入者の口コミ】

その3:センターロアボックス

ヴォクシー/ボクシー(VOXY)のインパネの中央の下部分に装備されているのが、センターロアボックス。

トヨタ ヴォクシー 2016

一見すると広そうなヴォクシー/ボクシー(VOXY)のセンターロアボックスですが、実際にサイズを確認してみると、大きさはそれ程大きくありません。また、個人的にはこの収納スペースの中がイビツな形になっているのも若干気になりました。

なので、この収納スペースをゴミ箱として使うのは、ちょっとサイズが小さいのかも・・・。

また、ディーラーオプションのナビを購入すると、このセンターロアボックスの上部にUSBソケットが装備されます。なので、ディーラーさんによると、このセンターロアボックスにUSBケーブルと接続したスマホやiPhoneを置くのがおススメのようです。

トヨタ ヴォクシー 2016

ただ、USBソケットの位置が低く取り外しがしにくい…。個人的にはUSBソケットはもう少し高い位置の方が良いのかなと思いました。

その4:オーバーヘッドコンソール

また、ヴォクシー/ボクシー(VOXY)の天井部分には、運転用のメガネやサングラスを収納できるオーバーヘッドコンソールを標準装備。

トヨタ ヴォクシー 2016
トヨタ ヴォクシー 2016

ディーラーさんの話によると、約200グラムまで収納が可能になっているようです。

なので、メガネやサングラス以外にもウェットティッシュや道端で貰えるポケットティッシュをこの部分に収納している人もいるそうですよ。

メガネやサングラスをかける人以外使い勝手が悪そうなオーバーヘッドコンソールですが、このように考えると意外と重宝するかもしれませんね。

その5:助手席アッパーボックス

また、トヨタから発売されている5ナンバーサイズのM型ミニバン、ヴォクシー/ボクシー(VOXY)は、助手席側の収納スペースが充実しています。

トヨタ ヴォクシー 2016

そのうちの一つが、助手席側のインパネ上部に用いされている助手席アッパーボックス。

トヨタ ヴォクシー 2016

この助手席アッパーボックスはリッド(蓋付き)なので、収納したものが見えないように隠して置けるので、とても便利ですよね。

また、サイズ的にも十分で女性用のポーチや財布だけではなく、薄型のボックスティッシュなどもスッポリと収納できる大きさになっています。

荷物が多くなりがちな小さなお子さんがいるご家庭では、とても重宝する収納スペースなのかなと思いました。

ヴォクシーHVとガソリンはどっちがお得?【元を取るには何年必要か計算してみた】

その6:助手席センタートレイ

また、80系ヴォクシー/ボクシー(VOXY)の注目の収納スペースの一つが、大口が開いたようなデザインになっている助手席センタートレイ。

トヨタ ヴォクシー 2016

ブラックの内装色だとこのようにかなりシックなデザインになっていますが、このクルマの特徴でもあるハデなオレンジの内装色を選択すると、このセンタートレイは、かなりインパクトのあるデザインになります。

■ブラックの内装色

トヨタ ヴォクシー 2016

■オレンジの内装色

トヨタ ヴォクシー 2016

オレンジの内装色を選択すると、かなりハデな印象のあるセンタートレイですが、サイズも大きく、使い勝手は良好。ボックスティッシュをこのスペースに置いてもまだまだ余裕があり、他のアイテムを置くことも可能です。

また、この助手席センタートレイはプラスチック素材でできているので、汚れてもカンタンに掃除できるのも良いと思いました。

この気軽にポンポン置ける大型サイズの収納スペース”助手席センタートレイ”は、ヴォクシー/ボクシーのインパネにある収納スペースの中でも特に使い勝手が良い収納スペースだなと思いました。

その6:グローブボックス

また、ヴォクシー/ボクシー(VOXY)の助手席アッパーボックスの下には、お馴染みのグローブボックスを装備。

トヨタ ヴォクシー 2016

そして、このグローブボックスを開けるとこのような感じになります。

トヨタ ヴォクシー 2016

助手席アッパーボックスやオープントレイを装備している事が影響しているためか深さ・奥行きは若干狭い感じが…。しかし、横幅は大きいのが印象的でした。

グローブボックスだけだと若干物足りなさを感じるサイズでしたが、助手席側に収納スペースを3つ用意している事を考えると、このサイズになるのも仕方ないのかなと思いました。

トヨタ ヴォクシー 2016

ネッツトヨタから発売されている80系ヴォクシー/ボクシー(VOXY)の運転席まわりの収納スペースを確認したところ、このようになっていました。

実際にこのクルマの収納スペースを見て、インパネ中央下にあるセンターロアボックスの小ささなど若干気になる部分はありましたが、概ね良好。家族みんなで使うファミリーカーとして、十分満足できる数の収納スペースを兼ね備えていると思いました。

収納スぺースの数や使い勝手はとても重要です。このヴォクシー/ボクシー(VOXY)の購入を検討している方は、しっかりと収納スペースについても確認してみてくださいね。

試乗レビュー速報

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives