セレナ2016の外装画像【迫力増したフロントマスクに注目】

日産 セレナ 2016

5代目セレナ 外装画像レビュー:正面から

セレナ(SERENA)を正面から見ると、このようなデザインになっています。

日産 セレナ 2016
日産 セレナ 2016
日産 セレナ 2016

今回私が見る事ができたセレナは、上位モデルのハイウェイスターの特別仕様車”プロパイロットエディション”。

また、ボディカラーは5ナンバーサイズのM型ミニバンでは初となる2トーンカラーのマルーンレッド×ダイヤモンドブラック。

天井のカラーがブラックなので、見た目は引き締まった印象があり、レッドなのにそれ程ハデさを感じないカラーになっているように感じました。ハデなクルマはちょっと苦手と思っている人にも、このマルーンレッドとダイヤモンドブラックの2トーンカラーは、とても良いと思いました。

注目の装備1:フロントグリル

セレナ(SERENA)の外装・エクステリアのデザインで、注目なのは、フロントグリルのデザイン。

セレナ(SERENA)は、日産のクルマらしく“Vモーショングリル”を採用。

また、標準モデルでは2段のグリル横バーを採用しているのですが、今回私が見たハイウェイスターは3段のメッキ調の横バーを採用。

日産 セレナ 2016

先代モデルよりもアグレッシブな凛々しいデザインのフロントマスクになっているように感じました。また、一目見て、日産のクルマとわかるデザインなっているのも好印象でした。


注目の装備2:ヘッドライト

セレナ(SERENA)のフロントマスクでインパクトがあったのは、ヘッドライトのデザイン。

この5代目モデルのヘッドライトは先代モデルと大幅に異なり、上下2段重ねのデザインを採用。

日産 セレナ 2016

先代モデルよりもヘッドライトもシャープなデザインになり、より精悍なイメージのあるフロントマスクになっていました。

また、このインパクトのあるセレナ(SERENA)のヘッドライトを点灯すると、このような感じ。

日産 セレナ 2016

実際に見てみると、ポジションランプがかなり印象的!

今回私が見た期間限定の特別仕様車”プロパイロット エディション”を含む上位グレードでは、LEDライトを採用。白く光るLEDライトはスタイリッシュな雰囲気のあるこのクルマのイメージにピッタリだと思いました。

5代目セレナ 外装画像レビュー:横から

また、セレナ(SERENA)を横から見ると、このような感じ。

日産 セレナ 2016

このセレナ(SERENA)はメッキ調のアウドドアハンドルを使用しており、また、リアにかけて大きめのキャラクターラインが入っているので、ミニバンにありがちなノッペリ感を感じませんでした。

また、セレナ(SERENA)のサイドからのデザインで印象的だったのが、三角窓あたりのデザイン。

このモデルのフロントの三角窓は、鋭角にボディに食い込んでいるようなデザインに…。このフロントの三角窓のデザインもシャープな雰囲気を演出しているのかなと感じました。

注目の装備1:タイヤ&ホイール

セレナ(SERENA)は、

・15インチホイールキャップ
・15インチアルミホイール
・16インチアルミホイール

の3種類のホイール&タイヤサイズが用意されてます。

そして、今回私が見た特別仕様車”プロパイロット エディション”では16インチの切削加工されたスタイリッシュなアルミホイールを採用。

日産 セレナ 2016

このスタイリッシュなデザインのホイールは、凛々しい雰囲気になったセレナ(SERENA)の外装・エクステリアにマッチしていて、とても良いと思いました。


5代目セレナ 外装画像レビュー:後ろから

また、セレナ(SERENA)の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

日産 セレナ 2016

バックドアガーニッシュには、このようにロゴも刻印。

日産 セレナ 2016

ただ、個人的にはもう少しスタイリッシュなデザインのロゴの方が…。このバックドアガーニッシュのロゴデザインは、個人的には少々残念でした。

一方、セレナ(SERENA)の後ろ姿で良いと思ったのは、リアコンビネーションランプのデザイン。

セレナ(SERENA)のリアコンビネーションランプは、このように最近の日産のクルマの特徴でもある”S字”に点灯。

日産 セレナ 2016

このS字に点灯をする新型モデルのリアコンビネーションランプは、かなりインパクトがありました。

注目の装備1:ガラスエリアのみを開閉できるハーフバックドア

また、セレナ(SERENA)の注目のの機能の一つが、ガラスエリア部分のみを開閉できる荷室のハーフバックドア。

■ハーフバックドアのみ開閉時

日産 セレナ 2016

■バックドアオープン時

日産 セレナ 2016

ガラスエリア部部のみを開ける場合、普通にバックドアを開ける時と比べて、後ろの張り出しは約半分。

後ろが壁になっている狭い駐車場などでリアゲートを開けたい時には、とても助かるのかなと思いました。

ちなみに、セレナ(SERENA)のガラスエリア部分の開閉レバーは、日産のエンブレム内に採用されています。

日産 セレナ 2016

このようにガラスエリア部分のみのハーフバックドアの開閉がしやすいのも好印象でした。

日産 セレナ 2016

セレナ(SERENA)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

大人しい印象のあった先代モデルから一転、このモデルは、最近の日産のクルマに共通するVモーションを採用するなど迫力のあるデザインに…。また、ハーフバックドアなど機能面でも充実しているのも好印象でした。

自動運転技術ばかりが注目を集めているこのクルマですが、迫力が増したセレナ(SERENA)の見た目・外装にも注目してみてくださいね。

画像 試乗レビュー速報
日産 セレナの内装画像インプレ【注目の装備や機能を実車で紹介】
乗り心地が先代よりも良くなった?セレナC27の試乗の感想

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives