日産セレナ プロパイロットエディションとハイウェイスターの違いとは?

日産 セレナ 2016

C27型セレナ ハイウェイスターとプロパイロットエディションの外装比較

今回、セレナ(SERENA)の上位モデル”ハイウェイスターG”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

一方、こちらは特別仕様車プロパイロットエディションのハイウェイスターG。


この2台のモデルでは、外装・エクステリアに違いはありません。

また、特別仕様車プロパイロット エディションでも、セレナ(SERENA)の注目装備の一つでもある足の動きでスライドドアを開閉できる”ハンズフリーオートスライドドア”が標準装備されています。

特別仕様車プロパイロットエディションでも、このように機能が充実しているは、好印象でした。

C27型セレナ プロパイロットエディションのみ標準装備されている機能とは?

このように見た目は変わらないC27型 新型セレナのハイウェイスターGと特別仕様車プロパイロットエディションですが、機能面・装備面を比較すると、大幅に異なります。

ベースとなっている一般モデルのハイウェイスターGでは標準装備されておらず、特別仕様車プロパイロットエディションのハイウェイスターGのみに装備されている主な機能や装備を紹介いたします。

特別仕様車に標準装備される機能1:プロパイロット機能

プロパイロットエディションとベースとなってるハイウェイスターGの機能・装備の違いの一つは、何といってもプロパイロット機能。

べースとなっているセレナ(SERENA)のハイウェイスターGに自動運転技術のプロパイロット機能を装備するには、日産の様々な安全装備機能がセットになっているメーカーオプションの”セーフティパックB”を注文するしかありません。

このセーフティパックBでは、自動運転技術のプロパイロット機能以外にも様々な安全装備機能が搭載されますが、価格は約24万3000円。


ちょっと高めですよね。このように考えると、自動運転技術のプロパイロット機能が標準装備されるのは、かなりお得だと思いました。

特別仕様車に標準装備される機能2:安全装備

日産 セレナ(SERENA)の特別仕様車プロパイロットエディションでは、通常、メーカーオプションの”セーフティパック”を注文しないと搭載されない次のような安全装備システムも標準装備されます。

・踏み間違い衝突防止アシスト
・車両逸脱防止支援システム(LDP)
・進入禁止標識検知機能
・カーテンエアバッグ&サイドエアバッグ
・オートブレーキホールド
・フロント&バックソーナー

自動的に駐車をしてくれるインテリジェントパーキングアイストやふらつき防止などメーカーオプションの”セーフティパックB”の一部の機能は、特別仕様車”パイロット エディション”では標準装備されていません。

しかし、これだけの安全機能が標準装備していれば、十分ですよね。

これだけの安全装備が標準装備されているこの日産 セレナ(SERENA)の特別仕様車プロパイロットエディションは、かなりお買い得なのかなと思いました。

特別仕様車に標準装備される機能3:オートデュアルエアコン

C27型セレナ(SERENA)の特別仕様車”プロパイロットエディション”とベースとなっているハイウェイスターGの違いの一つが、後部座席の空調システム。

特別仕様車のベースになっているハイウェイスターGでは、オートエアコン&リヤクーラーを標準装備。つまり、後席では、ヒーターを使用する事ができません。

一方、特別仕様車”プロパイロットエディション”では、後席でもヒーターを使う事ができるオートデュアルエアコンが標準装備。

2列目シートや3列目シートの快適性を考えると、リヤヒーターが使えるオートデュアルエアコンの方がうれしいですよね。

実際にこの2台のモデルの機能を比較してみて、エアコンの違いも意外と大きいのかなと思いました。

C27型セレナ プロパイロットエディションの欠点とは?

このように安全装備や後部座席のリヤヒーターなど嬉しい機能が標準装備されているC27型新型セレナ(SERENA)ですが、デメリット・欠点もあります。

それは運転をする時に役立つ人気のオプション&装備できない事。

例えば、このC27型 新型セレナの特別仕様車”プロパイロット エディション”では、駐車する時など上空から見下ろしたような視点での画像を表示してくれるアラウンドビューモニターを装備されていません。また、オプションでも装備する事はできません。

また、車両後方のカメラ映像をバックミラーに映し出し、イヤな後方視界をスッキリと見やすくしてくれる”スマートルームミラー”もこのプロパイロットエディションでは、装備する事ができません。

この2つの機能は、使い勝手が良くお客さんからの評判もとても良いようです。この運転をラクにする便利な機能が装備できないのは、C27型新型セレナ(SERENA)の特別仕様車プロパイロット エディションの欠点・デメリットの一つかなと思いました。

2017年3月末まで期間限定で発売されえいる新型セレナ(SERENA)の特別仕様車”プロパイロット エディション”とベースとなっているハイウェイスターを比較してみたところ、機能や装備に次のような違いがありました。

この特別使用車プロパイロットエディションでは、アラウンドビューモニターたスマートミラーが装備できないと言う欠点・デメリットもあります。ただ、プロパイロット エディションのハイウェイスターGモデルの価格が約318万円と言うのは、かなりお買い得だと思います。

もし自動運転技術を装備したモデルをお得に購入したいのなら、特別仕様車のプロパイロットエディションは、おススメのモデルなのかなと思いました。

インパネもステップワゴンっぽい!?【フリードの内装画像インプレ】
C27型セレナのアラウンドビューモニターを体験【先代よりも良くなった点とは?】

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives