インプレッサG4外装画像インプレ【スポーツと見た目に違いはある?】

インプレッサG4の外装画像インプレ:正面から

スバル インプレッサG4 2016

5代目となったスバルのインプレッサG4(IMPREZA G4)のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

スバル インプレッサG4 2016
スバル インプレッサG4 2016
スバル インプレッサG4 2016

今回私が見たのはG4の最上位モデルの”2.0i-S”だったので、ステアリング連動型のLEDヘッドライトや”コ”の字型に点灯するポジションランプなどを標準装備。

■2.0i-Lのヘッドライト

スバル インプレッサG4 2016

■2.0i-Lのヘッドライトを点灯した時の様子

スバル インプレッサG4 2016
スバル インプレッサG4 2016

ハロゲンヘッドライトが標準装備になっている中間グレードの”2.0i-L”よりもシャープでスタイリッシュな雰囲気になっているのは、好印象でした。

■2.0i-Lのヘッドライト

スバル インプレッサG4 2016

■2.0i-Lのヘッドライトを点灯した時の様子

スバル インプレッサG4 2016
インプレッサスポーツ外装画像レビュー【実車を一足早く見てきた】

インプレッサG4とスポーツ フロントマスクに違いはある?

正面からのデザインはこのようになっていたスバルのインプレッサG4ですが、ヘキサゴングリルや”コ”の字型のヘッドライトなど基本的なデザインは、ハッチバックタイプの”スポーツ(SPORT)”と共通のデザインになっています。

インプレッサG4の正面からのデザイン

スバル インプレッサG4 2016

インプレッサスポーツの正面からのデザイン

スバル インプレッサG4 2016

なのでフロントマスクを見ても、どちらのモデルか見分けはつかないと思いますよ。

【1.6と2.0の価格差は?】インプレッサスポーツの見積もり貰ってきた

インプレッサスポーツの外装画像インプレ:横から

今回フルモデルチェンジをして発売されたインプレッサG4(IMPREZA G4)の横からのデザインは、このようになっています。

スバル インプレッサG4 2016
スバル インプレッサG4 2016

セダン車らしい伸びやかなデザインが良いですよね。

このG4のボディサイズはこのようにスポーツよりも全高が低く、全長が長いデザインになっています。


インプレッサG4とスポーツのボディサイズ比較

・G4
全長:4,625mm
全幅:1,775mm
全高:1,445mm

・スポーツ
全長:4,460mm
全幅:1,775mm
全高:1,480mm

この2台のモデルを比較すると、G4の方が全高が35mm低くなっている代わりに全長は165mmほど長くなっています。

なので、このインプレッサG4(IMPREZA G4)はハッチバックの”スポーツ”よりもワイド&ローが強調された伸びやかなデザインになっているように感じました。

ちなみに、この2台のモデルではホイールベースの長さはまったく同じ。この2台のモデルの全長の165mmの差は、トランクを備えたために長くなったリヤオーバーハング部分の違いのようですよ。

視認性が良くなった理由とは?新型インプレッサのメーター徹底レビュー

タイヤサイズ&ホイールデザインは、スポーツと共通

スバル インプレッサG4 2016

また、今回フルモデルチェンジをしたインプレッサG4のタイヤサイズやホイールデザインは、スポーツと共通となっています。

■G4 2.0i-Sのタイヤ&ホイールデザイン

スバル インプレッサG4 2016

■スポーツ 2.0i-Sのタイヤ&ホイールデザイン

スバル インプレッサG4 2016

インプレッサG4に装備された18インチのタイヤ&ホイールは見た目の迫力もあり、スポーツセダン車のような雰囲気になっていました。

インプレッサG4の外装画像インプレ:後ろ

スバル インプレッサG4(IMPREZA G4)の外装・エクステリアでハッチバックタイプの”スポーツ(SPORT)”と大きく異なるのが、リアからのデザイン。

今回フルモデルチェンジをして発売されたG4のリアからのデザインは、このようになっていました。

スバル インプレッサG4 2016

なかなか後ろ姿もカッコいいですよね。

立体的なデザインになったリアコンビネーションランプもG4のデザインとマッチしていて、なかなか良いデザインだなと思いました。

スバル インプレッサG4 2016
スバル インプレッサG4 2016

また、このスバルのインプレッサG4(IMPREZA G4)を見てスポーツと異なると思ったのが、マフラー。

スバル インプレッサG4 2016

このG4では、右側のみの1本出しのマフラーを採用。フィニッシャーもしっかりと装備されていたのは好印象だったのですが、個人的には、左右2本出しを採用して貰いたかったです。

G4の荷室開口部も広くて使い勝手が良いサイズを採用

スバルのインプレッサスポーツでは荷室開口部が広くなりラゲッジの使い勝手がかなり使いやすそうなのが好印象でしたが、このG4の荷室開口部もかなり広め。

実際にこのインプレッサG4(IMPREZA G4)の荷室・ラゲッジスペースを開けてみると、このような感じ。

スバル インプレッサG4 2016

このG4はセダンなので荷室開口部の高さはそれ程ありませんが、ゴルフバックもラクラク積み込むことができる横幅の広さはとても魅力的でした。

また、今回発売されたこのG4は荷室・ラゲッジルームの奥行きが広いのも好印象。

スバル インプレッサG4 2016

ディーラーさんに確認したところ、このG4の荷室容量はスポーツよりも優れているようです。これはビックリですよね!

背の高い荷物を載せる場合はハッチバックの”スポーツ(SPORT)”の方が使い勝手は良いと思いますが、スポーツを上回る荷室容量には驚愕しちゃいました。

スバル インプレッサG4 2016

今回フルモデルチェンジをして発売されたセダンタイプのインプレッサG4(IMPREZA G4)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

フロントグリルやヘッドライトなど共通パーツは多用していたもののこのG4のエクステリアはハッチバック型の”スポーツ(SPORT)”よりワイド&ロー感が強調され、よりシャープなデザインになっているように感じました。

日本ではセダンの売れ行きがあまり良くなく苦戦をしており、このスバルのインプレッサ(IMPREZA)でもスポーツの方がG4よりも圧倒的に人気は高いようです。

ただ、スポーツよりも全長が長く伸びやかなデザインになっているこのG4の外装・エクステリアのデザインもかなりカッコ良いと思いました。また、先代よりも存在感&高級感のある佇まい(たたずまい)も好印象でした。

試乗レビュー速報

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives