インプレッサのブラックレザーの本革シート画像【標準装備と比較】

インプレッサ 本革シートのデザインを徹底チェック

スバル インプレッサ 2016

この”ブラックレザーセレクション”を採用したインプレッサ(IMPREZA)のシートデザインは、このようになっています。

■インプレッサスポーツのフロントシート

スバル インプレッサ 2016

■インプレッサスポーツの後部座席

スバル インプレッサ 2016

艶やかなブラックのシートがオシャレですよね。

また、サイドの部分に施されているシルバーのステッチがブラックとのコントラストがとてもキレイでした。

スバル インプレッサ 2016

ちなみに、インプレッサ スポーツとG4ともにこのメーカーオプション“ブラックレザーセレクション”を用意しているのですが、本革シートのデザインに違いはありませんでした。

■インプレッサG4のフロントシート

スバル インプレッサG4 2016

■インプレッサG4の後部座席

スバル インプレッサG4 2016
インプレッサスポーツのインパネ画像【先代と変わった5つの注目装備とは?】

標準装備されているファブルック×トリコットシートと比較

一方、こちらはファブリックとトリコットを組み合わせた2.0i-Lや2.0i-Sに標準装備されている新型モデルのシートのデザイン。

■インプレッサ標準装備のフロントシート

スバル インプレッサ 2016

■インプレッサ標準装備の後部座席

スバル インプレッサ 2016

このように見比べると、シートのデザインや高級感が全く違いますよね。

この私が見た標準装備のシートもシルバーステッチが採用されているなど見た目にもこだわっているのがわかるデザインになっています。また、異なるカラーのシート素材を使用して、立体的に見えるようなデザインになっているのもとても良いと思いました。

しかし、この標準装備のシートと本革を採用しているブラックレザーセレクションと比較してしまうと、高級感・上質感は雲泥の差。

スバル インプレッサ 2016

また、ダークグレーを採用しているスバルの新型インプレッサ(IMPREZA)の標準装備のシートと異なり、シートカラーが漆黒になるブラックレザーセレクションは、より引き締まったシックな感じの内装・インテリアになったように感じました。

滑らかで艶のないマットな感じの本革素材になっているので、モードっぽいスタイリッシュな雰囲気の内装・インテリアが好みの方は、大満足できるデザインになっているのかなと思いました。

視認性が良くなった理由とは?新型インプレッサのメーター徹底レビュー

思ったよりもスポーティーなシートデザインが好印象

スバル インプレッサ 2016

また、ブラックレザーセレクションの本革シートを実際に見て良いと思ったのが、思ったよりもスポーティーな雰囲気のデザインになっていた事。

このように近くでみるとわかるのですが、スバルの新型インプレッサ(IMPREZA)の座面のサイドの部分はポツポツと穴の開いたパーフォレーション加工を採用。

スバル インプレッサ 2016

このパーフォレーション加工を採用した本革シートが新型インプレッサの雰囲気ともマッチしていて好印象でした。(セダン型のG4の方にはパーフォレーション加工が無くても良いのかなと思いましたが…)

ブラックレザーセレクションを装備すると機能面も充実

スバルの新型インプレッサ(IMPREZA)のプション設定となっているブラックレザーセレクションを注文するとシートが本革になるだけではなく、次のような機能も装備されます。

■ブラックレザーセレクションに含まれる装備

・LEDヘッドライト&ステアリング連動機能
・クリアビューパック
・本革ステアリング&シフトレーバー
・キーレスアクセス&プッシュスタートエンジン
・本革シート
・運転席&助手席8ウェイパワーシート
・スーパーUVカットガラス
・シートヒーター

スバル インプレッサ 2016

装備される機能はかなり多いですよね。

LEDヘッドライト&ステアリング連動機能など2.0i-Sではもうすでに標準装備されている機能や装備も多々ありましたが、それ以外のグレードではお得感のあるメーカーオプションなのかなと思いました。

また注意が必要なのが、シートヒーター。

このインプレッサ(IMPREZA)でシートヒーターを装備したいのなら、このブラックレザーセレクションを装備するしかないので、ご注意を…。

スバル インプレッサ 2016

ちなみに、シートヒーターのスイッチはこのようにセンターコンソールのシフトレバー手前部分に装備されるので、若干インパネのデザインが変わります。

スバル インプレッサ 2016

インプレッサ 本革シートの座り心地はどうだった?

スバルのインプレッサ(IMPREZA)のブラックレザーセレクションで装備される本革シートの座り心地は、標準装備されているファブリックシートと若干異なるように感じました。

スバル インプレッサ 2016

標準装備されているシートは、表皮に採用されているファブリック素材の柔らかさ肌触りの良さや内部のクッション性の良さ感じる座り心地になっています。

一方、ブラックレザーセレクションで装備できる本革シートは、標準装備のファブリックシートと比較すると、パリっとした張りのある座り心地。

標準装備のファブリックシートに腰を掛けると、少しお尻が沈みこむような感じがあるのですが、新型インプレッサ(IMPREZA)の本革シートはほとんど沈み込むことなくその場でしっかりとサポートする感じ。

なので、本革シートはファブリックシートよりもしっかりとした固めの座り心地になっているように感じました。

スバル インプレッサ 2016

ただ、ファブリックシートと同様に本革シートもサイドのサポートは良いので、疲れにくいシートになっているように感じました。また、シートの座面も背もたれも立体的なデザインになっているので、滑りにくいのかなと思いました。

私は元々固めの座り心地の方が好みなので、個人的には新型インプレッサの標準装備のファブリックシートよりも本革シートの方が好みでした。

スバル インプレッサ 2016

今回フルモデルチェンジをして発売されたインプレッサ(IMPREZA)のメーカーオプション”ブラックレザーセレクション”に含まれる本革シートは、このようなデザイン&座り心地になっていました。

ワンランク上のクルマのような高級感のある内装・インテリアの雰囲気やちょっと固めのしっかりとした本革シートの座り心地など個人的には大満足でした。

ちなみに、このスバルの新型インプレッサ(IMPREZA)のメーカーオプション“ブラックレザーセレクション”の価格はグレードによって異なり、10万8000円~16万2000円となっております。

ちょっとオプション価格は高いですが、実際に見てみると十分に満足できるオプションになっているのかなと思いました。

スバル インプレッサスポーツの荷室サイズを確認【広さはどうだった?】
試乗レビュー速報

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives