フリードプラスで車中泊は快適!?【広さ&使い勝手を実車でチェック】

フリードプラスで車中泊レビュー:荷室のデザインを確認

ホンダ フリード+ 2016

ホンダ フリードプラス(Freed+)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

ホンダ フリード+ 2016

荷室・ラゲッジスペースが上下2段になっているので、多くの荷物を積めそうですよね。そして、後部座席を収納すると、このよう感じ。

ホンダ フリード+ 2016

広くて、横にもなれそうな広い荷室・ラゲッジスペースが登場します。後ほど詳しく説明いたしますが、これなら十分に車中泊もできそうですよね。

ほぼフルフラットになるフリードプラス(Freed+)の荷室・ラゲッジスペースは、車中泊をしたい人にとって、とても魅力的なサイズかなと思いました。

【先代よりも快適!?】6人乗りフリードの2列目シート画像レビュー

後部座席の収納はラク?実際に試して気になった事とは?

ホンダ フリードプラス(Freed+)の2列目シートの収納方式は、3列目シートのベースモデルと異なり、座面を持ち上げるダブルフォールディング式を採用しています。

■フリードプラスの2列目シート ダブルフォールディングした時の様子

ホンダ フリード+ 2016
ホンダ フリード+ 2016

“ダブルフォールディング式”と言う言葉だけを聞くと意味が全くわかりませんが、後部座席の収納方法は、それ程難しくありません。

ダブルフォールディング式を採用しているこのプラス(+)の後部座席の収納方法は、このような感じ。

■フリードプラスの後部座席の収納方法

STEP1.後部座席の座面を持ち上げる
STEP2.背もたれを格納する
STEP3.シートバックに採用されているボードを広げる

この3ステップだけ。

ホンダ フリード+ 2016

最初は後部座席の座面をどのように持ち上げればよいのか分からなかったので
少し苦戦しましたが、慣れると後部席の収納は難なく行えます。また、特にチカラも必要ないので、女性でもカンタンに後部座席を収納する事ができます。

この操作性の良さは、大満足でした。

【ソファーシートも快適!?】フリードの7人乗り2列目シート画像レビュー

シートバックボードの開放&収納はちょっと面倒なのが欠点

ただ、”ステップ3″のシートバックに装備されているボードを広げるのがちょっと面倒…。特にこのシートバックボードは、ストラップで固定されてるので毎回緩めないといけないので…。

ホンダ フリード+ 2016
ホンダ フリード+ 2016

強度などの問題もあったのかもしれませんが、個人的にはヴォクシーの3列目シート収納時に固定するようなワンプッシュで開閉・固定できるようなストラップにしてもらいたかったです。

この”ちまちま”ストラップを緩めたり、きつく締めたりする作業が面倒なのは、とても残念・欠点な部分でした。

フリードプラスで車中泊レビュー:荷室の広さはどうだった?

このような感じになるフリードプラスの荷室・ラゲッジスペースですが、車中泊をする事を念頭にデザインされたクルマと言う事だけあって、後部座席を格納した時の広さは、かなり大きいです!

ホンダ フリード+ 2016

実際にこのフリードプラス(Freed+)の後部座席を格納した時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、このようになっています。

■フリードプラスの荷室・ラゲッジスペースの広さ

奥行き:1,920mm (最大値)
横幅   :1,170mm (最大値)
高さ   :  880mm
※高さは、ラゲッジボードからの計測値

実際にこのクルマの荷室・ラゲッジスペースで横になってみたので、広さはだいたいセミダブルのベットくらいの広さ。

大人2人程度なら窮屈感を感じることなく、横になれます。後部座席を一番前にした時の奥行きも十分なサイズを確保しているので、とっても快適。

私は荷室側に頭を向けて横になったのですが、足がでぱっている2列目シートの部分に全く触れる事はなく、窮屈さは微塵も感じられませんでした。

ホンダ フリード+ 2016

また、私がこのクルマを見てた時、身長180㎝くらいの人もこのクルマを見ていたので話を聞いたのですが、「私の身長で全く問題ない。」と、言っていました。

おそらく身長が185㎝オーバーの方だと若干の窮屈さを感じるかと思いますが、コンパクトカーサイズのクルマでで成人男性でも窮屈感を感じることなく車中泊をできる広さ&サイズを確保しているのは、サスガだなと思いました。

高さに余裕があるのも魅力の一つ

フリードプラスの荷室・ラゲッジスペースで横になってみて良いと思ったは、予想以上にラゲッジボードから天井までの高さがあった事。

ホンダ フリード+ 2016

なので、車中泊をした朝に起き上がる際、天井に頭をぶつける心配がありません。

また、フリードプラス(Freed+)を車中泊ようにシートをフルフラットした状態でも天井が高いので、車内の移動もとってもラク。また、圧迫感も感じません。

成人男性でも難なく車内を移動でき、また、窮屈感を感じない天井の高さを確保しているこのクルマの広さは、とても良いと思いました。

フリードプラスで車中泊レビュー:使い勝手はどうだった?

このように車中泊をするのに十分な広さを確保しているホンダのフリードプラス(Freed+)ですが、使い勝手もかなり好印象。

私が実際に使い勝手が良いと思った2つの理由を紹介したいと思います。

理由1:車中泊をするときも収納スペースが十分

車中泊をする際に困るのが荷物の置き場ですよね。

今回発売されたこのホンダのフリードプラス(Freed+)の荷室・ラゲッジスペースは上下2段構造になっており、車中泊用のシートアレンジにしても床下部分に荷物を置くことが可能です。

ホンダ フリード+ 2016

また、スライドドア側の部分にも小さいですが、クツなどを置けそうな収納スペースが…。

ホンダ フリード+ 2016

このように荷室・ラゲッジスペースをフルフラットにしても荷物を置けるスペースをしっかりと確保しているのは、とても良いと思いました。

理由2:小物入れも十分

フリードプラス(Freed+)は、スマートフォンなどを受電できるアクセサリーソケットを荷室・ラゲッジスペースの側面に装備。

ホンダ フリード+ 2016
ホンダ フリード+ 2016

ハンガーなどを掛ける事ができるフックも荷室・ラゲッジスペースの壁面に装備。(元々はベースモデルの3列目シートを収納した際のストラップを引っ掛けるフックですが…。)

ホンダ フリード+ 2016

フリードプラスの後部座席を収納すると、後部座席のバックボード部分で若干の段差ができてしまいフルフラットにならないのは少々残念でしたが、車中泊時の収納力などは、とても良いと思いました。

ホンダ フリード+ 2016

ホンダのフリードプラス(Freed+)の車中泊をする時のシートアレンジは、このようになっていました。

このクルマは車中泊用にデザインされた事もあり、後部座席を収納した時の広さも十分。成人男性が横にあっても十分にリラックスできるだけの広さを確保している事に驚きましたが、大満足でした。

また、収納スペースや便利な機能・装備などもしっかりと確保しており、このクルマで車中泊をしたら楽しいだろうなと思いました。車中泊をしたい人にとって、フリードプラス(Freed+)は、ピッタリのクルマだなと思いますよ。

フリードプラスの荷室レビュー【多彩に使えるラゲッジを徹底解説】
画像 試乗レビュー速報

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives