【標準車との違いは何?】フリードプラスの2列目ソファーシート徹底レビュー

フリードプラスの2列目シートはどんなデザイン?

ホンダ フリード+ 2016

フリードプラス(Freed+)の後部座席(2列目シート)は、このようなデザインになっています。

ホンダ フリード+ 2016

今回私が見たのは、プラス(+)のハイブリッド車の最上位モデルの“ハイブリッドEX”だったと言う事もあり、シート素材はメイン部分がファブリック、そして、サイドの部分に合成レザーのような肌触りをしているプライムスムースのコンビシートを採用。

ホンダ フリード+ 2016

車中泊や釣りやキャンプなどアウトドアで使用する趣味のクルマっぽさや遊び心はあまり感じられませんでしたが、上質感もあり、飽きの来ないデザインになっているように感じました。

また、シートカラーも全グレード通じて、ブラックのみ。

モカやべージュのカラーを採用して柔らかな温かみのある感じのフリード(Freed)のシートと雰囲気が異なり、プラス(+)のシートは、スタイリッシュでオシャレな感じになっているように感じました。

フリードプラスで車中泊は快適!?【広さ&使い勝手を実車でチェック】

後部座席のスライドできるなど使い勝手も格段のアップ

フリードプラスの荷室・ラゲッジスペースは、機能面でも十分。

先代モデルの”フリードスパイク”では後部座席のスライド機能が装備されていませんでしたが、プラス(+)は、後部座席のスライド機能をしっかりと装備。

実際にこのクルマの後部座席を前後にスライドすると、このような感じ。

ホンダ フリード+ 2016

2列目シートを一番後ろまでスライドすると、足元空間(ニーリアランス)がかなり広くなりますよね。また、このクルマの2列目ソファーシートは、6:4分割方式を採用しており、左右独立して前後にシートをスライドする事が可能です。

後部座席のスライド機能などが装備されていなかった先代モデルの”スパイク”は居住性や使い勝手など多少我慢をする必要がありました。しかし、フリードプラスは、後部座席の居住性・快適性が大幅にアップ!

フリードプラスの2列目シートは、先代モデルに乗っているユーザーさんが羨ましがるような作りやデザインになっているように感じました。

フリードとプラス(+)の2列目ソファーシートの違いは?

このように2列目シートの機能性が大幅に良くなったフリードプラスの2列目シートですが、一見するとベースとなっている3列シートのフリードのソファーシートを同じように見えます。

こちらは、2列シートを採用している”プラス”の後部座席(2列目シート)。

ホンダ フリード+ 2016

そして、こちらはベースとなっている3列シート、フリード(Freed)の7人乗りモデルのソファーシート。

ホンダ フリード+ 2016

プラス(+)はサイドの部分がプライムスムースのコンビシートを採用しており、また、7人乗りのベースモデルの方は全面ファブリックシートなので、素材感は少し異なります。ただ、ベースは同じクルマなので、基本的なシートデザインはソックリですよね。

しかし、フリード(Freed)とプラス(+)の2列目シートを見比べると、機能など若干異なる部分もありました。

違い1:アームレスト

フリードプラス(Freed+)とプラス(+)の違いの一つが、アームレストの有無。

フリード(Freed)のソファーシートの中央には、このように引き出して使えるアームレストが装備されていました。

ホンダ フリード+ 2016
ホンダ フリード+ 2016

ドリンクホルダーは残念ながら付いていなかったものの大きさも十分。

しかし、5人乗りモデル2列シートのフリードプラスの後部座席では、残念ながらシート中央のアームレストが用意されていませでした。

ホンダ フリード+ 2016

後部座席の居住性・快適性を考えると、これはちょっと残念ですよね。スライド機能などが装備され居住性・快適性が格段にアップしたプラス(+)の後部座席ですが、個人的にはアームレストが装備されていなかった事はかなり
ショックでした。

違い2:2列目シートの収納方法

フリードプラス(Freed+)とベースとなっている3列シートモデルでは、2列目シートの収納方法も異なります。

3列目シート仕様のフリード(Freed)の2列目シートは、レバーを引くとシートが前に倒して小さくできるタンデムフォールディングを採用。

■フリードの2列目シート収納時の様子

ホンダ フリード

このようにフリード(Freed)の2列目シートをスライドドアの開口部が広くなり、3列目シートへのアクセスがカンタンに…。また、何よりレバーを引くだけで、自動的にシートが前方に折り畳まれるお手軽感がとっても良かったです。

一方、5人乗りモデル、フリードプラス(Freed+)の2列目シートの収納方法は、ベースとなっている3列シートモデルと異なり、ダブルフォールディング式を採用。

■フリードプラスの2列目シート収納時の様子

ホンダ フリード+ 2016

座面を持ち上げてから、座面があったスぺースに背もたれを重ねないといけないので、フリード(Freed)と比較すると若干手間が多いです。

しかし、このダブルフォールディングは2列目シートを収納した時の形がこのようにフラットになり、2列目シートのシートバックに備え付けてあるボードを広げると、このように荷室・ラゲッジスペースの一部になります。

ホンダ フリード+ 2016

つまり、このダブルフォールディングのおかげで、車中泊ができる広い荷室・ラゲッジスペースにする事ができる事に…。

このフリードプラス(Freed+)の2列目シートの収納作業は若干手間ですが、荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手を考えると、このような収納方法になっているのは、仕方ないのかなと思いました。

もしこれからプラス(+)を試乗する方は、しっかりと2列目シートの収納方法も確かめてみてくださいね。

ホンダ フリード+ 2016

今回フルモデルチェンジをして発売されたフリードプラス(Freed+)の2列目シートは、このようなデザインになっていました。

先代モデルでは装備されていなかった後部席のスライド機能も装備され、2列目シートの居住性・使い勝手は比べ物にならない程良くなったように感じました。また、座面のクッション性も良く座り心地も格段に良くなっていました。

先代モデルの”スパイク”よりも格段に使い勝手・乗り心地が良くなったフリードプラス(Freed+)の2列目シートは、このクルマの注目ポイントの一つです。きっとあなたも使い勝手や居住性の良さに大満足すると思いますよ。

画像 試乗レビュー速報

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives