インプレッサスポーツ外装画像レビュー【実車を一足早く見てきた】

インプレッサスポーツ画像レビュー:正面から

スバル インプレッサスポーツ 2016

スバルのインプレッサスポーツの正面からのデザインは、このようになっています。

スバル インプレッサスポーツ 2016
スバル インプレッサスポーツ 2016
スバル インプレッサスポーツ 2016

このモデルは、現在のスバルの内外装のデザインコンセプトでもある”ダイナミック&ソリッド”を初めて採用したモデルとなっています。

このコンセプトの影響か今回発売されたインプレッサスポーツのフロントマスクは、先代モデルと比較してかなりスタイリッシュ&スポーティーなデザインに…。

フロントグリル、ヘッドライト、フォグランプまわりのデザインが一新され、精悍さが増したこのモデルのフロントマスクはとても良いと思いました。

また、デザインが一新されたこのモデルの各パーツは、このようなデザインになっていました。

■フロントグリル

スバル インプレッサスポーツ 2016

■ヘッドライト

スバル インプレッサスポーツ 2016

■フォグランプ

スバル インプレッサスポーツ 2016

■アイサイト

スバル インプレッサスポーツ 2016

スバルのインプレッサスポーツに搭載されているアイサイトは、視野角と認識距離が向上した最新のバージョン3を採用が全ブレード標準装備されているみたいですよ。

この点も見逃せませんね^^

【小物入れは多くなった?】インプレッサスポーツの収納スペース

注目装備1:歩行者保護用エアバック

インプレッサスポーツの注目装備の一つが、歩行者保護用のエアバッグが搭載されている事。

このようにエンジンルームとフロントガラスの間に歩行者保護用のエアバックが装備されています。

スバル インプレッサスポーツ 2016
スバル インプレッサスポーツ 2016

※ インプレッサG4の写真・画像を使用しています。

この歩行者保護用のエアバックが作動する仕組みが分からなかったので、東京モーターフェス2016の時にスバルのスタッフの方に質問をしてみたのですが、どうやらフロントバンパー部分にセンサーが装備されているようです。

このセンサーが衝突を感知すると、瞬時にエアバッグが作動する仕組みになっているようです。

このように運転手や同乗者用だけではなく、歩行車などを保護する安全装備が装備されているのは、イザと言う時に助かりそうですよね。

しかも、歩行者保護用エアバックは、インプレッサスポーツの全グレード標準装備。ここら辺は、さすがスバルだなと思いました。

【パナソニックCN-LR820D】スバルインプレッサ専用ナビを徹底レビュー

インプレッサスポーツの外装画像レビュー:横から

インプレッサスポーツのサイドからの外装デザインは、このようになっています。

スバル インプレッサスポーツ 2016
スバル インプレッサスポーツ 2016

フロントマスクほど大幅に変わった印象が無いこのモデルのサイドからのデザインですが、先代モデルよりも全長が40mm長くなった事で、伸びやかな見た目に印象が…。

また、先代モデルよりもキャラクターラインがハッキリとしており、サイドからのデザイン・見た目もスポーティな雰囲気になっているように感じました。

ただ、実際に車内に乗り込んで気付いたのですが、先代モデルと比較してサイドウインドウ下端が若干上がったような印象が…。なので、先代モデルよりも斜め後方の視界が悪くなった感じがしました。

スバル インプレッサスポーツ 2016
スバル インプレッサスポーツ 2016

インプレッサスポーツ(IMPREZA SPORT)のサイドからの外装で、この点だけが少々気になりました。

【実際に座った感想】インプレッサスポーツ後部座席の広さはどうだった?

サイドからの注目装備:タイヤ&ホイール

今回私が見たモデルはスバルのインプレッサスポーツ(IMPREZA SPORT)の“2.0i-L”は、このようなデザインの17インチのタイヤ&ホイールデザインを標準装備。

スバル インプレッサスポーツ 2016

スポーティーなデザインでなかなか良いですよね。

また、インプレッサスポーツでは、17インチ以外にも18インチのタイヤも用意しています。

ちなみに、こちらは2.0系グレードの最上位モデル”2.0i-S”にも採用されている18インチのタイヤ&ホイール。

スバル インプレッサスポーツ 2016

※ インプレッサG4の写真・画像を使用しています。

見積もりを貰ったスバルのディーラーさんの話によると、18インチタイヤを装備したモデルの方が、バタつきが無くスッキリ感がある乗り心地になっているのでおススメのようですよ。

装備されているタイヤメーカー&ブランドも異なるようなので、ぜひとも乗り比べをして18インチと17インチの走りの違いを確かめてみたいですね。

【スポーツよりも広い!?】インプレッサG4のトランクを徹底チェック

インプレッサスポーツ画像レビュー:後ろから

インプレッサスポーツ(IMPREZA SPORT)の後ろからの外装デザインは、このようになっていました。

スバル インプレッサスポーツ 2016
スバル インプレッサスポーツ 2016
スバル インプレッサスポーツ 2016

先代モデルはリアコンビネーションランプが四角いデザインで後ろ姿がボテっとしている印象があったのですが、このモデルでは横長のデザインに変更。

スバル インプレッサスポーツ 2016

リヤバンパーのデザインも変更され、先代よりもどっしりとした、また、スタイリッシュな雰囲気に…。

また、スバルのインプレッサスポーツ(IMPREZA SPORT)の荷室開口部が広くなったののも注目ポイントの一つ。実際にこのクルマのテールゲートを開けた時の広さは、このような感じになっていました。

スバル インプレッサスポーツ 2016

先代モデルよりも荷物の積み下ろしがすやすそうなデザインになったのも嬉しいですよね。

このようにリアコンビネーションライトのデザインが変更されスタイリッシュさがアップしただけでは無く、使い勝手も良くなったインプレッサスポーツの後ろ姿には大満足でした。

スバル インプレッサスポーツ 2016

インプレッサスポーツの外装・エクスリアは、このようなデザインになっていました。

プラットフォームから見直された今回のモデルは外装・エクステリアのデザインが一新され、精悍さが先代モデルよりも増したように感じました。また、先代モデルよりも高級感・上質感が増したように感じました。

個人的に先代モデルよりも良いと思ったのが、後ろ姿。

私は先代モデルのボテっとした後ろ姿があまり好きではなかったのですが、インプレッサスポーツ(IMPREZA SPORT)は、後ろ姿のもっさり感が軽減されたのが好印象でした。

ぜひとも新型プラットフォームを採用して精悍さが増したこのモデルの外装・エクステリアは、要チェックですよ。

試乗レビュー速報

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives