【パナソニックCN-LR820D】スバルインプレッサ専用ナビを徹底レビュー

スバル インプレッサ 2017

インプレッサ専用パナソニックのナビの画像レビュー

スバルの人気車種、インプレッサ(IMPREZA)専用デザインのパナソニック製ナビは、このようなデザインになっています。

スバル インプレッサ 2017

このパナソニック製のナビもディーラーオプションナビなのですが、専用デザインと言う事もあり、インパネのオーディオクラスター部分とのフィット感は抜群!

ディーラーオプションナビと言っても遜色ないくらいインパネのデザインとマッチしていました。

そして、ハンドルの右側に装備されているスタータースイッチを押すと、“SUBARU”のロゴがナビに表示され、その後、地図が画面に表示されます。

スバル インプレッサ 2017

このパナソニック製のナビの画面サイズは、8インチ。画面サイズも大きく、運転中の視認性もとても良いと思いました。

パナソニック製ナビ”CN-LR820D”は機能性も十分

スバル インプレッサ 2017

またこのインプレッサ(IMPREZA)専用にデザインされたこのナビは、機能面も十分。

例えば、このパナソニック製のナビ”CN-LR820D”は現在の渋滞情報だけではなく、過去の渋滞情報も確認する事ができます。

また、このカーナビは車両とも連動しており、オーディオ画面やナビのルート案内などをインパネの中央上部に設置してあるマルチファンクションディスプレイ(MFD)に表示してくれます。


スバル インプレッサ 2017

このように機能性に優れているのもこのパナソニック製ナビの特徴の一つかなと思いました。

ちなみに、このパナソニック製ナビはフルセグTVも見る事ができますよ。このようにエンターテイメント性に優れているのもとても良いと思いました。

インプレッサ専用パナソニックのナビの3つのメリット

インプレッサ(IMPREZA)では、パナソニックだけでは無く様々なメーカーのカーナビを用意しています。

しかし、専用デザインで設計されたパナソニック製ナビ”CN-LR820D”には、他のカーナビには無いメリットがありました。

他のディーラーオプションナビと異なる新型インプレッサ(IMPREZA)専用のパナソニック製ビルトインナビの3つのメリットを紹介したいと思います。


メリット1:画面サイズの大きさ

5代目となったインプレッサ(IMPREZA)専用に設計されたナビの特徴の一つが、画面サイズ。

スバル インプレッサ 2017

このビルトインナビの画面サイズは8インチになっているのですが、
8インチサイズのナビがラインナップされているのは、このパナソニック製のみ。

他のメーカーのディーラーオプションナビは8インチ画面の用意はなく、
画面サイズが一回り小さくなってしまいます。

例えば、パイオニアの人気ナビ”カロッツェリア サイバーナビ”の画面サイズは、
一回り小さい7インチサイズとなっています。

私はまだスバルインプレッサ(IMPREZA)にカロッツェリアが搭載されているモデルを確認していないのですが、ディーラーさんの話によると8インチサイズのこのビルトインナビと比較してしまうと、画面の大きさに物足りなさを感じてしまうようです。

また、パナソニック製の専用ナビ”CN-LR820D”と比較すると、インパネとのフィット感もイマイチのようですよ。


スバル インプレッサ 2017

もし視認性・画面サイズの大きさにこだわるのなら専用デザインのパナソニックのビルトインナビの方が良いかもしれませんね。


メリット2:ナノイー機能

スバル インプレッサ 2017

この新型インプレッサ(IMPREZA)専用設計のパナソニック製のビルドインナビには
様々な機能が装備されているのですが、このカーナビにはなぜか車内の消臭や除菌効果があると言われている”ナノイー”が標準装備されています。

これはちょっと珍しいですよね。なんとこのモデルでは、ナノイーはエアコンに装備されているのでは無く、カーナビに付属されているのです。

実際にカーナビ内のダイヤルの上にある”ナノイー”のスイッチを押してみると、ブルーに点灯し、ナノイーが発生されます。

スバル インプレッサ 2017

このようにスイッチが大きいので、操作性も十分。

ルート案内がメインのカーナビの機能とは全く異なりますが、女性に嬉しいナノイー機能が標準装備されるのは、メリットの一つかなと思いました。

ちなみにこのナノイー機能は、別売りのオプションで装備する事も可能です。(デザインは異なるようですが…)なので、他のメーカーのディーラーオプションのナビを購入した場合でもナノイー機能を装備する事は可能ですよ。

メリット3:マルチファンクションディスプレイ(MFD)との連携

インプレッサ(IMPREZA)では、インパネの中央に6.3インチ大型画面のマルチファンクションディスプレイ(MFD)を搭載してます。

スバル インプレッサ 2017

このマルチファンクションディスプレイ(MFD)にオーディオ情報やルートの案内情報などを表示できるのですが、ナビとMFDを連動できるのは専用デザインのパナソニック製のナビ”CN-LR820D”のみ。

このビルトインナビ以外では、運転情報やオーディオ情報をマルチファンクションディスプレイ(MFD)に表示する事ができません。

この違いは、大きいですよね。

スバル インプレッサ 2017

ルート案内などはナビの画面で表示されるよりも、視線の移動が少ないマルチファンクションディスプレイ(MFD)で確認した方が視線移動が少ない分、見やすいです。

マルチファンクションディスプレイとの連動は、新型インプレッサ専用デザインのビルドインナビの大きなメリットの一つだと思いました。

スバル インプレッサ 2017

5代目インプレッサ(IMPREZA)はメーカーオプションのナビは良いしていなかったものの、パナソニック製の専用デザインのナビをディーラーオプションで用意していました。

このビルドインナビの価格は、約23万4000円とちょっと高め。。。

ただ、内装・インパネとマッチしたデザインやマルチファンクションディスプレイ(MFD)との連動を考えると購入する価値は十分にあるのかなと思いました。ナノイーも標準装備されますしね^^;;

もしこれからこのクルマを見に行く際は、専用デザインになっているパナソニック製ビルドインナビ”CN-LR820D”もしっかりとチェックしてみてくださいね。


画像 試乗レビュー速報
【ラゲッジは広い!?】インプレッサスポーツの荷室アレンジを見てきた
スバル新型XVの内装画像レビュー【専用のオレンジステッチはどうだった?】

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives