2列目の乗り心地はどう!?アルファード エグゼクティブラウンジの試乗の感想

30系アルファード エグゼクティブラウンジの乗り心地インプレッション

トヨタ アルファード エグゼクティブラウンジ 2016

今回発売された30系アルファード(Alphard)の最上位グレード“エグゼクティブラウンジ”の2列目シートは、このような感じになっています。

トヨタ アルファード エグゼクティブラウンジ 2016

「私のような一般人が座っても良いの!?」と、思っちゃうくらいラグジュアリーな高級感がプンプンとするシートになっています。

そして、この豪華な2列目シートに恐る恐る座ってみたのですが、シートが予想以上に広くてユッタリ・・・。

アルファード(Alphard)では、エグゼクティブラウンジよりも一つ下のグレードのガソリン車のGFグレードやハイブリッドG”Fパッケージ”でも、本革を採用したエグゼクティブパワーシートを採用しています。

■エグゼクティパワーシート

トヨタ アルファード エグゼクティブラウンジ 2016

このエグゼクティブパワーシートも高級感があって良いと思ったのですが、今回30系モデルで新設計されたエグゼクティブラウンジシートの方が一回りシートが広くユッタリとした印象が…。

先日、この2つのシートの違いをディーラーさんに聞いてみたのですが、どうやらエグゼクティパワーシートよりもエグゼクティブラウンジの方が幅がやはり広く、100mmも拡大しているようです。

100mmの差はスゴイですよね。

このようにシートサイズにゆとりがあるので、手の動きもスムーズ。アームレスト部分に収納されているテーブルを広げて、執筆活動やパソコンを使って仕事をするのにもとても便利だと思いました。

窮屈さを感じずにリラックスできるこのサイズは、このエグゼクティブラウンジシートのメリットの一つかなと思いました。

エグゼクティブラウンジの3列目に不満が・・・アルファードの内装レビュー

エグゼクティブラウンジの2列目シート 走行時の乗り心地レビュー

トヨタ アルファード エグゼクティブラウンジ 2016

このようにユッタリと座れるシートサイズが特徴のアルファード(Alphard)のエグゼクティブラウンジの2列目シートですが、走行時の乗り心地もまさにVIPクラス。

今回発売されたアルファード(Alphard)の大きな変更点の一つが、従来のトーションビーム式からダブルウィッシュボーン式にサスペンションがなった事。

そのため、先代モデルよりもしっとりとしなやかな乗り心地に…。

トヨタ アルファード エグゼクティブラウンジ 2016

また、このエグゼクティブラウンジのセカンドシートは、タイヤの当たりがとてもマイルドで、しっかりと足が動いて不快な衝撃を吸収しているのがわかるような乗り心地になっていました。

首都高の接合部分(ジャンクション)を乗り越えらた時はさすがに下からの衝撃・突き上げ感がありますが、この衝撃もしっかりと吸収してくれます。また座面も厚くしっかりとした作りになっているので、いつも私が運転しているクルマよりも当たりがマイルドになっていたのも好印象でした。

よっぽど乱暴な運転をしない限りは、大事なゲストをこのクルマの2列目シートに乗せていても不快な思いをさせる心配は無いのかなと思いました。

エグゼクティブラウンジシートでも横揺れは若干気になる

トヨタ アルファード エグゼクティブラウンジ 2016

ダブルウィッシュボーン式のリアサスペンションを採用した事により乗り心地が格段に良くなった30系アルファード(Alphard)ですが、エグゼクティブラウンジの2列目シートに座っていて気になったのが、ふらつきや横揺れ。

やはり背の高いクルマと言う事もあり、ふらつきや横揺れは感じました。

私がこのアルファード(Alphard)のエグゼクティブラウンジを試乗をしていて特に気になったが、高速道路を運転している時のふらつき。

高速道路を走行中、このクルマの2列目シートをリクライニング&オットマンをこのように使用して横なるような体勢をしていたのですが、真っすぐな道でも常にふらふらと左右に揺れているような感じが…。

トヨタ アルファード エグゼクティブラウンジ 2016

横になっていたので余計に左右のふらつきを感じたのかもしれませんが、車酔いをしやすい人は少し注意が必要なのかなと感じました。

加速力に不満無し!?アルファード エグゼクティブラウンジの試乗の感想

ロールも若干気になる・・・

トヨタ アルファード エグゼクティブラウンジ 2016

また、アルファード(Alphard)はミニバンの中でも比較的背が高いクルマと言う事もあり、カーブを曲がった時はロールを感じます。

油断をして少しスピードを出した状態でコーナーに突っ込むと、「ドキッ!」とする位のロール(傾き)をする時があります。

ただ、カーブ手前でしっかりとスピードを落としてから曲がるとそれ程ロール感は気になりません。身体が曲がる方向に若干傾く感じはありましたが、「ミニバンだからこれくらいは仕方ないよな~」と思う程度。

個人的には丁寧な運転を心掛ければ、カーブを曲がった時のロールが、それ程不快に感じる事はそれ程ないのかなと思いました。

また、この30系モデルからダブルウィッシュボーン式のリアサスペンションを採用している事もあり、タイヤと路面の接着感を感じる乗り心地になっています。背の高いミニバンとしてカーブの安定感はあるように感じました。

このカーブを曲がった時の安心感・安定感があるのも、とても良いと思いました。

トヨタ アルファード エグゼクティブラウンジ 2016

今回30系アルファード(Alphard)の最上級グレードの”エグゼクティブラウンジ”を試乗させてもらったのですが、2列目シートの乗り心地はこのようになっていました。

カーブを曲がった時など若干のロールは感じるものの、ダブルウィッシュボーン式のリアサスペンションと作りのしっかりとしているシートのおかげで下からの突き上げが気にならないとても良い乗り心地になっていました。

ガソリン車のGやSAグレードに採用されているリラックスキャプテンシートよりも乗り心地は格段に良く、まさにVIPのためのシートと言った感じになっていました。

この30系アルファード(Alphard)のエグゼクティブラウンジの2列目シートの乗り心地は、ミニバンのなかでもトップクラスだと思います。もしこれからこのエグゼクティブラウンジに乗る機会がありましたら、ぜひとも2列目シートに座ってみてくださいね。あまりの居心地・乗り心地の良さにビックリすると思いますよ。

【高速試乗動画】現行型トヨタアルファードで第2世代トヨタ・セーフティ・センスを試す!
試乗レビュー速報

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives