3つのデザインを徹底比較!トヨタ タンク/ルーミーのメーター

タンク/ルーミーのメーター:3つの異なるデザインを徹底レビュー

トヨタ タンク/ルーミー 2016

トヨタのタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)では、このようなデザインのメーターが3種類用意されていました。

■ブルーの自発光式オプティトロンメーター

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

■オレンジの自発光式オプティトロンメーター

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

■アナログメーター

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

オプティトロンメーターは、2眼式を採用

ブルーとオレンジが鮮やかなオプティトロンメーターでは、中央に大きなサイズのスピードメーター、左側にはタコメーター、そして、右側には燃料タンクの残量計を表示する複眼式のメーターを採用。

■スピードメーター

トヨタ タンク/ルーミー 2016

■タコメーター

トヨタ タンク/ルーミー 2016

■燃料タンクの残量計

トヨタ タンク/ルーミー 2016

タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)に採用されているオプティトロンメーターのメーターはサイズも大きく、また、ホワイトに点灯する目盛りも見やすいため視認性に優れているように感じました。

アレンジ&使い勝手を徹底解説!トヨタ タンク/ルーミー荷室画像レビュー

カスタムと標準車によってオプティトロンメーターのカラーは異なる

このようにブルーとオレンジの2種類を用意しているタンク/ルーミーの自発光式のオプティトロンメーターですが、モデルによって採用されているカラーが異なります。

見た目のインパクトが強いオレンジのオプティトロンメーターを採用しているのは、G-TやGSなど標準車の上位モデルG系グレード。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

各メーターのリングに沿って点灯するオレンジ色のライトは、見た目のインパクトも十分。

また、タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のエアコンの液晶ディスプレイのカラーもオレンジ色。この統一感もとても良いと思いました。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

一方、スタイリッシュなブルーを採用しているのは、上級モデルのカスタムの方。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

助手席側のダッシュボードやドア内側パネルのブルーとマッチしたオシャレなデザインになているのが好印象でした。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

また、タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)カスタムで採用されているブルーのオプティトロンメーターの注目ポイントが、リング部分にシルバー加飾。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

この加飾デザインによって、メーターの印象が全く異なりますよね。

このカスタムのブルーカラーのオプティトロンメーターこのシルバーリングのおかげで、標準モデルのオレンジのメーターよりも縁(リング)がクッキリとしたインパクトのあるデザインに…。

スタイリッシュさもありつつも、標準車のメーターよりもさらに目を引くとても良いデザインになっているのが、とても印象的でした。

【内外装を実車画像で比較】トヨタ タンク/ルーミーの違いを検証

標準モデルの下位グレードではアナログメーターを採用

タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のカスタム、標準車の上位モデルでは視認性に優れている自発光式のオプティトロンメーターを採用しているのに対し、標準車の下位モデルXグレードなどでは単眼式のアナログメーターを採用。

■新型タンク/ルーミーのアナログメーター

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

基本的なデザインはそれ程大きく変わらないのですが、リングに沿ってサークル状に点灯するライトがないため、シンプルに感じますね。また、このアナログメーターでは、タコメーターの装備もありません。

タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のカスタム、標準モデルの上位グレードと比較すると、メーターのデザイン性だけではなく、視認性も大きく劣るように感じました。

タンク/ルーミーのマルチインフォメーションディスプレイの表示項目はどんな感じ?

タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)ですが、インパネの中央上部に燃費や航続可能距離などを表示するマルチインフォメーションディスプレイを標準装備しています。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

ただ、マルチインフォメーションディスプレイのデザインやカラーもグレードやモデルなどによって異なります。

そんなタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のマルチインフォメーションディスプレイも確認してみましょう。

ソリオよりも劣る!?トヨタ タンク/ルーミーの収納スペース&小物入れ

マルチインフォメーションディスプレイのカラーは、メーターに統一

今回トヨタのタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)に搭載されているマルチインフォメーションディスプレイのカラーやデザインは、メーターのカラーと同じカラーを採用しています。

なので、オレンジ色のメーターデザインだった標準車の上位グレードのマルチインフォメーションディスプレイは、このようなデザインを採用。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

一方、ブルーが基調になっているカスタムのマルチインフォメーションディスプレイは、このようなデザインを採用。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

同じデザインですが、見た目の印象が全く異なりますよね。

このようにカスタムと標準モデルによってカラーが異なるトヨタのタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のマルチインフォメーションディスプレイも注目ポイントの一つかなと思いました。

マルチインフォメーションディスプレイの表示項目は?

カスタムと標準モデルでカラーが異なるタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のマルチインフォメーションディスプレイですが、ハンドルの右側にあるスイッチを使って表示項目を切り替える事ができます。

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

そして、このハンドルスイッチを切り替えて新型モデルに用意されているマルチインフォメーションディスプレイの表示項目を確認したところ、次のようなものがありました。

■時計モード

トヨタ タンク/ルーミー 2016

■カレンダーモード

トヨタ タンク/ルーミー 2016

■エコキャラモード

トヨタ タンク/ルーミー 2016

また、それ以外にもこのようなオープニングアニメーション画面や、警告画面も表示してくれます。

■オープニング画面

トヨタ タンク/ルーミー 2016

■警告画面

トヨタ タンク/ルーミー 2016

このタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)はダイハツのスタッフが開発したクルマと言う事もあり、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目やデザインは他のトヨタ車と異なります。

ただ、エコキャラなどを使いキュートなデザインになっているこのマルチインフォメーションディスプレイも良いデザインだと思いまいた。

ちなみに、タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)の標準車の下位モデルXグレードやXSグレードでは、カラーのマルチインフォメーションディスプレイではなく、このようなデザインになっていました。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

このように見比べると、やはりカラーのマルチインフォメーションディスプレイの方が良いですね。

最廉価モデルのX系グレードではメーターだけではなく、マルチインフォメーションディスプレイのデザインも少々物足りなさを感じてしまいました。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

トールワゴンタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のメーター&マルチインフォメーションディスプレイは、このようなデザインになっていました。

基本的なメーターのデザインはカスタムと標準車で同じでしたが、メーターのカラーを変更する事でまったく違う雰囲気に…。

このメーターやマルチインフォメーションディスプレイの違いもタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のカスタムと標準モデルの大きな違いの一つだなと思いました。

もし機会があったら、是非ともメーターの見比べてもしてみてくださいね。

画像 試乗レビュー速報

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives