トヨタCHR/C-HRのGグレードの内装【3つの特徴をわかりやすく紹介】

トヨタCHR/C-HR Gグレードの内装画像レビュー

C-HRの内装・インパネは、このようなデザインになっています。

トヨタ C-HR 2017

こちらはGグレードのインパネ画像や各パーツの画像。

トヨタ C-HR 2017
トヨタ C-HR 2017
トヨタ C-HR 2017
トヨタ C-HR 2017

そして、こちらはセンターコンソール。

トヨタ C-HR 2017

また、こちらは上位モデルのGグレードに採用されているフロントシートと後部座席。

トヨタ C-HR 2017
トヨタ C-HR 2017

かなりオシャレなデザインですよね。

個性的な外装・エクステリアのデザインとは異なり、このCHR/C-HRのGグレードの内装・インテリアは大人っぽい落ち着いたデザインに…。

所有満足度が高まるとても良いデザインになっているように感じました。

そんなCHR/C-HRのハイブリッド車の上位モデル”Gグレード”の内装・インテリアには、主に次のような特徴がありました。

特徴1:内装色はコリスブラウンを採用

今回トヨタから新発売されたコンパクト”SUVCHR/C-HR”のGグレードの特徴の一つが、内装色にプレミアム感のあるリコスブラウンを採用している事。

インパネ上部やシートだけではなく、センターコンソールに搭載されている収納ボックス付きのアームレストなどに落ち着いた感じのリコスブラウンカラーを採用。下位モデルのSグレードのインテリアと比較すると、高級感・上質感のあるデザインに仕上がっているように感じました。

■インパネ

トヨタ C-HR 2017
トヨタ C-HR 2017

■シート

トヨタ C-HR 2017
トヨタ C-HR 2017

■センターコンソール

トヨタ C-HR 2017

Gグレードではドア内側パネルにもリコスブラウンを採用

また、このトヨタのCHR/C-HRのGグレードでは、ドア内側パネルにもリコスブランカラーを採用しており、大人っぽいデザインに…

■フロントドア

トヨタ C-HR 2017

■後部座席ドア

トヨタ C-HR 2017

また、このドアトリムに採用されていたのはソフトパットや本革では無く織物のような素材を採用していました。

腕が触れた時の感触も良く、また、このドアトリムに採用されているダイヤモンド デザインのおかげで立体感のあるスタイリッシュな感じに
なっているのも好印象でした。

特徴2:センターコンソールなどにピアノブラック調パネルを採用

C-HRは、センターコンソールなどに高級感のあるピアノブラック調のパネルが採用されているのも特徴の一つ。

実際に上位モデルのGグレードと下位モデルのSグレードのセンターコンソールは、それぞれこのようなデザインになっています。


■Gグレードのセンターコンソール

トヨタ C-HR 2017

■Sグレードのセンターコンソール

トヨタ C-HR 2017

このように見ると、上質感が異なりますよね。

私はCHR/C-HRのGグレードを見た後に下位モデルのSグレードを見たので、Sグレードのセンターコンソールの質感に物足りなさを感じてしまいました。やはり上質感のあるこの新型モデルの内装には、ピアノブラック調のパネルの方がピッタリなのかなと思いました。

パワーウィンドウスイッチベースにもピアノブラック調のパネルを採用

また、CHR/C-HRの上位モデルGグレードでは、センターコンソールだけではなく運転席側のドア内側パネルに搭載されているパワーウィンドウスイッチベースにもピアノブラック調のパネルが採用されていました。

■Gグレードのパワーウィンドウスイッチベース

トヨタ C-HR 2017

■Sグレードのパワーウィンドウスイッチベース

トヨタ C-HR 2017

このような違いもあり、GグレードとSグレードではドア内側パネルの高級感や上質感も全く異なります。センターコンソール同様にGグレードの方が上質感があって良かったです。

個人的には上質感のある内装・インテリアになっているGグレードの方がやはり良いなと感じました。

特徴3:快適装備の充実

トヨタのCHR/C-HRの下位モデルでもあるSグレードと比較して、Gグレードは搭載されていて嬉しい注目の装備や機能が充実しているのも特徴の一つです。

例えば、この新型モデルのGグレードでは3段階に温度調節ができるシートヒート(快適温熱シート)が運転席と助手席に標準装備されています。

トヨタ C-HR 2017

また、ウィルス、カビや花粉などのアレル物質を抑え、また、お肌や髪の保湿にも良いと言われているナノイー(nanoe)が標準装備されているのもこのGグレードの特徴です。

トヨタ C-HR 2017

これらのシートヒーターやナノイー(nanoe)は、下位モデルのSグレードでは、標準装備されていません。また、オプションで装備する事もできません。

このように快適に運転できる機能や装備が充実しているのもCHR/C-HRのGグレードの特徴の一つなのかなと思いました。

シートバックポケットも標準装備

また、CHR/C-HRの上位モデルのGグレードのみシートバックポケットが運転席側と助手席側に標準装備されています。(なぜSグレードに装備されていないかは、謎なんですが…)

トヨタ C-HR 2017

シートバックポケットはそれ程注目を集める機能・装備ではありませんが、装備されていないと意外と困るんですよね。実際にクルマを購入して使用してみると、この違いも意外と大きいのかなと思いました。

トヨタ C-HR 2017

C-HRのGグレードの内装・インテリアは、このようにデザイン性だけではなく、機能面でも優れています。

下位モデルのSグレードと比較すると、乗り出し価格は若干高くなってしまいますが、個人的には十分にこの価格差を支払う価値・メリットは十分にあるのかなと思いました。

また、ディーラーさんがCHR/C-HRの一番人気は、ハイブリッド車のGグレードと仰っていまいたが、それも納得の出来栄えになっているように感じました。

画像 試乗レビュー速報
【メーカー&ブランドは何?】トヨタCHR/CH-Rのタイヤ画像レビュー
トヨタCHR/C-HRの人気カラーは何?ディーラーにインタビューしてみた

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives