【安全装備&機能の違いにも注目】トヨタCHR/C-HRのGとSグレード比較

トヨタ C-HR 2017

GグレードとSグレード違い1:安全装備

CHR/C-HRのGグレードとSグレードの違いの一つが、安全装備。

トヨタ C-HR 2017

Gグレード/Sグレードともに歩行者も検知する自動ブレーキや自動追従型のクルーズコントロールなどが備わっているトヨタの最新の安全装備システム“トヨタセーフティセンスP”を標準装備しています。

ただ、Gグレード/Sグレードでは、”トヨタセーフティセンスP”に備わっている機能が若干異なります。

トヨタのCHR/C-HRの上位モデルでもあるGグレードのみに搭載されている“トヨタセーフティセンスP”の機能は、次の2つ。

・ブラインドスポットモニター(BSM)
・クリアランスソナー&バックソナー

上位モデルのGグレードのみに装備されている機能”ブラインドスポットモニター(BSM)”とは、クルマに備わっているレーダーで斜め後方を走行しているクルマを検知してくれる機能の事。

そして、車両を検知すると、サイドミラーに搭載されたLEDインジケーターで注意を喚起してくれます。

■LEDインジケーター

トヨタ C-HR 2017

CHR/C-HRは斜め後方の視界が悪いので、高速道路での車線変更の時など、助かりそうですよね。

一方、クリアランスソナー&バックソナーとは、時速10km/h以下で走行中、センサーが障害物との接近を感知すると、ブザーとメーター内の
表示で注意を喚起してくれる機能の事。

このクリアランスソナー&バックソナーが装備されていると、駐車する時など助かりそうですよね。駐車が苦手な人にとっては、このクリアランスソナー&バックソナーもかなり助かる機能なのかなと思いました。

リヤクロストラフィックアラートが装備できるはGグレードのみ

トヨタ C-HR 2017

また、バックカメラはトヨタのCHR/C-HRの全グレード共通してメーカーオプションとなっています。

ただ、上位モデルのGグレードのみバックカメラを注文すると、リヤクロストラフィックアラートという機能がついてきます。

このリヤリヤクロストラフィックアラートとは、バックをしている際、クルマの左右から接近してくる車両をレーダーで検知し、ドアミラーの
インジケーターなどで教えてくれる機能の事。

トヨタ C-HR 2017

こちらもスーパーマーケットやショッピングモールなどの駐車場から出庫する時には、役に立ちそうですよね。

このトヨタのCHR/C-HRの上位モデルGグレードのみに装備されているリヤクロストラフィックアラートも重宝する機能の一つなのかなと思いました。

ちなみに、Gグレードでは、このようにリヤリヤクロストラフィックアラートが装備されているので、バックカメラの価格がSグレードよりも若干高くなっています。

■CHRのバックカメラのオプション価格
Gグレード:37,800円
Sグレード:27,000円

このようにSグレードよりもGグレードの方が約18,000円ほどオプション価格が高くなっています。

ただ、このクルマは後方の視界がかなり悪いので、リヤリヤクロストラフィックアラートが装備されている方が安心してクルマの運転ができるのかなと思いました。

GグレードとSグレード違い2:快適&便利装備

トヨタ C-HR 2017

CHR/C-HRの上位モデルのGグレードと下位モデルのSグレードでは、装備されている機能なども若干異なります。

当然機能性に優れているのは、上位モデルのGグレードの方。このCHR/C-HRのGグレードのみに装備されている機能には、このようなものがありました。

・雨滴感応式オートワイパー
・運転席電動ランバーサポート
・快適温熱シート(シートヒーター)
・シートバックポケット
・スーパーUVカット&IR機能付きフロントドアグリーンガラス
・ナノイー
・照明付き運転席&助手席バニティミラー付きサンバイザー

このようにGグレードとSグレードを見比べると、機能や装備面で大きな違いがありますよね。

個人的にCHR/C-HRの上位モデルGグレードを見て良いと思ったのが、快適温熱シート(シートヒーター)や運転席電動ランバーサポート。

■快適温熱シート(シートヒーター)

トヨタ C-HR 2017
トヨタ C-HR 2017

■運転席電動ランバーサポート

トヨタ C-HR 2017

これらの装備が備わっていると寒い時期の運転や長距離ドライブがとてもラクになりそうですよね。

また、紫外線などをカットしてくれるスーパーUVカットガラスやお肌に良いと言われているナノイー(nanoe)など女性に嬉しい機能が充実しているのも好印象だと思いました。

ちなみに、快適温熱シート(シートヒーター)などはオプション設定が無いため、下位モデルのSグレードに装備する事はできないので、気を付けてくださいね。


トヨタ C-HR 2017

コンパクトSUV”CHR/C-HR”の上位モデルGグレードと下位モデルのSグレードを比較したところ、安全装備や機能にこのような違いがありました。

機能面の違いも大きいですが、個人的に気になったのは安全装備の違い。

このトヨタのCHR/C-HRはデザイン性を重要視したため、後方の視界はかなり悪くなっています。

もしこのクルマを試乗してみて、後方の視界に不安を感じたのなら、ブラインドスポットモニター(BSM)が搭載されている上位モデルのGグレードの方が良いのかなと思いました。

試乗レビュー速報
トヨタCHR/C-HRスポーティスタイルを徹底レビュー【実車画像で紹介】
トヨタCHR/C-HRの内装写真【デザインから後部座席の広さまで徹底チェック】

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives