トヨタ タンク/ルーミーの外装比較【カスタムと標準車、4つの違いとは?】

カスタムと標準車の違い1:フロントマスク

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

今回トヨタから発売されたタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のカスタムと標準モデルの大きな違いの一つが、フロントマスクのデザイン。

メッキパーツを多用するなど標準モデルよりもカスタムの方が特徴をより強調したデザインになっているように感じました。

そんなトヨタ タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のカスタムと標準モデルのフロントマスクの違いを見ていきましょう。

タンク 標準モデルとカスタムのフロントマスクの違い

ネッツトヨタとトヨペットから発売されているタンク(TANK)のカスタム・標準モデルそれぞれのフロントマスクはこのようなデザインになっています。

■タンク カスタムの外装・エクステリア

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

■タンク 標準モデルの外装・エクステリア

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

このように見比べると、カスタムと標準モデルでフロントマスクのデザインが全く違いますよね。やはりカスタムの方がアグレッシブな感じが…。

薄型のヘッドライトと口を開けているような大型の台形グリルは共通のデザインになっているタンクのカスタムと標準モデルですが、フロントグリルに採用されているメッキパーツ部分が異なります。

フロントマスクに細めのメッキパーツを採用しているカスタムの方がより洗練されたシャープな印象になっているように感じが…。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

また、タンク カスタム(TANK CUSTOM)では、ロアグリルにメッシュ状のデザインが採用されている事も見逃せないポイントだと思いました。

トヨタ タンク/ルーミー 2016
【ソリオよりも快適!?】トヨタ タンク/ルーミーの後部座席レビュー

ルーミーの標準モデルとカスタムのフロントマスクの違い

一方、トヨタ店/トヨタカローラから発売されているルーミ(ROOMY)のフロントマスクは、このようになっています。

■ルーミー カスタムの外装・エクステリア

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

■ルーミー 標準モデルの外装・エクステリア

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

縦長の逆台形のようなデザインが特徴のルーミーのフロントマスクですが、カスタムと標準モデルの違いは、メッキパーツ。

カスタムの方はグリルバーまでメッキパーツを使用しており、より高級感・押し出し感の強いデザインに…。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

トヨタカローラから発売されている5ナンバーサイズのミニバンノア(NOAH)のようなデザインになっているなと思いました。

フロントマスクに迫力のある押し出し感のあるデザインが好みの人は、ルーミーカスタムの方がピッタリなのかなと思いました。

【カスタムと標準車の違いとは?】タンク/ルーミーの内装・インパネ比較

カスタムと標準車の違い2:ヘッドライト&フォグランプ

タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のカスタムと標準モデルでは、ヘッドライトのデザイン&光源も異なります。

標準モデルではマルチリフレクターハロゲンヘッドライトを採用。


トヨタ タンク/ルーミー 2016

実際に点灯してみると、このような感じ。


トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

採用されている光源がハロゲンなので、このようにオレンジ色っぽく点灯します。

一方、カスタムに採用されているヘッドライトはLED。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

実際に点灯をすると、このような感じ。

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

ハロゲンを採用している標準モデルと異なり、青白く点灯。また、ライン状に輝くポジションランプもインパクトがありますよね。

やはりハロゲンよりも明るさだけではなく、見た目のデザイン性も良いように感じました。

ソリオよりも劣る!?トヨタ タンク/ルーミーの収納スペース&小物入れ

カスタムではフォグランプも装備

また、タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のカスタムでは、フォグランプ&イルミネーションランプも標準装備。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

実際に点灯してみると、このような感じ。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

タンク/ルーミーのカスタムを見て良いと思ったのが、標準装備されているフォグランプの光源。

未だにハロゲンのフォグランプを標準装備している車種も多いですが、このクルマでは、LEDフォグランプが標準装備。なので、ヘッドライトとの相性もばっちり!

トヨタ タンク/ルーミー 2016

個人的にはLEDフォグランプが標準装備されている事は、とても良いと思いました。

ちなみに、カスタムでもグレードによっては、LEDヘッドライトやフォグランプをオプションで装備する事も可能ですよ。

カスタムと標準車の違い3:タイヤ&ホイール

タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のカスタムと標準モデルでは、装備されているタイヤ&ホイールのデザインが異なります。

上位モデルのカスタムではアルミホイールのタイヤが標準装備されていますが、標準モデルではスチールホイール&フルキャップが標準装備。

そのため、サイドからのデザインが異なります。

■スチールホイールを標準装備した標準モデルのサイドからのデザイン

トヨタ タンク/ルーミー 2016

■アルミホイールを標準装備したカスタムのサイドからのデザイン

トヨタ タンク/ルーミー 2016

このように見比べると、サイドからのデザイン性も異なりますね。

やはり切削加工したアルミホイールを標準装備したタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)カスタムの方が洗練されたイメージが…。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

このサイドからのデザインの違いも大きいのかなと思いました。

ちなみに、ヘッドライトやフォグランプと同様に標準モデルでもオプションでアルミホイールを装備する事は可能です。

もし見た目にもこだわりたいのなら、アルミホイールに変更するのは良い方法かもしれませんね。

カスタムと標準車の違い4:リヤからのデザイン

タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)は、リヤ(後ろ姿)のデザインも異なります。

カスタムと標準モデルの後ろ姿は、それぞれこのようになっています。

■標準モデルのリヤからのデザイン

トヨタ タンク/ルーミー 2016

■カスタムのリヤからのデザイン

トヨタ タンク/ルーミー 2016

カスタムと標準モデルの後ろ姿の違いの一つは、バックドアガーニッシュ。

標準モデルと異なりトヨタのタンク/ルーミー カスタムではナンバープレートの上の部分に大きなメッキデザインのバックドアガーニッシュを装備。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

メッキ調のガーニッシュが大きいので、インパクトがありますね。

ガーニッシュが装備されていない標準モデルよりも迫力のあるデザインになっていて好印象でした。

リヤコンビネーションランプのデザインの違いも注目

また、トヨタから発売されているタンク/ルーミーのカスタムと標準モデルではリヤコンビネーションランプのデザインも異なります。

カスタム・標準モデルともにLEDのリヤコンビネーションランプを採用しているのは同じなのですが、テール&ストップランプの点灯した時の感じが異なります。

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

上級モデルのカスタムでは、リヤコンビネーションランプ内にミラーが搭載されていて、立体的に輝くデザインに…。

実際に点灯すると、このような感じ。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

このように立体的に点灯するライトは珍しいですよね。また、夜間ドライブをしているとかなり目立ちそうですよね。

ディーラーさんも言っていましたが、カスタムに標準装備されている3Dリヤコンビネーションランプは注目装備の一つです。

もしこれからこのクルマを試乗する際は、このリヤコンビネーションランプを実際に点灯して確認をしてみてくださいね。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

今回トヨタから新発売されたタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のカスタムと標準モデルの外装・エクステリアでは、このような違いがありました。

やはり上級モデルの方が外装・エクステリアのデザインは、良いように感じました。

また、カスタムと標準モデルは外装・エクステリアだけではなく、内装のデザインも異なります。

外装と同様に内装にも大きな違いが…。もしタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)を購入する際は、しっかりと内外装のデザインや機能を見比べて、お気に入りのモデルを選んでくださいね。

試乗レビュー速報

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives