【使い勝手はどう?】トヨタ タンク/ルーミのシートアレンジ

タンク/ルーミーのシートアレンジ1:後部座席を使用時

トヨタ タンク/ルーミー 2016

タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)の後部座席は、このようなデザインになっています。

後部座席は6対4分割方式を採用しており、左右独立して前後にスライドする事が可能です。

■後部座席を前後にスライドした時の様子

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

後部座席のスライド幅は、約240mm。競合車・ライバル車のスズキ ソリオ(SOLIO)よりも後部座席のスライド幅が大きいため、荷室・ラゲッジスペースの奥行きの調節しやすいのも好印象でした。

■後部座席を一番後ろにスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの広さ

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

■後部座席を一番前にスライドした時の荷室・ラゲッジスペースの広さ

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミーの外装比較【カスタムと標準車、4つの違いとは?】

ソリオよりも勝っているのは、後部座席収納時の乗車人数

このようなデザインになっているタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)の後部座席ですが、実際に試乗をしてみて、競合車・ライバル車のスズキ ソリオ(SOLIO)よりも良いと思ったのが、後部座席を収納時の乗車人数。

先ほども申しあげた通り、この新型モデルでは6対4分割方式を採用しており、左右独立して後部座席を収納し、荷室・ラゲッジスペースを拡大する事が可能です。

■後部座席を右側を収納した時の荷室・ラゲッジルーム

トヨタ タンク/ルーミー 2016

■後部座席の左側を収納した時の荷室・ラゲッジルーム

トヨタ タンク/ルーミー 2016

このように6対4分割方式の後部座席になっているので、エリアの狭い助手席側の後部座席を収納すると、後部座席に2人、フロントシートを合わせると、最大で4人乗車することが可能です。(若干の狭さがありますが…)

一方、競合車・ライバル車のスズキ ソリオ(SOLIO)の場合、6対4分割方式を採用しているタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)と異なり、5対5分割方式を採用しています。

■後部座席を収納した時のソリオの荷室・ラゲッジスペース

スズキ ソリオ 2016

このようにソリオの後部座席は中央分割方式なので、シートの片側を収納すると、後部座席に座れるのは一人のみ。最大で3名までの乗車となってしまいます。

個人的には後部座席の片側を収納した時の使い勝手は、乗車人数が多いトヨタのタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)の方が良いように感じました。

トヨタ タンク/ルーミーの欠点【機能&装備を見て気になった3つの事】

タンク/ルーミーのシートアレンジ2:後部座席を収納時

タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)は後部座席の両側のシートを収納する事によって、広い荷室・ラゲッジスペースを作ることが可能です。

実際にこのクルマの後部座席を収納してみると、このような感じ。

トヨタ タンク/ルーミー 2016
トヨタ タンク/ルーミー 2016

奥行きも十分ですよね。

ディーラーさんに確認したところ、この時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、1,500mmオーバー。

競合車・ライバル車のスズキ ソリオ(SOKUO)よりも荷室・ラゲッジスペースは大きく、大きな荷物もラクに積み込めるサイズを確保しているのは、好印象でした。

長尺物の積み込みは競合車のソリオの方が便利

このように後部座席を収納すると広い荷室・ラゲッジルームを備えるトヨタのタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)ですが、長尺物を積み込む時の収納力はソリオよりも劣る感じが…。

スズキ ソリオはこのように助手席の背もたれを前方に折りたたむシートアレンジを用意しています。

スズキ ソリオ 2016
スズキ ソリオ 2016

しかしこのタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)では、このようなシートアレンジは、用意されていません。

個人的にはちょっと残念…。それ程頻繁に使うシートアレンジではありませんが、長尺物の収納力はこのタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)よりもソリオの方が良いのかなと思いました。

【内外装を実車画像で比較】トヨタ タンク/ルーミーの違いを検証

タンク/ルーミーのシートアレンジ3:フルフラットモード

タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)は、フロントシートの背もたれをほぼ水平までリクライニングして、後部座席の座面に密着するフルフラットモードを用意しています。

実際にこのクルマでフルフラットモードにしてみると、このような感じ。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

残念ながら後部座席の背もたれのリクライニング角度が約70度までなので完全なフルフラットにはなりません。ただ、休憩をしたい時など足を伸ばしてリラックスしたい時には、十分な広さがあるように感じました。

タンク/ルーミーで車中泊をする事はできる?

このようにフルフラットモードを用意しているトヨタのタンク/ルーミーですが、車中泊ができるのか気になりますよね。

私が実際にこのようにフルフラットモードにして横になってみた感じでは、少々狭い感じが…。

このクルマは後部座席の背もたれがフラットにならない事もあり、身長175㎝ある私だとまっすぐに寝る事はできませんでした。

仮眠程度なら良いですが、車中泊をするのは少し厳しいのかなと思いました。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

やはりコンパクトカーサイズで車中泊をするのなら、先日、フルモデルチェンジをしてホンダから発売されたホンダのフリード プラスの方が良いのかなと思いました。

トヨタ タンク/ルーミー 2016

タンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)のシートアレンジを確認したところ、このようになっていました。長尺物の積み込みや車中泊をするのにはちょっと不向きなクルマですが、後部座席を収納しても最大で4人乗車できる使い勝手は良いと思いました。

このシートアレンジの豊富さは競合車・ライバル車のソリオには無いタンク(TANK)/ルーミー(ROOMY)の魅力・メリットの一つなのかなと思いました。

もしこれからこの新型モデルの試乗をする方は、このクルマのシートアレンジもしっかりと確認をしてみてくださいね。

試乗レビュー速報

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives