ソリオ ハイブリッドの乗り心地は、他のHV車と全く違う!?【試乗の感想】

ソリオ ハイブリッドの乗り心地インプレッション

ソリオ ハイブリッド 2016
ソリオ ハイブリッド 2016

今回私が試乗させてもらったのは、鋭い顔つきが特徴のソリオ バンディットのハイブリッドモデル”SVグレード”。

運転席に座り、シート位置やバックミラーの位置を合わせて、ハンドルの右側にあるエンジンスタータースイッチをON。

ソリオ ハイブリッド 2016

この新型モデルはフルハイブリッド車なので、静かに電源が立ち上がると思ったのですが、ガソリン車のように”キュルルルルン”とエンジン音がします。また、このエンジンスタータースイッチを押した時の感じは、以前から発売されいているマイルドハイブリッド車と似ている感じが…。

ハイブリッド車らしく無音で静かに電源が立ち上がると思っていたので、ちょっとこれにはガッカリしました。

そして、気を取り直して、ブレーキペダルから足を離してクリープで駐車場から出て、路上に出て試乗をスタート!

ソリオ ストロングハイブリッドの内装【マイルドHVとの違いは?】

ハイブリッド車とは思えないダイレクトな乗り心地にビックリ

ソリオ ハイブリッド 2016

ソリオ ハイブリッド(SOLIO Hybrid)の試乗を開始してスグに気が付いたのは、このクルマとアクアなど他のハイブリッド車の乗り心地の違い。

トヨタのアクア(AQUA)やホンダのフィット3ハイブリッドなどCVTを採用しているハイブリッド車は、良くも悪くも滑るようにスムーズに発進して、加速していきます。

しかし、今回新発売されたソリオ ハイブリッド(SOLIO Hybrid)は、セミオートマのAGS(オート・ギヤ・シフト)をトランスミッションに採用している事もあり、ハイブリッド車らしい滑らかな走りだしや乗り心地は一切感じません。

実際に運転してみると分かるのですが、ハイブリッド車と言うよりはむしろオートマ車に乗っているような感覚が…。

そのくらいCVTを採用しているハイブリッド車とAGSを採用してるこのクルマでは、乗り心地・運転している時の感覚に違いがありました。

スズキ ソリオハイブリッド 2016

特に違いを感じたのは、アクセルを踏み込んだ時の加速時。

トヨタのアクアやホンダのフィット3ハイブリッドなどトランスミッションにCVTを搭載しているハイブリッド車は、アクセルを踏み込むと最初にエンジン音が鳴り響き、少しタイムラグが生じてからグググ~っと加速していきます。

いわゆるラバーバンド感があります。

一方、AGS(オート・ギヤ・シフト)を搭載しているソリオ ハイブリッドは、よりダイレクト感のある乗り心地に…。

アクセルを踏み込んだ瞬間に、タイムラグが無くグッと前に押し出される感覚は、他のハイブリッド車では味わえない感覚で好印象でした。

ソリオ ハイブリッド 2016

また、このハイブリッド車に搭載されているAGS(オート・ギヤ・シフト)はクラッチ操作が必要ないとは言え、基本構造はマニュアル車と同じになっています。なので、アクセルを踏み込んでいくと、1速から2速、2速から3速へとシフトチェンジをしながら加速をしていきます。

これも他のハイブリッド車には無い、AGS(オート・ギヤ・シフト)を搭載しているスズキのソリオ ハイブリッドならではの乗り心地・操作感覚です。

ハイブリッド車は燃費性能や静寂性を重要視し、運転の楽しさなどが二の次になっているイメージがありますが、今回新発売されたソリオ ハイブリッドは、運転の楽しさも味わえるクルマになっているのが、個人的には好印象でした。

また、このクルマに搭載されているAGS(オート・ギヤ・シフト)は、1速から2速、2速から3速へとシフトチェンジをしているのが分かる乗り心地になっていますが、変速時にガクっとくる”変速ショック”を感じません。

このように変速ショックが無くスムーズな乗り心地になっているのも好印象でした。

ソリオ ハイブリッド試乗の感想【アルトRSよりもAGSが良くなった!?】

ソリオハイブリッド車の足回りは固い?それとも、柔らかい?

ソリオ ハイブリッド 2016

今回新発売されたソリオ ハイブリッド(SOLIO Hybrid)の足回りのセッティングですが、固めで、思ったよりもゴツゴツとした乗り心地になっています。

マイルドハイブリッド車でこの固めの乗り心地があまり好評でなかったので、今回新発売されたこのフルハイブリッド車では少し足回りのセッティングを変更すると思っていたのですが、乗り心地に違いを感じませんでした。

このように相変わらず足回りは固めのセッティングになっていたのですが、運転席や助手席などフロントシートに座っている限りは、シートのクッションが衝撃を吸収してくれています。

ソリオ ハイブリッド 2016

なので、きれいに舗装されたアスファルト道路を運転している限りでは、マイルドハイブリッド車の時と同様に不快さをそれ程感じるシーンはありません。

むしろ、個人的にはこの固め足回りとダイレクト感のあるAGSは相性が良く、運転が楽しさを感じられるカッチリとした乗り心地になっているなと感じました。

ただ、後部座席の乗り心地は相変わらずイマイチ…

ソリオ ハイブリッド 2016

ただ注意が必要なのは、後部座席の乗り心地。

ソリオ ハイブリッド(SOLIO Hybrid)の運転席に座っている時の乗り心地はそれ程気にならなかったのですが、後部座席の乗り心地はイマイチ…。

このクルマの後輪のサスペンションが相変わらず固いためか、突き上げ感はかなり感じます。また、背もたれも座面もフラットでサポート力に乏しいので、突き上げ感だけではなく、左右の揺れも大きく感じます。

個人的にはもう少し後部座席の乗り心地を良くしてもらいたかったです。また、今回のハイブリッド車の発売のタイミングで後部座席の乗り心地も良くなる事を期待していただけに少々残念でした。

ソリオ ハイブリッド 2016

今回スズキより新発売されたソリオ ハイブリッド(SOLIO Hybrid)の乗り心地は、このようになっていました。

このスズキから新発売されたハイブリッド車はダイレクト感が強く、ホンダのフィット3ハイブリッドやトヨタのアクア、日産のノートe-POWERと全く異なる乗り心地になっていて少々驚きました。

特に滑らかな乗り心地が売りの日産のノートeパワー(NOTE e-POWER)とは、対極にいるような乗り心地になっているように感じました。

このソリオ ハイブリッド(SOLIO Hybrid)の乗り心地は、かなり独特です。

もしこのクルマが気になるのなら、ぜひともこのクルマを試乗して、ダイレクト感のある乗り心地を確かめてみてくださいね。

【試乗して気になった3つの事】ソリオ ハイブリッドの欠点・デメリット
画像 試乗レビュー速報

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives