【先代モデルと顔つきが変わった!?】新型ヴィッツ2017の外装の実車画像レビュー

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

新型ヴィッツの外装インプレッション1:正面から

ネッツトヨタからマイナーチェンジをして新発売されてた新型モデルのヴィッツ(Vitz)は、このようなデザインになっています。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017
トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

今回私が見る事ができたグレードはハイブリッド車の最上位モデル”Uグレード”。そして、ボディカラーは爽やかな水色が特徴のクリアブルークリスタルシャインでした。

ちなみに、こちらはマイナーチェンジ後のガソリン車の外装・エクステリア。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017
トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

他のトヨタ車と同様にハイブリッド車のエンブレムがブルーになっているのに対し、ガソリン車はブラックを採用。ただ、それ以外にガソリン車とハイブリッド車の外装・エクステリアに大きな違いはありませんでした。

■ハイブリッド車のエンブレム

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

■ガソリン車のエンブレム

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

パッと見で新型ヴィッツ(Vitz)のハイブリッド車とガソリン車を見分けるのは、ちょっと難しいかもしれませんね。

注目ポイント1:先代モデルよりも迫力を増したフロントマスク

ヴィッツ(Vitz)の外装・エクステリアの基本的なコンセプト&デザインは、先代モデルとそれ程変わっていません。

しかし、先代モデルと比較すると、フロントマスクの迫力がアップしたような感じが…。この違いは2台のモデルを比較すると、一目瞭然です。

■新型ヴィッツのフロントマスク

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

■先代モデルのフロントマスク

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

このように見比べてみると分かりますが、先代モデルと大きく変わった部分の一つが、フロントグリルのデザイン。

元々大口を開けたようなデザインになっているのが最近のトヨタのデザインの特徴になっているのですが、この新型ヴィッツ(Vitz)は先代モデルよりもさらにフロントグリルが大型化。そして、台形のようなデザインになりました。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

また、フォグランプと一体化されたサイドの切れ込み(黒いガーニッシュ)部分もより強調されたデザインになっており、先代モデルよりもどっしりとした重厚感のあるデザインになっているように感じました。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

私はカローラのように大口を開いた最近のトヨタのフロントマスクはあまり得意ではありません。ただ、今回マイナーチェンジをしたヴィッツ(Vitz)のフロントマスクは全体的なまとまりも良く、個人的にはなかなか良いデザインだと思いました。

注目ポイント2:LEDヘッドライトはオプション設定

私が見たモデルヴィッツ(Vitz)では、一つの光源でハイビームとロービームを切り替える事ができるBi-Beam(バイビーム)式のLEDのヘッドライトが装備されていました。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017
トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

ただ、このBi-Beam(バイビーム)式のLEDのヘッドライトは、残念ながら全グレード共通してメーカーオプション設定。

標準装備はこのようなデザインになっているハロゲンライト。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

ちなみに、こちらはハロゲンライトを搭載したモデルのヘッドライトを点灯した時の様子。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017
トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

ヘッドライトが変わるだけで、フロントマスクの雰囲気が全く異なりますよね。ライン状に点灯するクリアランスランプが装備されているLEDヘッドライトの方がスタイリッシュな感じが…。

見た目のデザイン性や先進性にこだわりたいのなら、必須のオプションなのかなと思いました。

ちなみに、LEDヘッドライトに変更できるメーカーオプション”LEDランプセット”のオプション価格はグレードによって異なり、86,400円~95,040円となっています。

新型ヴィッツの外装インプレッション2:横から

今回新発売された新型ヴィッツ(Vitz)を横からみると、このようなデザインになっています。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017
トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

私が見たハイブリッド車のUグレードの場合、ドアノブやサイドミラーは、ボディカラーと同色になっています。ただ、女性をターゲットにしたモデル“ジュエラ(Jewela)”では、サイドミラーやドアノブがメッキ調のデザインに…。

■ジュエルの横からの様子

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017
トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017
トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

サイドミラーやドアノブのデザインがキラキラと輝くメッキ調デザインになると、雰囲気が変わりますよね。より高級感のあるデザインになっているように感じました。

また、見た目のデザインにこだわる女性なら上質感のあるデザインになっている“ジュエル(Jewela)”の方がピッタリなのかなと思いました。

注目のポイント1:タイヤ&ホイール

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

今回マイナーチェンジをして新発売された新型ヴィッツ(Vitz)は、グレードによってタイヤサイズやホイールのデザインが異なります。

そして、私が見た”Uグレード”は、このようなデザインの15インチタイヤ&アルミホイールが装備されていました。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

細いスポークがオシャレですよね。

ちなみに、私が見たこの15インチタイヤ&アルミホイールもメーカーオプションとなっています。

Uグレードに標準装備されているものは、15インチタイヤ&スチールホイールとなっており、ホイールデザインも若干異なるので、ご注意を…。


Fグレード/ジュエルはタイヤサイズが異なる

また、下位モデルのFグレードや”ジュエル(Jewela)”は14インチサイズのタイヤとなっており、ホイールのデザインも異なります。

■ジュエルのタイヤ&ホイール

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017
トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

■Fグレードのタイヤ&ホイール

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017
トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

なので、乗り心地もグレードのよって若干異なるようなので、ご注意を…。

新型ヴィッツの外装インプレッション3:後ろ姿

フロントマスクのデザインが大幅に変わった新型ヴィッツ(Vitz)ですが、今回のマイナーチェンジで後ろ姿のデザインも一新されました。

新型モデルの後ろ姿は、このようなデザインになっています。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

後ろ姿の大きな変更点・違いの一つが、LEDのリヤコンビネーションランプ。今回新発売されたこの新型ヴィッツ(Vitz)に採用されているリヤコンビランプは、横に広くなり、テールゲートまで伸びたデザインを採用。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

そのおかげで、後ろ姿もよりワイド感が強調されたデザインになっているように感じました。

また、このようにワイド感を強調したリヤコンビネーションランプを採用した代わりに、メッキ調のリヤナンバーガーニッシュは廃止。

そのおかげで先代モデルよりもスッキリとしたデザインになっているように感じました。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

2017年1月にマイナーチェンジをして新発売された新型ヴィッツ(Vitz)の外装・エクスエリアは、このようなデザインになっていました。

基本的なデザインは先代モデルと変わらないもののフロントマスク、後ろ姿ともに改良され、迫力のあるデザインになっているように感じました。

個人的には新しくなった新型ヴィッツ(Vitz)のデザインは、好印象でした。もしこれからこの新型モデルを見に行く方は、デザインが新しくなった外装・エクステリアにも注目をしてみてくださいね。

画像 試乗レビュー速報
【デザイン&機能を徹底解説】ヴィッツ2017のインパネ画像レビュー
視界や見切りで気になった事とは?ヴィッツ ハイブリッド試乗インプレ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives