【デザイン&機能を徹底解説】ヴィッツ2017のインパネ画像レビュー

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

ヴィッツのインパネ画像レビュー

ヴィッツ(Vitz)のインパネは、このようなデザインになっています。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

今回私が見たグレードは、ハイブリッド車の最上位モデル”Uグレード”なのですが、光沢感のあるデザインが印象的ですよね。本革巻きのハンドルなどとの相性もとても良く、思ったよりも上質感のあるデザインになっているように感じました。

また、特に良いと思ったのが、助手席側のアッパートレイ上部や運転席側の送風口まわりに施されている光沢感のあるデザイン。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

最初はブラックのパネルを使っているのかなと思ったのですが、ディーラーさんの話によると、特殊なレーザー表面処理と塗装を施して、このようなデザインにしているようです。

光の当たり具合によって、インパネのブラックパネルに施されたストライプ模様がチラチラと見え隠れするのが、オシャレで個人的には好印象でした。

グレードによって、インパネのデザインのデザインは異なる

ヴィッツ(Vitz)ですが、グレードによってインパネのデザインやカラーは、異なります。

そんなヴィッツ(Vitz)の各グレードのインパネデザインを実車画像を使って、紹介したいと思います。


■Uグレードのインパネ

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

■ジュエラ(Jewela)のインパネ

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

■Fグレードのインパネ

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

最上位モデルのUグレードでは光沢感のあるブラックカラーを採用しているのに対し、女性をターゲットにしたジュエラ(Jewela)では、ワインレッドカラーのような“マルサラ”というカラーを採用。

ブラックと比べるとハデさはあるものの、オシャレ女子に好まれる上質感のあるカラーになっているように感じました。

一方、廉価モデルのFグレードでは、シボ加工されたようなデザインのインパネを採用。

上位モデルのUグレードやジュエラ(Jewela)と比較すると、質感やデザイン性で劣っているように感じてしまいました。

ハイブリッド車とガソリンのインパネのデザインに違いはある?

このようなデザインになっているヴィッツ(Vitz)のインパネですが、同じグレードを比較した際のガソリン車とハイブリッド車のデザインは、基本的には一緒。

■ハイブリッド車のジュエラのインパネ

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

■ガソリン車のジュエラのインパネ

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

ただ、ハイブリッド車とガソリン車ではエアコンがオートとマニュアルなど機能面では若干の違いがあるので、注意をしてくださいね。

新型ヴィッツのインパネの各パーツを詳しく紹介

このようにグレードによって異なるヴィッツ(Vitz)のインパネ・内装の各パーツ&装備の画像を実車画像を使って、詳しく見ていききましょう。

ハンドル・ステアリングホイール

ヴィッツ(Vitz)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっています。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

このクルマのハンドル・ステアリングホイールは、3本スポークを採用。私が見たモデルのUグレードのハンドルは、本革巻き&ライトグレーステッチが採用されており、意外とスポーティーな印象が…。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

ハンドルの太さも十分でグリップ感が良いのも好印象でした。

ちなみに、ジュエラ(Juwela)やFグレードのハンドル・ステアリングホイールは、本革巻きでは無くウレタン性を採用。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017
トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

実際に確認してみると、見た目、グリップ感ともに上位モデルのUグレードの方が格段に良いように感じました。

ハンドルの右側スイッチ類

ヴィッツ(Vitz)のハンドルの右側には、エンジンスタータースイッチやサイドミラースイッチを用意。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

また、オートマチックハイビームやLDA(レーンディパーチャーアラート)のスイッチは、インパネの右側上部に…。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

このような位置にスイッチが設定されているのは、ちょっと珍しいですよね。

ちなみに、安全装備システム”トヨタセーフティセンスC”が装着されていないモデルでは、このように収納スペースになっていました。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

空調パネル

ヴィッツ(Vitz)の上位モデルに採用されているオートエアコンは、このようになっています。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

スイッチの大きさが小さいのが少し気になりましたが、温度や風量を調節は使い勝手の良いダイヤル式になっており、操作性に優れているのは、好印象でしたた。

また、ハイブリッド車は全グレード共通してこのようなデザインのオートエアコンを採用しているのですが、ガソリン車のジュエラ(Jewela)や
Fグレードでは、マニュアルエアコンを採用。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

このマニュアルエアコンの操作性は十分良いのですが、やはりデザイン性や使い勝手はオートエアコンの方が優れているように感じました。

シフトレバー

今回ヴィッツ(Vitz)に搭載されているシフトレバーは、ガソリン車・ハイブリッド車ともに前後にガチャガチャとスライドする一般的なタイプを使用。

■ハイブリッド車のシフトレバー

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

■ガソリン車のシフトレバー

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

プリウスなどのように先進性はありませんが、一般的に普及をしているデザインなので、初めてこのクルマに乗る人でも問題なく使えるのかなと思いました。

■センターコンソール

手動式のサイドレバーが設置されるなど、基本的にはヴィッツ(Vitz)の
ハイブリッド車とガソリン車のセンターコンソールは、共通のデザインとなっています。

■ハイブリッド車のセンターコンソール

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

■ガソリン車のセンターコンソール

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

個人的には収納ボックス付きのセンターアームレストが標準装備されていないのが少々残念でしたが、小型トレーなど収納スペースが多いのもこのクルマのセンターコンソールの特徴の一つです。

このようにセンターコンソール前方に装備されているドリンクホルダーは、仕切りを外すと、収納ボックスとして使う事もできますしね^^

■仕切りを装着した場合

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

■仕切りを取り外した場合

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

プラスチック感があるので上質感・高級感は全く感じられないデザインですが、使い勝手はとても良いのかなと思いました。

ちなみに、サイドブレーキの横の部分にも様々なスイッチが搭載されているのですが、ガソリン車とハイブリッド車で搭載されているスイッチが異なります。

このヴィッツ(Vitz)のハイブリッド車とガソリン車に搭載されいているスイッチや使い勝手は、コチラの記事で確認してみてくださいね。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

ヴィッツ(Vitz)のインパネ・内装は、このようなデザインになっていました。

上級モデルのUグレードやジュエラ(Jewela)のインパネ・内装は、車格の割に上質感・高級感のあるデザインになっており、個人的には大満足でした。また、収納スペースも多く、使い勝手に優れているのも好印象でした。

もしこれからこのクルマの試乗に行かれる方は、インパネのデザインや使い勝手もしっかりと確認してみてくださいね。きっと満足すると思いますよ。

ヴィッツのマイナーチェンジ2017【先代との4つの違い&変更点とは?】
ヴィッツとアクアの後部座席を比較【座り心地&広さが良いのはどっち?】

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives