ヴィッツ ハイブリッドとアクアを試乗【運転して分った3つの違いとは?】

ヴィッツ ハイブリッドとアクアの違い1:運転席の着座位置

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017
トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

今回新発売されたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)とアクア(AQUA)の一番の違いは、運転席の着座位置。

この2台のクルマの運転席に座ってみると、運転席の高さや運転席から見える見晴らし&視界が、全く異なります。

実際にこの2台の助手席側のシート高(地面からシートの座面までの高さ)を確認したところ、このような違いがありました。

ヴィッツHVとアクアのシート高比較

ヴィッツHV:約600mm
アクア :約530mm

このように見比べると、シートの高さが全く違いますよね。

また、実際にこの2台のクルマの運転席に座ってみると、このシート高の違いを実感する事ができます。

着座位置が高く遠くまで見晴らせそうなのが、今回マイナーチェンジをして新発売されたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の方。

ヴィッツの運転席

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

このハイブリッド車の運転席の着座位置は、コンパクトカーの中でも平均的な高さになっているので、他のコンパクトカーや軽自動車からの乗り換えの人でも違和感を感じる事は無いと思いました。

アクアの運転席に座ってみて驚いた事とは…

一方、同じトヨタから発売されているアクア(AQUA)の運転席に座ってみると、「運転席の高さ低っ!?」と、感じます。

アクアの運転席に座ってみて驚いた事とは…

一方、同じトヨタから発売されているアクア(AQUA)の運転席に座ってみると、「運転席の高さ低っ!?」と、感じます。

アクアの運転席

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

良く言えばスポーツカーの運転席のような地面スレスレに座っている感じ。

ただ、運転席の着座位置と比較してインパネの位置が高く、ヴィッツHVよりも圧迫感を感じる、また、視界が狭く感じるデザインになっているように感じました。(ヴィッツよりも天井が低いのも影響をしていると思いますが…)

この運転席の着座位置の違いや前方視界は、この2台のモデルの大きな違いの一つなのかなと思いました。

ヴィッツ ハイブリッドの内装比較【UとFグレードの違いは?】

ヴィッツ ハイブリッドとアクアの違い2:カーブを曲がった時のロール感

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

今回新発売されたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)とアクア(AQUA)の大きな違いの一つが、カーブを曲がった時のロール感。

カーブを曲がった時の乗り心地が良いのは、アクア(AQUA)の方。

ハンドルを切った時の鼻先の入りが機敏で、連続するカーブもキビキビと駆け抜けていってくれます。

また、ちょっと攻めた感じでカーブに突入しても、他のコンパクトカーと比較して、ボディが左右に振られる事がないので、安心感&安定感があります。

ロール後の収まりも非常に良く、このカーブを曲がった時の挙動の良さや安心感は、車高&重心が低いアクア(AQUA)の魅力なのかなと思いました。

ノート、ヴィッツ、アクア…2017年コンパクトカーのトップに立つのはどの車?

ヴィッツHVのカーブのロール感は?

一方、アクアと比較して車高&重心が高いヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)は、山道のワインディングロードのような連続するカーブをキビキビと走り抜けるのは苦手分野…。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

アクア(AQUA)と同じようにカーブに突入すると、足元の踏ん張りがきかず左右に大きく振られる感じが…。また、少しスピードを出してカーブに突入すると、カーブをした方向に態勢が傾いているのがわかる感じ…。

個人的にはカーブを曲がった時の安心感&快適さは、アクア(AQUA)の方が良いように感じました。

この点に関しては、今回マイナーチェンジをして新発売されたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)は遠く及ばないように感じました。

このカーブを曲がった時の乗り心地&安心感の違いは、この2台のモデルの大きな違いの一つです。

もしこの2台のモデルでどちらを購入しようか迷っている方は、このカーブの乗り心地や安定性などにも注目をしてみてくださいね。

WRCに参戦するTOYOTA GAZOO RacingヤリスWRCの陰の立役者!PIAAのライティング製品が世界で戦う

ヴィッツ ハイブリッドとアクアの違い3:乗り心地

トヨタ アクア

今回マイチェンをして新発売されたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)とアクア(AQUA)は、乗り心地も若干異なります。

アクア(AQUA)の方が若干固めの乗り心地をしている感じが…。

キレイに舗装されたアスファルト道路を運転中に意識を足回りに集中すると「アクアの方が若干路面のコツコツ感を拾うな~」と、思う程度なのですが、デコボコ道を運転すると、この2台のモデルの乗り心地の差は顕著に表れます。

ヴィッツ ハイブリッドよりも固めの足回りにセッティングしてあるためか、アクア(AQUA)でデコボコ道を運転すると、下からの突き上げ感が大きく、また、ダイレクトに衝撃が伝わってきます。

一方、ヴィッツHVの乗り心地は…

もちろんヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)でデコボコ道を走行した際も下からの突き上げ感は感じますが、アクア(AQUA)と比較すると、シートを通じて伝わってくる衝撃がマイルドな感じが…。

今回マイナーチェンジをして新発売されたこの新型モデルは、見た目のデザインだけではなく、新開発のショックアブソーバーを採用するなど足回りや乗り心地の改善を図りました。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

デコボコ道を走行中のこの突き上げ感のマイルドさはこの新開発のショックアブソーバーのおかげかもしれません。

乗り心地はドライバーの好みによって異なりますが、個人的にはコツコツ感が気になるアクア(AQUA)よりヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)の方が好みでした。

この乗り心地の違いについても、しっかりと確認してみてくださいね。

トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 2017

今回新発売されたヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)と競合車・ライバル車のアクア(AQUA)ですが、実際に試乗をして乗り比べをしてみると、このような違いがありました。

1.5リットルエンジン&モーターの同じハイブリッドシステムを搭載しているこの2台のモデルですが、運転席の着座位置から乗り心地まで全く異なります。

なので、ディーラーさんは、この2台のモデルで悩まれている方は、「デザインや居住性、乗り心地の見比べていただいて、お好みの方をどうぞ。」と、説明をしているようです。

もしヴィッツ ハイブリッド(Vitz Hybrid)とアクア(AQUA)のどちらかを購入しようか決めかねている方は、両方のクルマを試乗をして、乗り比べをしてみてくださいね。

試乗レビュー速報

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives