プリウスPHVの内装【先進的なデザインのインテリアを徹底解説】

新型プリウスPHVの内装レビュー:インパネ編

トヨタ プリウスPHV 2017

新型プリウスPHVの内装レビュー:インパネ編

今回発売されたプリウスPHV(Prius PHV)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

トヨタ プリウスPHV 2017

ちなみに、こちらはノーマルプリウスのインパネ画像。

ノーマルプリウスのインパネ

トヨタ プリウス 2017

センターメーターや白い加飾が施されたハンドルやシフトレバー部分などやはり基本的なデザインは似ていますよね。

ただ、このプリウスPHV(Prius PHV)では11.6インチの大型ディスプレイを搭載したことによって若干のデザインの変更がありました。

その中の一つが、センターエアアウトレット(送風口)のデザイン。

ノーマルプリウスでは横型の一般的なデザインになっていたのに対し、このPHVのセンターエアアウトレット(送風口)は縦型に変更。

トヨタ プリウスPHV 2017

また、大型ディスプレイを囲っているメタリックのような光輝パネルが大きくなり、よりインパクトのあるデザインになってました。

今回発売されたプリウスPHV(Prius PHV)とノーマルモデルのインパネのベースのデザインは同じですが、大型ディスプレイが装備される事によって、より先進的なデザインになっているのが印象的でした。

ノーマルプリウスよりもインパクトが増したプリウスPHVの内装・インパネにも注目をしてみてくださいね。

ちなみに、最下位モデルのSグレードでは、プリウスPHV(Prius PHV)の注目装備の一つでもある11.6インチの大型ディスプレイは装備されないので、ご注意を…。

注目の装備1:11.6インチの大型ディスプレイ

今回発売されたプリウスPHV(Prius PHV)の内装・インテリアで一番の注目ポイントと言えば、インパネの中央にある11.6インチサイズの大型ディスプレイですよね。

トヨタ プリウスPHV 2017

この大型ディスプレイは、カーナビの地図をだけではなく、このようにエネルギーモニターのやエアコンの操作画面など様々な画面を表示してくれます。

エネルギーモニター画面

トヨタ プリウスPHV 2017

エアコンの操作画面

トヨタ プリウスPHV 2017

この新型プリウスPHV(Prius PHV)の大型ディスプレイは静電式のタッチパネルを採用しており、スマホのようにフリックやピンチイン/ピンチアウトなどをする事も可能です。

操作感&反応では少し気になる部分もありましたが、この11.6インチの大型ディスプレイは情報量も多く、また、直感的に使いこなせる感じは好印象でした。

また、エアコンの温度調整や風量など良く使う機能に関しては、大型ディスプレイの横に設置してあるスイッチでも操作できるようになっているのも好印象でした。

新型プリウスPHV試乗の感想【標準モデルとの乗り心地の違いにビックリ】

注目の装備2:メーター

今回発売されたプリウスPHV(Prius PHV)のメーターは、このようなデザインになっています。

トヨタ プリウスPHV 2017

ちなみに、こちらはノーマルプリウスのメーター。

トヨタ プリウス 2017

パッと見ただけでは、違いがわからないですよね。

実は新型プリウスPHV(Prius PHV)とノーマルプリウスでは表示項目に若干の違いがあるものの、基本的には同じデザインになっています。

また、この新型PHVもスピードメーターの左側に4.2インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイを装備しているのですが、マルチインフォに表示される項目も、基本的には同じになっています。

トヨタ プリウスPHV 2017

カラフルで見やすいメーターになっているのは好印象でしたが、ノーマルプリウスとほとんど変わらないデザインになっていたため、個人的には面白みのないデザインに感じてしまいました。

ただ、マルチインフォメーションディスプレイと11.6インチの大型ディスプレイに表示されるオープニングアニメーションは良かったです。

このオープニングアニメーションは、ぜひ注目をしてみてくださいね。

【ノーマルプリウスとの違いは?】新型プリウスPHVのメーター画像レビュー

新型プリウスPHVの内装レビュー:シート編

今回発売されたプリウスPHV(Prius PHV)では、本革とファブリック素材のシートを用意しており、グレードによって異なります。

こちらはAグレードなどに採用されているファブリックシート。

トヨタ プリウスPHV 2017
トヨタ プリウスPHV 2017

ノーマルプリウスのシートと異なり、光沢感のあるデザインに…。また、シートのサイドに施されているブルー(ターコイズ)のステッチがワンポイントアクセントになっていて好印象でした。

トヨタ プリウスPHV 2017

一方、こちらはAレザーパッケージやAプレミアムに採用されている本革シート。

トヨタ プリウスPHV 2017
トヨタ プリウスPHV 2017

シート表面にはポツポツと穴の開いたパーフォレーション加工が施されておりファブリックシートよりスポーティーでシックな印象のシートになっているように感じました。

ちなみに、ファブリックシートはブラックのみですが、本革シートでは今回私が見たブラック以外にもホワイトに近いクールグレーカラーも用意しているようですよ。

後部座席は2人掛け

今回発売されたプリウスPHV(Prius PHV)で注目なのは、後部座席のデザイン。

後部座席の中央には、このようにドリンクホルダーとセンターアームレストが固定されていて2名掛けになっている事。

トヨタ プリウスPHV 2017
トヨタ プリウスPHV 2017

先代モデルでは3人掛けだったので、ちょっとビックリですよね。

ディーラーさんに2人掛けになった理由を聞いてみたのですが、やはりクルマ後部の重さが理由のようです。

このクルマの後方には約120kgの大型バッテリーを搭載しているため、後部座席を3人掛けにすると重量的に厳しく、安定性や燃費の良さが生かされないようです。

後部座席が独立していてプライベート感があるのは良かったですが、プリウスPHV(Prius PHV)が4人乗りになった事は欠点・デメリットの一つなのかなと思いました。

トヨタ プリウスPHV 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

やはり印象的だったのは、ステラのような大型ディスプレイが搭載された事。ノーマルプリウスよりもさらに先進的なデザインになっているように感じました。

ただその一方、残念だったのが後部座席が2人掛けの4人定員になってしまった事。この点は、新型プリウスPHV(Prius PHV)の欠点・デメリットなのかなと思いました。

乗り心地や内装・インパネのデザインはとても良かったこの新型PHVですが、先代モデルよりも少なくなった乗車人数は、少々残念でした。もしこのクルマに興味がある方は、この新型モデルの乗車人数も気を付けてくださいね。

プリウスPHVのインパネ画像レビュー【先進的な機能&デザインを徹底解説】
試乗レビュー速報

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives