【座り心地はどうだった!?】新型プリウスPHVの後部座席レビュー

新型プリウスPHVの後部座席のデザインを徹底チェック

トヨタ プリウスPHV 2017

今回新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)の後部座席は、このようなデザインになっています。

こちらは人気のS ナビパッケージやAグレードなどに採用されているファブリックシート。

トヨタ プリウスPHV 2017

一方、こちらはAプレミアムやAレザーパッケージで採用されている本革の後部座席。

トヨタ プリウスPHV 2017

本革を採用したシートの方が高級感や上質感がありましたが、下位モデルに採用されているファブリックシートも光沢感のある高級な素材を採用しており、安っぽさを感じないデザインになっているのは好印象でした。

収納ボックス付きセンターアームレストの使い勝手は?

今回新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)の後部座席の注目ポイントの一つが、シートの中央に装備されたアームレスト&ドリンクホルダーですよね。

後部座席用の収納ボックス付きのセンターアームレスト

トヨタ プリウスPHV 2017

実際にこの新型PHVに装備された収納ボックス付きのアームレストですが、リッド(蓋)の部分を持ち上げてみると、このような感じ。

トヨタ プリウスPHV 2017

フロントシート用のセンターコンソールよりもサイズは大きく、 ボックス型のティシュがスッポリと収納できるようになっているようです。

トヨタ プリウスPHV 2017

運転席の横に用意されているセンターコンソールと比較すると深さは
若干劣りますが、後部座席まわりに収納力がある小物入れが装備
されているのは、とても良いように感じました。

ちなみに、新型プリウスPHV(Prius PHV)の後部座席用のセンターコンソールに
装備されているドリンクホルダーに500mlのペットボトルを置いてみると、
このような感じ。

トヨタ プリウスPHV 2017

ドリンクホルダーに深さがないので、ちょっと安定感が…。個人的にはもう少し深い方が安定感があって、良いのかなと感じました。

新型プリウスPHVの後部座席の座り心地はどうだった?

トヨタ プリウスPHV 2017

シートの真ん中にセンターコンソールが装備され2人掛けになっている新型プリウスPHV(Prius PHV)の後部座席ですが、座り心地はかなり良かったです。

まずこのクルマの後部座席に座ってみて良いと思ったのが、シートのサイズ感。

今回新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)のの後部座席ですが、中央には備え付けの収納ボックス付きのセンターアームレストが装備され、左右が独立したプライベート感のある作りになっています。

トヨタ プリウスPHV 2017

後部座席を2人乗りと割り切った事によって、シートサイズに余裕があり
ゆったりと座れるデザインに…。

私のような中肉中背は当然のこととして、恰幅(かっぷく)の良い大柄な男性がこの後部座席にすわってもゆったりと座ることができるのかなと思いました。

私が見積もりを貰ったディーラーさんは、この新型プリウスPHV(Prius PHV)の後部座席が2人掛けになっている理由について、「次期環境車のフラッグシップモデルとしてプレミアム感を演出した。」と説明していました。

ただ、実際にこのクルマの後部座席に座ってみると、この説明もあながち間違いではないなと納得できる座り心地の良さでした。
(もちろん2人掛けになった理由には、車体重量など大人の事情もあると思いますが…)

【5つの違いを画像で紹介】新型プリウスPHVとプリウスの内装比較

サイドサポートの大きさも好印象

また、シートのサイズ感と同様に良いと思ったのが、サポート力。

後部座席の背もたれや座面がフラットでサポート力が皆無のクルマも多々ありますが、この新型プリウスPHV(Prius PHV)の後部座席は、サイドの部分の張り出しが大きい立体感のある背もたれ&座面の作りに…。

トヨタ プリウスPHV 2017

そのため、座った時のフィット感やサポート力がとっても良い感じ。

カーブを曲がった際などに態勢が崩れにくい座り心地になっているのが、とても良いように感じました。

また、このクルマはノーマルプリウスと同様にリヤに乗り心地の良さが魅力のダブルウィッシュボーン式のサスペンションを採用。

後部座席にでも突き上げ感やコツコツ感を感じにくい、しっとりと滑らかな乗り心地を楽しめるのは、好印象でした。

後部座席のウォークスルー性はイマイチ

このようにシートサイズが大きくゆったりと座れる新型プリウスPHV(Prius PHV)の後部座席は好印象だったのですが、少し気になったのはウォークスルー性。

トヨタ プリウスPHV 2017

足元のトンネルが小さいのはとても良いのですが、シートの中央に備え付けてあるセンターアームレスト部分が少し高くなっており、スムーズに横移動をする事ができませんでした。

このウォークスルー性の悪さはちょっと気になりました。

新型プリウスPHV Sグレードの内装【他グレードと異なる4つの特徴とは?】

アームレストの使い勝手もイマイチ

また、今回新発売された新型プリウスPHV(Prius PHV)の収納ボックス付きのセンターアームレストは収納スペースとして使うにはとても良いのですが、“ひじ掛け”として使うには、イマイチ…。

おそらく荷室を広くする際の後部座席の背もたれの収納を考慮してこのようなデザインになったのだと思いますが、センターコンソールの位置が低め。なので、ひじ掛けとしては、全く使えません…。

トヨタ プリウスPHV 2017

個人的には高さがシッカリと調整されているノーマルプリウスのアームレストの方がひじ掛けとしては便利なように感じました。

ノーマルプリウスの後部座席用センターアームレスト

トヨタ プリウス

高さが全く違うのが、わかりますよね。

このように設置位置が低く使い勝手が悪いので、センターアームレストというよりも収納スペースとして考えた方が良いのかもしれないなと思いました。

トヨタ プリウスPHV 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売されたトヨタの新型プリウスPHV(Prius PHV)の後部座席のデザインや座り心地は、このようになっていました。

サイドのサポート力も良く、サイズも大きくゆったりと座れるこの新型PHVの後部座席のデザインは、好印象でした。

頭上空間の狭さや4人乗りとなった乗車人数など若干気になる部分もありますが、後部座席の座り心地だけを考えるととても良いクルマだと思いました。

もしこのクルマに試乗をする際は、後部座席の座り心地やシートサイズなどもしっかりとチェックをしてみてくださいね。

新型プリウスPHVの後方視界はやっぱり悪い!?【実車画像で徹底チェック】
画像 試乗レビュー速報

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives