CHR/C-HRモデリスタの内装【2種類の異なるデザインを実車画像で紹介】

トヨタ C-HR 2017

C-HR/CHRモデリスタの内装画像レビュー

今回トヨタから新発売されたCHR/C-HRのモデリスタ(MODELLISTA)では、
インパネ・内装の雰囲気をガラリと変える2種類のインテリアパネル用意しています。

・チタニウムグレイン×メッキ調
・ブルーモノグラム×メッキ調

そんな2種類のインテリアパネルを装備したモデルの内装・インテリアを
紹介したいと思います。

その1:チタニウムグレインのインテリアパネル

今回トヨタから新発売されたCHR/C-HR モデリスタで用意されている
にスタイリッシュなチタニウムグレインカラーのインテリアパネルを
装備すると、このようなデザインになります。

■チタニウムグレイン×メッキ調のインテリアパネル

トヨタ C-HR 2017

近くで見ると、このような感じ。

トヨタ C-HR 2017
トヨタ C-HR 2017

グレーの木目調デザインがオシャレで良いですよね。

ちなみに、ベースとなっているCHR/C-HRの上位モデルの
Gグレードの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

トヨタ C-HR 2017

標準モデルの内装・インテリアとモデリスタのチタニウムグレインを装備をした
モデルでは、車内の雰囲気が異なりますよね。

モデリスタ(MODELISTA)のグレーのインテリアパネルを装備をしたモデルの方が
よりオシャレ&モダンなデザインになっているように感じました。

トヨタ C-HR 2017

また、CHR/C-HRは、ブラックと落ち着いた雰囲気の内装になっているのですが、
チタニウムグレインがワンポイントになっていて、車内が開放感のある
明るい雰囲気になっているように感じました。

ブラックとダークブランの落ち着いた雰囲気のベースモデルの内装も良いと
思いましたが、オシャレさとスタイリッシュさが増したこのモデリスタの
チタニウムグレインのパネルを装備した内装もとても良いように感じました。

木目調パネルの肌触りにも注目

CHR/C-HRのモデリスタで用意されたチタニウムグレインの
木目調パネルで良いと思ったのが、肌触り。

トヨタ C-HR 2017

この木目調パネルを触ってみると、他のクルマと違ってザラザラとした肌触りに…。
近くにいたスタッフの方に教えてもらったのですが、どうやら特別な3D印刷技術で
この凹凸感やザラザラ感を実現したようです。

この触った時の質感の高さもCHR/C-HR モデリスタ(MODELLISTA)の
チタニウムグレインのインテリアパネルの魅力の一つかなと思いました。

その2:ブルーモノグラムのインテリアパネル

また、今回トヨタから新発売されたCHR/C-HR モデリスタ(MODELLISTA)では、
チタニウムグレインと全く印象の異なるブルーモノグラムのインテリアパネルも
用意しています。

■ブルーモノグラムのインテリアパネル

トヨタ C-HR 2017

このブルーモノグラムのインテリアパネルを近くでみると、このような感じ。

トヨタ C-HR 2017
トヨタ C-HR 2017

かなりインパクトのあるデザインですよね。

このブルーモノグラムのインテリアパネルを装備すると、先進的な
未来感のあるデザインに…。

落ち着いた雰囲気のあるベースモデルの内装・インテリアと全く異なりますが、
若い世代の方が乗るには、ピッタリのデザインになっているのかなと思いました。

また、私が見たのは、上品な雰囲気のあるエレガント アイス スタイルに
このブルーモノグラムのインテリアパネルが装着されていました。

■モデリスタのエレガント アイス スタイルの外装・エクステリア

トヨタ C-HR 2017

このキラリと輝くメッキ調のパーツが特徴のモデリスタの”エレガント 
アイス スタイル (ELEGANT ICE STYLE)”にはチタニウムグレインの方が
合うのかなと思っていたのですが、このブルーモノグラムも意外とマッチ!

このエレガント アイス スタイルとブルーモノグラムの組み合わせも
なかなか良いように感じました。

シフトレバー部分とのイルミパネルとも相性抜群

また、CHR/C-HRのモデリスタ(MODELLISTA)では、シフトレバーのパネル部分を
華やかにするイルミパネルも用意されています。

トヨタ C-HR 2017

このイルミパネルはクリアランスランプに連動して点灯するのですが、
実際に点灯してみると、このような感じ。

トヨタ C-HR 2017

シフトレバー部分をグルリと取り囲むように点灯するこのイルミパネルは、
かなりインパクトがあるデザインに…。外から車内をのぞき込んでみると、
かなり目立ちます。(画像だとちょっと分りにくいですが…)

CHR/C-HRの上位モデルのG/G-Tグレードのドリンクホルダーに
標準装備されているイルミネーションライトとの相性も良く、個人的には
とても良いデザインだと思いました。

■C-HRのドリンクホルダー

トヨタ C-HR 2017

このイルミパネルはちょっとハデなので、好き嫌いはハッキリと
分かれそうですが、インパクトのある内装・インテリアにしたい方には、
ピッタリなのかなと思いました。

トヨタ C-HR 2017

人気のカスタマイズモデルの”モデリスタ(MODELLISTA)”のパーツを装備した
CHR/C-HRの内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

内装・インテリアの雰囲気がガラリと変わりますよね。
特にインパクトのあるブルーモノグラムのインテリアパネルを装備すると、
車内の雰囲気がガラリと変わるように感じました。

このようにモデリスタ(MODELLISTA)のパーツを装備すると、
外装・エクステリアだけではなく、内装・インテリアの印象を変える事ができます。

他のCHR/C-HRユーザーと異なるオシャレ&インパクトのある内装・
インテリアにしたいと思っている方は、購入を検討してみても良いかもしれませんね。

ちなみに、個人的には、シックで落ち着いた感じのベースモデルの内装も
好きなのですが、スタイリッシュな感じになるチタニウムグレインのパネルを
を搭載したモデルが、一番好みでした。

【新型XVとC-HRを比較】スバルXVが劣っていると感じた2つの事
【動画あり】トヨタ C-HR G試乗レビュー(乗り心地や車内の広さはどう?)
試乗レビュー速報

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives