【使い勝手で気になった部分とは…】新型スイフト荷室の画像レビュー

新型スイフトの荷室レビュー:開口部編

スズキ スイフト 2017

今回スズキからフルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の後ろ姿は、このようになっています。

スズキ スイフトRS 2017

そして、リヤゲートを開けると、このような感じ。

スズキ スイフト 2017

このリヤゲートを開けて気づいたのが、開口部の低さ。

先代モデルの荷室・ラゲッジスペースの開口部は高くて使い勝手が悪そうだなと思っていたのですが、今回新発売されたこの新型モデルは、荷室開口部の下端がかなり低いデザインに…。

ディーラーさんの話によると、先代モデルよりも約80mmほど下げて荷室開口高(地上から荷室開口部の下端までの高さ)は、約715mmとなっているようです。

先代モデルと比較して、積みやすくなったこの荷室・ラゲッジスペースの開口部は、とても良いと思いました。

新型スイフトの見積もり公開|マイルドHV・ターボ・ガソリンの乗り出し価格の差は?

リヤゲートの張り出しの少なさも魅力

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の荷室・ラゲッジスペースで良いと思ったのが、リヤゲートの張り出しの少なさ。

このクルマの荷室開口部が傾斜しているデザインになっている事も影響していると思いますが、競合車・ライバル車と比較しても、後方への張り出しが少なくなっていました。

実際にこのクルマを横から見ると、このような感じ。

スズキ スイフト 2017

ほとんど張り出しが無いですよね。

個人的には傾斜のついている荷室開口部は好みではないのですが、僅かなスペースでも開け閉めできる新型スイフト(SWIFT)のテールゲートは、とても良いと思いました。

【RSと標準モデル】新型スイフトの外装の違いは何?実車画像で比較してみた

新型スイフトの荷室レビュー:後部座席使用時の様子

このようなデザインになっていた新型スイフト(SWIFT)の荷室開口部ですが、ラゲッジルームの内部は、このようなデザインになっています。

スズキ スイフト 2017

今回新発売されたこの新型モデルでは、吐き出し口よりも荷室フロアが一段低くなっているデザインに…。

スズキ スイフト 2017

先代モデルよりも高さが拡大し、スーツケースなど背の高い荷物を積み込みやすいデザインになったのは良いですが、重たい荷物を積み下ろしをする時はこの段差が欠点・デメリットになるのかなと感じました。

【座り心地や機能を徹底チェック】新型スイフトの後部座席レビュー

注目ポイント1:奥行きが拡大

このようなデザインになっていたスズキ新型スイフト(SWIFT)の荷室・ラゲッジルームですが、良いと思ったのが先代モデルよりも広くなった事。

スズキ スイフト 2017

今回発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは一目見て、先代モデルより確実に広くなったと分かるレベル。

ディーラーさんの話によると、先代モデルよりも奥行きは約75mmほど長くなったようです。マツダのデミオ(DEMIO)や日産のノートeパワーよりも格段に広くなったこの新型スイフト(SWIFT)の荷室・ラゲッジスペースは、好印象でした。

注目ポイント2:横の張り出しが少ないスッキリとしたデザイン

また、今回フルモデルチェンジをして新発売されたスズキの新型スイフト(SWIFT)の荷室・ラゲッジスペースを見て良いと思ったのが、ホイールの張り出しが少ないこと。

このように見ると、ホイールの張り出しが少なく、荷室・ラゲッジスペースの横幅がしっかりと確保されているのが、わかりますよね。

スズキ スイフト 2017

クルマによっては、ホイール部分の張り出しが大きく、荷室の使い勝手が悪いクルマもあります。その点このクルマはしっかりと横幅が確保され、エアコンのように横に長い荷物・アイテムも積みやすい印象が…。

このようにタイヤホイールの張り出しが小さく、使い勝手が良いデザインになっているのも好印象でした。

新型スイフトの荷室レビュー:後部座席を収納した時の様子

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の後部座席は6対4分割方式になっているため、左右独立して後部座席の背もたれを倒して、広い荷室・ラゲッジスペースにする事が出来ます。

スズキ スイフト 2017
スズキ スイフト 2017

また、このクルマの後部座席のすべての背もたれを倒すと、このような感じになります。

スズキ スイフト 2017
スズキ スイフト 2017

この時の奥行きは、約1,390mm。

居住性に優れているホンダのフィット3の荷室・ラゲッジスペースの広さには少し及びませんでしたが、十分な広さを確保しているのかなと思いました。

この荷室で唯一残念だったのが…

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の荷室・ラゲッジスペースで唯一残念だったのが、後部座席の背もたれを収納した時にこのように大きな段差が生じてしまう事…。

スズキ スイフト 2017
スズキ スイフト 2017

この段差の大きさは、約15cm。この段差は大きく、使い勝手もかなり損なわれる感じが…。

先代モデルではラゲッジボードが装備されており、このような段差はありませんでした。

先代モデルよりも荷室寸法が広くなったのはとても良いと思いましたが、後部座席を収納した時のフロアの段差には、正直かなりガッカリしました。

ちなみに、ディーラーオプションのラゲッジアンダートレーを装備すると、後部座席を収納した時にほぼフルフラットになるようです。

私のように荷室・ラゲッジスペースを収納した時の段差が気になる方は、購入を検討しても良いかもしれませんね。

新型スイフトの荷室レビュー:床下収納

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)では、床下収納(サブトランク)が用意されています。

開口部よりも一段低くなっている新型スイフト(SWIFT)の荷室・ラゲッジスペースのフロアを持ち上げると、このような感じ。

スズキ スイフト 2017

床下収納(サブトランク)には、パンク修理キットや工具を装備。また、手前側には若干の収納スペースが…。

スズキ スイフト 2017

それ程収納スペースは多くないのですが、洗車道具など小物を入れて置くのには、ちょうど良さそうです。

ただ、ちょっと残念だったのは、床下収納(サブトランク)に使用されている素材。

このクルマの床下収納のケースは発泡スチロールとなっており、プラスチックを使用している競合車・ライバル車と比較すると、安っぽい感じが…。また、耐久性も他の車種と比較すると、弱そうな感じが…。

個人的には、この新型スイフト(SWIFT)の床下収納(サブトランク)のケースは、競合車・ライバル車で使用されているようなプスチック素材の方が良かったと思いました。

スズキ スイフト 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスズキ 新型スイフト(SWIFT)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっていました。

先代モデルよりも荷室フロアに位置が低くなり、また、荷室寸法が広くなったのは好印象でした。ただ、後部座席を収納した時の段差など気になる部分もありました。

先代モデルよりも荷室容量が増え使い勝手が大きく向上しただけに、この後部座席の背もたれ部分の大きな段差は、残念でなりませんでした。

試乗レビュー速報

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives