【新型モデルに施された工夫とは?】新型スイフトのインパネ画像レビュー

スズキ新型スイフトのインパネ画像レビュー

スズキ スイフト 2017

今回私が見たモデルは1.0リットルターボエンジンを搭載したRStグレードだったのですが、内装・インパネは、このようなデザインになっていました。

スズキ スイフト RSt 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の内装・インパネも、先代モデルと同様にブラックを基調とした比較的シンプルなデザインを採用。

このようなデザインになっている新型モデルのインパネですが、印象的だったのが、RSグレードでは、ステアリングホイールやインパネのパネル、シフトレバー部分にシルバーの加飾を施したデザインになっていた事。

スズキ スイフト RS 2017

ただ、このシルバーの加飾も光沢感を抑えた比較的落ち着いた感じのカラーになっているので、ハデハデしさがなく、新型スイフト(SWIFT)の雰囲気にマッチしたとても良いデザインになっているように感じました。

新型スイフトRSと標準モデル比較【内装・インテリアの違いは?】

円形がモチーフになっているスポーティーなデザインに…

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の内装・インパネで印象的だったのが、円形をモチーフにした装備や機能が数多く用意されていました。

私が気づいただけでも円形をモチーフにした機能や装備は、このようなものがありました。

メーター

スズキ スイフト 2017

送風口のデザイン

スズキ スイフト 2017

エアコンパネル

スズキ スイフト 2017

アクセサリーソケット

スズキ スイフト 2017

このように様々なパーツに円形のデザインを多用した事でスポーツカーのようなスポーティーな内装・インパネに…。

このスポーティーな雰囲気になったインパネは、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の特徴&魅力の一つかなと感じました。

新型スイフトのインパネに施されていた工夫とは

スズキ スイフト RSt 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型スイフト(Swift)の内装で印象的だったのが、インパネの角度。

この画像ではちょっと分かりづらいと思うのですが、インパネの中央にあるナビ画面や空調パネルは、若干ですが、運転席側に傾いています。

私も実際にこのクルマを試乗した際にナビや空調パネルを色々と試してみたのですが、運転席側に向いているおかげで、とても操作がしやすい感じが…。

写真を撮らせてもらった際にディーラーさんに確認したところ、このクルマのインパネ中央にあるナビ画面などは、約5度くらい運転席側に傾いているようです。

このように操作性や視認性に優れたデザインになっているのは、とても良いと思いました。

4代目新型スイフトの後部座席は本当に狭い!?【居住性を徹底チェック】

スズキ新型スイフトのインパネ:スイッチや各装備を徹底チェック

このようなデザインになっていた新型スイフト(SWIFT)の内装・インパネですが、ステアリングホイールやシフトレバー、各スイッチ類は、どのようなデザインになっているのでしょうか?

各パーツやスイッチなどについても、しっかりと確認してきたので、紹介したいと思います。

その1:ハンドル・ステアリングホイール

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっています。

スズキ スイフト 2017

この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、下の部分が垂直になっているDシェイプを採用。ハンドル下の空間に余裕があり、乗り降りがしやすいデザインになっているのが好印象でした。

また、ハンドルの左右についているステアリングスイッチも注目ポイントの一つ。

ハンドルの左側のステアリングスイッチには、オーディオの操作やマルチインフォメーションディスプレイの切り替えスイッチが装備されていました。

スズキ スイフト 2017

また、今回私が見たモデルは、デュアルセンサーブレーキサポートが装備されているモデルではなかったので装備されていなかったのですが、ハンドルの右側には、クルーズコントロールの設定スイッチを装備されるようですよ。

スポークが細いため、ステアリングスイッチのサイズはそれほど大きくないのですが、スイッチの数は少なく、あまりゴチャゴチャとしていないため、比較的操作性は良いように感じました。

その2:シフトレバー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)のシフトレバーは、このようなデザインになっています。

スズキ スイフト 2017

シルバーのステッチが入った革製のシフトブーツがオシャレで良いですよね。

スズキ スイフト 2017

ただ、新型スイフト(SWIFT)のRStグレードのシフトレバーに用意された走行モードは、一般的な”D(ドライブ)”とパドルシフトを使ってシフトチェンジを行う”M(マニュアル)”のみ。

個人的には、急こう配の山道を下る時などに使う”L(ロー)”などもしっかりと用意してもらいたかったです。この点は少々残念でした。

【MLとの乗り出し価格の差は?】新型スイフトXLグレードの見積もりを公開

その3:空調パネル

今回新型スイフト(SWIFT)に装備された空調パネルは、このようなデザインを採用。

スズキ スイフト 2017

風量や温度は中央にあるダイヤルに表示されるため、画面サイズが小さく、視認性はそれほど優れているとは感じませんでした。

ただ、ダイヤルは手にしっかりとフィットする大きいサイズになっていて、運転中も空調パネルに視線を落とすことなく操作できるデザインになっているのは、とても良いと思いました。

その4:スイッチ類

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)は、ハンドルの右側に、黒いカラーをしたプッシュ式のエンジンスタータースイッチを全グレード標準装備。

プッシュ式のエンジンスタータースイッチ

スズキ スイフト 2017

また、デュアルセンサーブレーキサポートを装着したモデルでは、このエンジンスタータースイッチの下側には、スタビリティコントロールや自動ブレーキ、車線逸脱機能など安全装備に関するスイッチ類をまとめて搭載しているようですよ。

ちなみに、デュアルセンサーブレーキサポートを装備していないモデルは、このようにかなりシンプルなデザインになっていました。

スズキ スイフト 2017

その5:センターコンソール

今回新発売された新型スイフト(SWIFT)のセンターコンソールは、このようなデザインを採用。

スズキ スイフト 2017

ドリンクホルダーや小さいアイテムを収納できるトレイが装備されていましたが、比較的シンプルなデザインに…。

フロントシート用のドリンクホルダー

スズキ スイフト 2017

小物トレイ

スズキ スイフト 2017

また、新型スイフト(SWIFT)のセンターコンソール部分には、手動式のサイドブレーキを装備。

スズキ スイフト 2017

そのため、残念ながらセンターアームレストの装備はありませんでした。個人的にはセンターアームレストの装備がないのは、少々残念でした。

センターコンソールの前方には、アクセサリーソケット

今回新発売された新型スイフト(SWIFT)のセンターコンソールの前方には、サークル状のデザインを採用した、12Vのアクセサリーソケットが装備されていました。

スズキ スイフト 2017

また、メーカーオプション設置になっているメモリーナビゲーションを装備すると、アクセアサリーソケットの反対側にUSBソケットが装着できるようですよ。

スズキ スイフト 2017

上位モデルだけではなく、全グレード標準装備されていたのは、嬉しいですよね。

そして、この新型スイフト(SWIFT)の運転席シートヒーターのスイッチは、センターコンソールのサイド部分、サイドブレーキの真横に設置されていました。

スズキ スイフト 2017
スズキ スイフト 2017

このクルマのシートヒーターは座面だけではなく背もたれも温めてくれるようですが、残念ながら温度調節機能は無し…。個人的には温度調節機能も装備してもらいたかったです。

スズキ スイフト 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)の内装・インパネは、このようなデザインになっていました。

先代モデルと比較して、今回新しく発売されたこの4代目モデルのインパネは、スポーティーなデザインに…。また、運転席側に向いているナビ画面など使い勝手が良いのも好印象でした。

使い勝手が良くなった新型スイフト(SWIFT)のインパネは、注目ポイントの一つです。もしこのクルマに興味をお持ちなら、操作性が良くなったインパネをご自分の目で確かめてみてくださいね。

試乗レビュー速報
新型スイフトの見積もり公開|マイルドHV・ターボ・ガソリンの乗り出し価格の差は?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives