新型スイフトの外装画像レビュー【実車画像で注目ポイントを徹底チェック】

スズキ スイフト外装画像レビュー:正面から

スズキ スイフトRS 2017

今回フルモデルチェンジをして4代目になった新型スイフト(SWIFT)の正面からのデザインは、このようになっています。

スズキ スイフト 2017
スズキ スイフトRS 2017
スズキ スイフト 2017

大口になったフロントグリルのデザインが印象的ですよね。

今回新発売されたこの新型スイフト(SWIFT)は大きく分けて、カジュアルなデザインが特徴のの”標準モデル”とスポーティな”RS”が用意されていますが、今回私が見たのは、RSモデル。そして、グレードは、1.0リットルのターボエンジンが搭載された”RSt”でした。

発売前に雑誌やネットで見た限りでは、「ちょっとダサいかも!?」と、思ったのですが、実際に見てみると思ったよりもまとまっている感じが…。ちょっとレトロ感もあり、個人的には好みの外装デザインでした。

そんな新型スイフト(SWIFT)のフロントマスクの特徴を紹介したいと思います。

新型スイフトのメリット【競合車よりも良いと思った3つの機能とは?】

注目ポイント1:フロントグリル

今回新発売されたこの新型スイフト(SWIFT)の正面からのデザインで印象的だったのが、フロントグリルのデザイン。

スズキ スイフト 2017

この新型モデルでは先代モデルと異なる大型の六角形のフロントグリルを採用。

そのため、先代モデルよりも迫力のあるフロントマスクに…。ただ、何となくマツダのクルマっぽい感じもありましたが…。

また、今回私が見たモデルの”RSt”などRS系のグレードでは、フロントグリルに赤い一本ラインを装着。また、専用のフロントグリルやバンパーを装着。

なので、RSと標準モデルを見分けるのは、カンタンです。

このように新型スイフト(SWIFT)の標準モデルとRSをしっかりと差別化をして、上位モデルのRSオーナーさんの所有感を満たすデザインになっているのは、好印象でした。

4代目新型スイフトの後部座席は本当に狭い!?【居住性を徹底チェック】

注目ポイント2:ヘッドライト

今回私が見たRStグレードなど新型スイフト(SWIFT)の上位モデルでは、LEDヘッドライトが標準装備。

スズキ スイフト 2017

実際にヘッドライトを点灯してみると、このような感じ。

スズキ スイフト 2017
スズキ スイフト 2017

先代モデルと比較すると、かなりシャープな印象に…。精悍さが増したこの新型モデルのヘッドライトのデザインは、とても良いと思いました。

ちなみに、新型スイフト(SWIFT)の下位モデル”XGグレード”や”XLグレード”では、LEDではなく、ハロゲンのヘッドライトになるので、ご注意を…。

【座り心地や機能を徹底チェック】新型スイフトの後部座席レビュー

注目ポイント3:フロントフォグランプ

今回新発売された新型スイフト(SWIFT)では標準車の最廉価モデルXGグレードを除いて全グレードにフロントフォグランプが標準装備。

スズキ スイフト 2017

このクルマのフロントフォグランプを点灯すると、このような感じ。

スズキ スイフト 2017
スズキ スイフト 2017

ランプのサイズや台座が大きいので、意外とインパクトがありますよね。

競合車でもあるフィット3やノートなどでは上位モデルにしか標準装備されていないフロントフォグランプが、このクルマではほとんどのグレードの装備されているのは、メリットの一つなのかなと思いました。

サイズ&メーカーは何?新型スイフトのタイヤ&ホイール画像レビュー

スズキ スイフト外装画像レビュー:横から

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)のサイドからのデザインは、このようになっています。

スズキ スイフトRS 2017
スズキ スイフト 2017

この新型モデルでは、ピラーがすべてブラックアウト化されており、ルーフ(天井)が浮き上がってみえるようなフローティング デザインを採用。

また、後部座席横のサイドウィンドウのサイズが小さく、ブラックアウト化された後端のピラーが強調されたデザインなっている事もあり、サイドから見ると、かなり引き締まった印象に…。

このインパクトのあるデザインも新型スイフト(SWIFT)の外装・エクステリアの注目ポイントの一つなのかなと思いました。

新型スイフトXLグレードの内装レビュー【3つの特徴を実車画像を使って徹底解説】

注目ポイント1:後部座席用アウトドアハンドル

今回新発売された新型スイフト(SWIFT)の外装・エクステリアの特徴の一つが、後部座席用のアウトドアハンドルのデザイン。

今回新発売されたこの新型モデルのリヤ用のアウトドアハンドルはサイドウィンドウの後ろ側に設置され、存在感を薄くしたデザインを採用。

スズキ スイフト 2017

トヨタのC-HR/CHRやホンダのヴェゼル/ベゼル(VEZEL)など最近人気のコンパクトSUVでこのようなデザインのドアハンドルを採用しているクルマが増えてきましたが、コンパクトカーでは珍しいですよね。

ヴェゼルの後部座席用のアウトドアハンドル

ホンダ ヴェゼル

ただ、新型スイフト(SWIFT)の後部座席用のアウトドアハンドルは、縦型になっており、また、サイズが小さいため、操作性はあまり良くないのかなと思いました。

また、アウトドアハンドルをサイドウィンドウの後方に設置すると、斜め後方の死角が大きくなるという欠点・デメリットも…。

使い勝手だけではなく、視界性の面からも新型スイフト(SWIFT)の後部座席用のアウトドアハンドルのデザインは、少々残念でした。

注目ポイント2:タイヤ&ホイール

スズキ スイフト 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)は、グレードによって、3つの異なるサイズ&デザインのタイヤ&ホイルを用意しています。

・RS専用 16インチタイヤ&ホイール
・標準車用 16インチタイヤ&ホイール
・XGグレード用 15インチタイヤ&ホイール

そして、今回私が見たRStグレードは、このようなデザインのタイヤ&ホイールを装備。

スズキ スイフト 2017

私が見た新型スイフト(SWIFT)のRStのグレードは切削加工&ブラック塗装が施されており、スポーティーさが強調されたデザインに…。

このタイヤ&ホイールの違いも新型スイフト(SWIFT)の標準モデルとRSグレードの大きな違いの一つなのかなと思いました。

【後方だけではなく前方の視界も…】新型スイフトの試乗の感想

スズキ スイフト外装画像レビュー:後ろから

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型スイフト(SWIFT)を後ろから見ると、このような感じ。

スズキ スイフト 2017
スズキ スイフト 2017

また、RSグレードになると、このようにエンブレムの下にRS専用エンブレムが搭載されます。オーナーの所有感をくすぐるRS専用エンブレムは、好印象でした。

注目ポイント1:リヤコンビネーションランプ

先代モデルと大きく変わったのが、リヤコンビネーションランプのデザイン。先代モデルでは三角形のようなデザインだったのに対し、今回新発売されたこの新型モデルでは、真後ろから見ると四角形のようなデザインに…。

新型スイフトのリヤコンビネーションランプのデザイン

スズキ スイフト 2017

ただ、競合車でもあるホンダのフィット3(FIT3)や日産のノートのリヤのデザインと比較すると、少し迫力不足のような感じが…。

先代モデルでも感じましたが、個人的にはもう少し迫力のあるリヤデザインの方が良かったです。

スズキ スイフトRS 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売された3代目新型スイフト(SWIFT)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

大型のフロントマスクを装備するなど迫力のあるフロントマスクになったのはとても良かったのですが、ちょっと気になったのはリヤのデザイン…。

また、サイドウィンドウに組み込み、存在感を薄めた後部座席用のドアハンドルのデザインや使い勝手も少々気になりました。

もしこれから新型スイフト(SWIFT)の試乗される方は、デザイン性だけではなく、後部座席のアウトドアハンドルの使い勝手や操作性などもしっかりと確認してみてくださいね。

試乗レビュー速報

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives