新型XVの収納スペース&小物入れを徹底チェック【使い勝手は悪い!?】

新型XVの収納スペース&小物入れを徹底チェック【使い勝手は悪い!?】

スバル XV 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVのインパネや運転席まわりのデザインは、このようになっています。

スバル XV 2017
スバル XV 2017

このように見ただけでも、やっぱり収納スペースは少ない感じが…。

強豪車・ライバル車のトヨタのC-HR/CHRの収納スペースもかなり少ないと感じましたが、このスバルの新型SUVの収納スペースもかなり狭いように感じました。

そんなスバルの新型XVですが、次のような運転席まわりの収納スペース・小物入れが用意されていました。

・センタートレイ
・収納ボックス付きのアームレスト
・前席ドリンクホルダーホルダー
・小型トレイ
・コインポケット
・グローブボックス
・ドア内側パネル

それでは、実際に運転席まわりの収納スペース・小物入れを確認していくことにしましょう。

センタートレイ

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVのセンタートレイは、このようなデザインをしています。

スバル XV 2017

サイズは、スマホを横向きにしても、縦向きにしても、スッポリと収まるサイズになっています。

スバル XV 2017

最廉価モデルの1.6i アイサイト(Eye Sight)を除いて、USBソケットが2個も標準装備されているので、スマホやiPhoneなどを置いておくには、とても良いスペースなのかなと思いました。

スバル XV 2017

また、このトレイ部分の素材がゴムのような素材を使用していて、スマホやiPhoneを置いても、滑りにくく、また、傷が付きにくい設計になっているのも個人的には、好印象でした。

新型XVの1.6と2.0リッターの内装比較【8つの違いをどこよりも詳しく紹介】

収納ボックス付きのアームレスト

今回新発売された収納ボックス付きのアームレスト(フロアコンソールボックス)は、このようなデザインになっています。

こちらは上位モデルの2.0i-Sのデザイン。

スバル XV 2017

そして、こちらは1.6i-Lのデザイン。

スバル XV 2017

2.0i-Sの方の収納ボックス付きのアームレストの方は、サイドの部分にオレンジ色のステッチを採用したソフトパッドを使用。

スバル XV 2017

1.6リットルモデルのアームレストよりもオシャレなデザインになっているように感じました。

そんな新型XVのアームレスト部分(リッド部分)を上に持ち上げてみると、このような収納ボックスが登場。

スバル XV 2017

深さも約190mmあり、思ったよりも収納力がある印象が…。また、DC12V/120Wの電源ソケットが用意されていました。

このクルマは収納スペースが多く無いので、ちょっと大きめのアイテムを収納する時は便利なのかなと思いました。

新型XV 2.0i-Sの内装インプレ【他グレードとの装備の違いとは?】

前席ドリンクホルダーホルダー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVのドリンクホルダーは、このようなデザインを採用。

スバル XV 2017

先代モデルは、蓋つきの縦に2つ並べるタイプだったのですが、今回の新型モデルのドリンクホルダーは、横に2個並べるタイプを採用。

実際に500mlのペットボトルを置いてみると、このような感じ。

スバル XV 2017

また、この新型モデルの中の仕切りは着脱式になっているので、取り外せは、収納スペースとしても活用する事が可能です。

スバル XV 2017

市販のドリンクホルダーを送風口部分に取り付けて、このスペースを収納スペースとして、利用するのもアリなのかなと思いました。

ちなみに、このスバルの新型XVの前席ドリンクホルダーホルダーも2.0リットルモデルと1.0リットルモデルでデザインに違いがありました。

2.0リットルモデルの前席ドリンクホルダーホルダー

スバル XV 2017

1.6リットルモデルの前席ドリンクホルダーホルダー

スバル XV 2017

横長小型トレイ

また、新型XVではドリンクホルダーの後方に、細長い収納スペースが用意されています。

スバル XV 2017

「スマホ置きになるのかな?」と思って、私のiPhoneを置いてみると、このような感じ。

スバル XV 2017

横向きでは、iPhoneがはみ出してしまい収納する事ができません。(縦向きなら収納する事ができますが…)

駐車券やレシート、カードを置いておくには良いかもしれませんが、スマホやiPhoneも置けないですし、個人的には使い方がイメージしにくい収納スペースでした。

【競合車よりも優れている事とは?】新型XVの3つのメリット&魅力

コインポケット

スバルの新型XVのハンドル・ステアリングホイールの右側下部に用意されている収納スペースが、開閉式のコインポケット。

スバル XV 2017

実際に開けて開けてみると、このような感じ。

スバル XV 2017

意外と深さもあります。

また、外から確認しにくい位置に用意されているので、電子マネーとかあまり人に見られたくない物を収納しておくのにピッタリなのかなと思いました。

ちなみに純正のETC車載器を注文すると、このスペースに取り付けられるみたいですよ。


グローブボックス

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVのグローブボックスは、このようなデザインになっています。

スバル XV 2017

グローブボックス内に起毛素材を使用していないので高級感はありませんが、思ってたよりも広い印象が…。特に奥行きが…。

取り扱い説明書や車検証などを入れても、まだ余裕がありそうです。個人的には、この広くて、使い勝手が良さそうなグローブボックスは、好印象でした。

フロントドア内側パネル

スバル XV 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVは、フロントドアの内側パネルにも2つの収納スペースを用意しています。

その一つが、アームレスト部分の小型ポケット。

スバル XV 2017

大きさはそれ程大きく無いので、2.0リッターモデルに標準装備されているスマートキーなどを収納しておくのに、ピッタリなのかなと思いました。

また、ドア内側パネルの下端部分には、ドリンクホルダー付きの大型ドアポケットを用意。

スバル XV 2017

実際にドア内側パネルにドリンクを置いてみると、このような感じ。

スバル XV 2017

個人的には置いたドリンクが斜めにならずに垂直に収納できるのは、好印象でした。

新型XVの後部座席まわりの収納スペースを徹底チェック

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVの後部座席まわりの収納スペースは、どのようになっていたのでしょうか?

私が確認した限りでは、後部座席の収納スペースは少なく、用意されていたのは、次の3つでした。

・ドリンクホルダー付きアームレスト
・シートバックポケット
・後部座席ドア内側パネル

それでは、運転席まわりと同様に後部座席の収納スペースも実車画像を使って、確認していくことにしましょう。

新型XV 2.0i-Sの内装インプレ【他グレードとの装備の違いとは?】

ドリンクホルダー付きアームレスト

スバル XV 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVの最廉価モデルの“1.6i アイサイト(Eye Sight)”以外のグレードでは、後部座席の中央にドリンクホルダー付きのアームレストが用意されています。

実際にドリンクホルダー付きのアームレストを引き出してみると、このようなデザインになっています。

スバル XV 2017

ドリンクホルダーの深さは無いのが少し気になりましたが、しっかりとストッパーが装備されているので、意外と安定感も良さそうです。

また、腕が置きやすいようにアームレストが高い位置に置かれていたのも個人的には、好印象でした。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのC-HR/CHRは、全グレード通じて、後部座席の中央にアームレストが用意されていません。

後部座席の快適性・居住性の良さは、トヨタC-HR/CHRには無い新型XVのメリット&魅力の一つなのかなと思いました。

シートバックポケット

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVは、ベースとなっているインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)と同様にシートバックポケットが全グレード共通で標準装備されています。

スバル XV 2017

クルマの中に地図や子供の絵本、雑誌などを置いておくには、便利なのかなと思いました。

ちなみに、運転席側には、シートバックポケットが装備されていないので、ご注意を…。

後部座席ドア内側パネル

新しくなった新型XVの後部座席ドアの内側パネルは、このようなデザインになっています。

スバル XV 2017

後部座席ドアの内側パネルに用意されている収納スペースは、次の2つ。

アームレスト部分の小型ポケット

スバル XV 2017

ドアパネル下部のドリンクホルダー付きの大型ポケット

スバル XV 2017

アームレスト部分の小型ポケットはサイズも比較的大きく、スマホやiPhoneを差し込んでおけるサイズになっているのが、好印象。

また、ドアパネル下部の下部に用意されているドリンクホルダー付きの大型ポケットも、置いたドリンクが取り出しやすいようにデザインされているが好印象でした。

スバル XV 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVの収納スペースは、このようになっていました。

実際に見てみると、このクルマに収納スペースは少ない印象が…。特に大きいアイテムを収納できるスペースが、少ないように感じました。

このスバルの新型XVの収納スペースは、競合車・ライバル車と比較してもかなり少ない部類に入ると思います。

購入後に、「思ったよりも荷物が積めなくて、困った…」とならないように、事前に収納スペースの数や配置、使い勝手などをしっかりと確認してみてくださいね。

試乗レビュー速報

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives