スバル新型XV 1.6Lモデルの見積もりを大公開【お得感はあり?】

新型XV 1.6リットルモデルの見積もりを公開!乗り出し価格はどのくらい?

スバル XV 2017

今回スバルから新発売された新型XVの1.6リッターモデルは、次の2つのグレードを用意しています。

・1.6i アイサイト(Eye Sight)
・1.6i-L アイサイト(Eye Sight)

この2つのグレードのうち、今回私が見積もりを貰ってきたのは、人気が高い上位モデルの”1.6i-L アイサイト(Eye Sight)”。

スバル新型XVの1.6i-L アイサイト(Eye Sight)の見積もり

スバル XV 2017

今回お願いをしたボディカラーは、人気のクリスタルブラック シリカ。そして、メーターオプションでは、よりSUVらしい見た目を演出してくれるルーフレールもお願いをしました。

このような条件でお願いした時の新型XVの”1.6i-L アイサイト(Eye Sight)”の乗り出し価格は、このようになっていました。

スバル XV 2017

新型XV”1.6i-L アイサイト”の乗り出し価格

車体本体価格:23,00,400円
オプション代: 411,523円
諸経費 : 362,561円
合計金額 :3,074,484円

新型XV 2.0i-Sの内装インプレ【他グレードとの装備の違いとは?】

今回の見積もりでお願いをしたディーラーオプション

私が貰った見積書ではこのような乗り出し価格になっていた新型XVですが、ディーラーオプションでは、次のようなアイテムをお願いいたしました。

スバル XV 2017

今回の見積書でお願いをしたディーラーオプション

・スバル ナビ パック(パイオニア製カロッツェリア)
価格:263,023円
・ベースキット
価格:92,340円
・ウルトラ ガラス コーティング
価格:56,160円
・ディーラーオプション価格合計
411,523円

今回新型XVの1.6リットターモデルの見積書を貰うに際して、ナノイーも標準装備されているパナソニック製のビルトインナビを注文しようと思っていました。

パナソニック製のビルトインナビ

スバル XV 2017

ただ、ディーラーさんの話によると、1.6リッターモデルを選ばれる方は、一つランクが下のナビ”パイオニア製のカロッツェリア”を注文するケースが多いとの事。

なので、このクルマのインパネにピッタリと収まるパナソニック製のビルトインナビではなく、今回はディーラーさんがおススメしてくれたパイオニア製のカロッツェリアのナビパックをお願いしてみました。

ただ、それでもディーラーオプション代だけで、約41万円。

パナソニック製のビルトインナビを注文時と比較すると、ディーラーオプション代だけで10万円ほど安くなっているようですが、個人的にはそれでも少々高く感じてしまいました。

スバル新型XVのインパネ画像【運転席まわりのデザイン&使い勝手はどうだった?】

【1.6リットルモデルはお得?】新型XVの見積書を貰った感想

スバル XV 2017

今回、私が貰った新型XVの1.6リットルモデルの見積書の合計金額は、約307万円。

また、ディーラーさんに軽くどれくらいの値引きができるか聞いてみたところ、ディーラーオプションからの値引きを含めて約15万円と言っていただけました。なので、値引き後の乗り出し価格は、292万円となります。

この価格だけを見ると、かなりお得感がありそうですよね。

ただ、2.0リッターモデルの見積書と比較すると、この1.6リッターモデルは、思ったよりもお得感があるグレードとは思いませんでした。むしろ1.6リッターモデルよりも2.0リッターモデルの方が良いのかも!?と、思いました。

私がこの新型モデルのの見積もりを貰った時、1.6リッターモデルよりも2.0リッターモデルの方が良いと思った2つの理由を紹介したいと思います。

【専用装備は何がある?】スバル新型XV 2.0i-Sの外装画像レビュー

理由1:2.0リットルモデルとの燃費の差

スバル XV 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVの1.6リットルより2.0リットルモデルの方が良いと思った理由の一つが、燃費の差。

実は、新型XVに新設定された1.6リッターモデルの”1.6i-L”と2.0リットルモデルの”2.0i-L”の燃費を比較すると、”2.0i-L”の方が少しの差ですが、良くなっています。

新型XVの各グレードのJC08モード燃費比較

1.6i-L:16.2km/L
2.0i-L:16.4km/L

カタログを貰う前までは、1.6リッターモデルの方が燃費が良くなっていると思ったのですが…、これは意外ですよね。

どちらのモデルを購入しても、ガソリン代など毎月の維持費もそれほど変わらなそうですし、このような状態なら、パワーや加速量に劣る1.6リッターモデルをわざわざ選択する理由はないのかなと思いました。

理由2:2.0リットルモデルとの価格差

スバル XV 2017

スバルの新型XVの2.0リットルモデルの方が良いと思った理由の一つが、1.6リッターモデルとの価格差。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルの人気グレードの一つでもある”2.0i-L アイサイト”の車体本体価格は、2,484,000円となっています。

今回私が見積もりを貰った1.6i-Lの車体本体価格は2,246,400円なので、この2台のモデルの車体本体価格の差は、約237,600円となっています。

私はこの価格差を聞いた時、思ったよりも価格差は小さいなと感じました。

また、新型XVの1.6リッターモデルはエンジンスタータースイッチが装備されていないなど、2.0リッターモデルと比較して、機能や装備面で劣ります。

予算などの関係もあるかと思いますが、思ったよりも価格差が無い事やまた、パワーや燃費・装備面を考えると、新型XVの1.6リッターモデルよりも2.0リッターモデルの方が、満足度は高いのかなと思いました。

スバル XV 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVで新設定された1.6リッターモデルの見積書は、このようになっていました。

人気のこの新型SUVを300万円前後で購入できるのは、かなり魅力的です。

ただ、2.0リッターモデルと1.6リッターモデルの価格を比較すると思っていたよりも差が小さい印象が…。

機能や装備面、パワーや乗り心地を考えると、1.6リッターモデルよりも2.0リッターモデルの方が満足度は高いのかなと、個人的には思いました。

ちなみに、私がお話を聞いたディーラーさんも1.6リッターよりも2.0リッターモデルの方が良いと言っていましたよ。

画像 試乗レビュー速報

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives