新型XV 2.0i-Sの内装インプレ【他グレードとの装備の違いとは?】

スバル XV 2017

新型XV 2.0i-Sの内装【このグレードに搭載されている専用装備とは?】

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVの
最上位グレード”2.0i-S アイサイト(Eye Sight)”の内装・インテリアは、
このようなデザインになっています。

スバル XV 2017
スバル XV 2017
スバル XV 2017
スバル XV 2017

オレンジのステッチがインパクトがあって良いですよね。

基本的な内装・インテリアのデザインは、このクルマのベースとなっている
インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)と同じデザインになっています。

しかし、シフトレバーやハンドル、インパネにオレンジのステッチを配しており、
クロスオーバーSUVらしいアクティブな印象のある内装・インテリアになっている
ように感じました。

このようなデザインになっている”2.0i-S アイサイト(Eye Sight)”の内装・
インテリアですが、次のような専用装備が搭載されていました。


専用装備1:アクセル&ブレーキペダル

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVの最上位グレード
“2.0i-S アイサイト(Eye Sight)”の内装・インテリアのみに施されている
専用の装備の一つが、アクセル&ブレーキペダル。

今回新しく発売された”2.0i-S アイサイト(Eye Sight)”とそれ以外の
グレードのアクセル&ブレーキペダルは、それぞれこのようなデザインになっています。

スバル XV 2017

■2.0i-Sのアクセル&ブレーキペダル

スバル XV 2017

■それ以外のグレードのアクセル&ブレーキペダル

この2台のモデルのアクセル&ブレーキペダルをご覧いただければ、一目で違いが
わかると思いますが、最上位モデルの”2.0i-S アイサイト(Eye Sight)”のみ
アルミ製のスポーツペダルを標準装備。

なので、アルミ製のスポーツペダルを装備しているモデルと装備していない
モデルでは、ドアを開けてた時の印象・インパクトが全く異なります。

アルミ製のスポーツペダルを装備している新型XVの”2.0i-S アイサイト”の方が、
スポーティーさ&ラグジュアリー感があって、個人的には好印象でした。

専用装備2:電動パワーシート

スバル XV 2017

新型XVの”2.0i-S アイサイト”のみに標準装備されている機能の一つが、
運転席&助手席の電動パワーシート。

この”2.0i-S アイサイト(Eye Sight)”では、シートリフターや前後スライド、
リクライニングなどの調整をスイッチ一つで行う事ができる電動パワーシートを標準装備。

スバル XV 2017

■2.0i-Sの電動パワーシートのスイッチ

電動パワーシートならではの”もたもた感”は若干気になるところですが、
背もたれの角度をやシート前後位置を自分好み微調整できる事は、
手動式には無い電動式のメリット&魅力の一つだなと思いました。

ただ、この新型XVの”2.0i-S アイサイト”に標準装備されている
電動パワーシートで残念だった事は、メモリー機能が装備されていなかった事。

展示車を確認していて、「この点がちょっと残念だな~。」っと、
個人的には思ってしまいました。

ちなみに、最廉価モデルの”1.6i アイサイト(Eye Sight)”以外のグレードでは、
メーカーオプションのブラックレザーセレクションを注文すると、電動パワー
シートにする事ができるようですよ。

専用装備3:シートのデザイン&素材

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVの最上位モデル
“2.0i-S アイサイト(Eye Sight)”と、それ以外のグレードで大きく違うのが、
シートに採用されているデザイン&素材。

スバル XV 2017

■2.0i-Sアイサイトのフロントシート

スバル XV 2017

■2.0i-Sアイサイトの後部座席

シートのサイド部分にオレンジのステッチが入っているのは、2.0リッターモデルで
共通になっているのですが、2.0リットル車の下位グレード”2.0i-L アイサイト”と
異なるのは、シート素材。

他のグレードでは、ファブリック素材をシート全体に使用しているのですが、
最上位モデルの”2.0i-S アイサイト(Eye Sight)”のみシートのサイド部分に
合成皮革を採用したファブリックとのコンビネーションシートを採用。

スバル XV 2017

サイドの部分が合成レザーになっているだけなのですが、実際に最上位モデルの
2.0i-S アイサイト”と他のグレードのシートを見比べてみると、高級感や上質感が
全然異なります。

また、新型XVの最上位モデル”2.0i-S アイサイト(Eye Sight)と他のグレードでは、
車内全体の質感が違うように感じました。

もし内装・インテリアの質感にこだわるのなら、合成レザーとファブリックを
組み合わせたコンビシートを採用している”2.0i-S アイサイト(Eye Sight)”の方が
良いのかなと感じました。

スバル XV 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVの最上位モデル
“2.0i-S アイサイト(Eye Sight)”の内装・インテリアは、このようなデザインに
なっていました。また、このような専用装備を備えておりました。

2.0i-S アイサイトのみに標準装備されているアルミ製のスポーツペダルや
電動パワーシートは装備されていたら嬉しいですが、無くてもそれ程困りません。

なので、コスパ重視でクルマを選ぶのなら、2.0リッター車の下位モデルの
“2.0i-L アイサイト(Eye sight)”でも十分だと思います。S/Iドライブモードも
しっかりと装備されていますしね^^

ただ、内装や外装のデザイン性にこだわりたい方や、この新型XVを所有する
満足感を味わいたい方は、”2.0i-S アイサイト(Eye Sight)”の方が良いのかなと思いました。

スバル新型XVのインパネ画像【運転席まわりのデザイン&使い勝手はどうだった?】
スバル新型XVの2種類のタイヤ【メーカー&ブランドが違う!?】
試乗レビュー速報
スバル新型XVのインパネ画像【運転席まわりのデザイン&使い勝手はどうだった?】
【新型XVがヴェゼルはどっちがおすすめ?】新型XVの方が優れているところとは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives