新型XVとインプレッサの外装比較【XVのみの専用装備は何がある?】

スバル XV 2017

新型XVとインプレッサの外装を実車画像で違いを比較

2017年5月、フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型XVの
外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

スバル XV 2017
スバル XV 2017
スバル XV 2017
スバル XV 2017

全高は低く、街乗りにピッタリな伸びやかなデザインになっていますが、
フェンダーアーチモールにブラックのクラッティングパネルを採用するなど、
SUVらしいチカラ強さも感じる外装・エクステリアになっているように感じました。

一方、こちらはベースとなっているインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)の
外装・エクステリアのデザイン。

スバル インプレッサ 2017
スバル インプレッサ 2017
スバル インプレッサ 2017
スバル インプレッサ 2017

インプレッサ スポーツは洗練さを感じるデザインになっているのに対し、
今回フルモデルチェンジをした新型XVは、アグレッシブさが増したデザインに…。

また、ベースとなっているこのインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)の方が
車高が低く、ドッシリとした安定感があるデザインになっているように感じました。

新型XVの外装・エクステリアの専用装備は何があるの?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVですが、ベースと
なっているインプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)と差別化を図るために
様々な専用装備を採用しています。

この新型クロスオーバー車ののみに採用されている主な専用装備を
確認してきたので、紹介したいと思います。


専用装備その1:クラッティングパネル

スバル XV 2017

この新型XVのみに採用されている専用装備の一つが、クラッティングパネル。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルでは、フェンダー
アーチモールやフロントフォグランプの台座、バンパーなど、このクルマを
グルリと一周取り囲むようにブラックのクラッティングパネルを採用していました。

スバル XV 2017

このブラックのクラッティングパネルのおかげで、SUVらしいタフさや
無骨さがある外装・エクステリアになっている感じが…。

また個人的には、スタイリッシュ&スポーティーなデザインをした上半身と、
SUVらしい無骨さのある下半身の絶妙なアンマッチ感が好印象でした。


専用装備その2:フロントグリル

また、フロントグリルも実はインプレッサ スポーツと異なり、
新型XVの専用のデザインになっています。

スバル XV 2017

■新型XVのフロントグリル

スバル インプレッサ 2017

■インプレッサ スポーツのフロントグリル

まず異なるのが、フロントグリルのサイズ。

最近のスバルの特徴でもある六角形のデザインをしているのは共通なのですが、
新型XVの方が、フロントグリルのサイズが一回り大きくなっています。

また、このモデルでは、フロントグリルの加飾も異なります。

ベースとなっているインプレッサ スポーツでは、フロントグリルまわりを
メッキ調のデザインで加飾を施していましたが、今回新発売された新型XVでは、
クラッティングパネルと同じ素材をフロントグリルまわりに採用。

スバル XV 2017

オフロードを走行した際の泥汚れや細かい傷などが気にならない
道具感のあるデザインになっていました。

また、フロントグリルのデザインの違いだけではありませんが、この新型XVは、
よりスポーティーさと野性味のあるフロントマスクになっているように感じました。

その3:リヤアンダーディフューザー

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVの専用装備の一つが、
リヤバンパーの下に装備されているアンダーディフューザー。

スバル XV 2017

縦に入っているスリットがかなり印象的。

このリヤのボディ下部に採用されているリヤアンダーディフューザーも
SUVらしさを強調し、また、インプレッサ スポーツとの差別化を図る
重要な装備の一つかなと思いました。

その4:タイヤ&ホイールのデザイン

タイヤ&ホイールのデザインも、この2台のモデルの大きな違いの一つ。

ベースとなっているインプレッサ スポーツに採用されているホイールは、
切削加工を施していますが、比較的オーソドックスなデザインを採用。

スバル インプレッサ 2017

■インプレッサ スポーツのタイヤ&ホイール


一方、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVの
タイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

先代モデルでもホイールのデザインはかなり好評だったようですが、
この新型モデルでは、星をモチーフにしたようなデザインのタイヤ&
ホイールを標準装備。

スバル XV 2017

■新型XVのタイヤ&ホイール

かなりインパクトがありますよね。

ちなみに、この星をモチーフにしたようなデザインをしたホイールは、
新型XVの最上位モデル2.0i-S アイサイトのみに標準装備されています。

それ以外のモデルはホイールのデザインが異なるので、ご注意を…。

タイヤサイズも異なる

スバル XV 2017

このようにホイールのデザインが異なる新型XVとインプレッサ スポーツですが、
タイヤサイズや外径も異なります。

■新型XVとインプレッサスポーツのタイヤサイズ比較
・新型XV 2.0i-S
タイヤサイズ:225/55R18
・インプレッサ スポーツ 2.0i-S
タイヤサイズ:225/40R18

ベースとなっているインプレッサ スポーツのタイヤの外径は約63cmなのに対し、
今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVのタイヤ外径は
約70cmとなっており、一回り大きくなっています。

そして、このタイヤサイズの違いは、乗り心地にも影響をしているようです。

私はまだ試乗をしていないので確認はしていませんが、すでに試乗をした
ディーラーさんのお話によると、高扁平の新型XVの方がインプレッサより
乗り心地がマイルドになっているようですよ。

この乗り心地の違いも注目ポイントの一つかもしれませんね。

スバル XV 2017

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVと、ベースになっている
インプレッサ スポーツ(IMPREZA SPORT)の外装・エクステリアでは、このような
違いがありました。

新型XVはクラッティングパネルや大径タイヤなど専用装備を上手に活用して、
ベースになっているインプレッサ スポーツをシッカリとSUVデザインに
仕上げているように感じまいた。

ちなみに、この2台のモデルの乗り出し価格を比較すると、今回フルモデル
チェンジをして新発売されたこの新型モデルの方が若干高くなっていまします。

しかし、専用デザインの装備も多数用意していますし、外装・エクステリアの
違いだけでも、この価格差を払う価値は十分にあるように私は感じました。


画像 試乗レビュー速報
スバル新型XVの安全装備【イザと言う時に助かる安心機能を紹介】
【新型XVのデメリット】ヴェゼルより劣っていると感じた事とは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives