【高速試乗動画】現行型トヨタアルファードで第2世代トヨタ・セーフティ・センスを試す!

第2世代トヨタ・セーフティ・センスとは?

トヨタ アルファード 2018

現行型トヨタ アルファードには第2世代トヨタセーフティセンスが標準装備されています。このシステムは、トヨタセーフティセンスPに採用されていた、単眼カメラ+ミリ波レーダーの性能を向上させることで、安全性能が高められています。

プリクラッシュセーフティ(PCS)に、新たな検知対象として夜間歩行者、自転車運転者が追加されたほか、カメラが認識した道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示して、道路標識の見落としを防ぎ、安全運転をサポートするロードサインアシスト(RSA)が導入されました。

さらに、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)を備えているほか、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線中央を走行できるようハンドル操作をアシストするレーントレーシングアシスト(LTA)を採用。 ドライバーの負担軽減を図ると同時に、レーンディパーチャーアラートの機能も備えています。

この機能は、先行車両に追従したり、道路端の境界を認識することにより、白線のない道路でも警報とハンドル支援を実施します。 第2世代トヨタセーフティセンスは、これらの安全装備が標準装備されており、トヨタセーフティセンスPと比べ安全面が強化されています。今回は高速道路試乗を通じて第2世代トヨタセーフティセンスの魅力に迫りたいと思います。

アルファード HYBRID Xの3列目シートレビュー【3列目シートでも快適に過ごせる!】
【シートの素材、乗り心地はどう?】トヨタ アルファードHYBRID Xのシートレビュー
トヨタ アルファードXとHYBRID X購入するならどっち?【新車価格、乗り出し価格、維持費はどのぐらい違う?】
試乗レビュー速報

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives