新型エクストレイル ハイブリッドの後部座席【機能性やアレンジを徹底チェック】

新型エクストレイル ハイブリッドの後部座席レビュー

日産 新型 エクストレイル 2017

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車の後部座席は、このようなデザインになっています。

日産 エクストレイル 2017
日産 エクストレイル 2017

ガソリン車と同様にハイブリッド車の後部座席でも、ゴムのような肌触りの水をはじく防水シートを採用。

乗り心地はどうだった!?新型エクストレイルを試乗した感想レビュー

ハイブリッド車の防水シート

日産 エクストレイル 2017

私も試しに少しだけ持っていた水を垂らしてみたのですが、シートに染み込まずしっかりとはじいてくれます。

シート内にしみこみにくく、また、サッと拭き取るだけでキレイになるので、ファミリーカーとして使用する際もこの防水シートは、大活躍するのかなと思いました。

また、今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)では、後部座席用のシートヒーター(正式名称はヒーターシート)が搭載されたのも個人的には嬉しかったです。

新型エクストレイルの後部座席シートヒータースイッチ

日産 エクストレイル 2017
日産 エクストレイル 2017

このようなデザインになっている新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車の後部座席ですが、このような特徴がありました。

新型エクストレイル ハイブリッドの荷室【ガソリン車と異なる3つの特徴とは?】

特徴1:後部座席のリクライニング&スライド機能の搭載は無し

今回マイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)の注目ポイントの一つに、後部座席のリクライニング&スライド機能の装着がありますが、これはガソリン車のみ。

なので、ハイブリッド車の後部座席は、背もたれの角度や足元空間の広さを調整する事はできません。

新型エクストレイルのガソリン車の後部座席

日産 エクストレイル 2017

私は、このクルマのマイナーチェンジ前にディーラーさんから、「今度から3列シートモデル以外でも、後部座席のリクライニング機能が装着できるようになったんですよ~。」と、聞いていました。

なので、ガソリン車だけではなくハイブリッド車にも、後部座席のスライド機能やリクライニング機能が装備されている事をちょっと期待していたのですが…。

個人的には、ガソリン車よりも劣るハイブリッド車の後部座席のシートアレンジは、少々残念でした。

ただ、後部座席の居住性は十分

このようにリクライニング機能やスライド機能が装備されていなかった新型エクストレイル(X-TRAIL)の後部座席ですが、ガソリン車と同様に十分な足元空間と頭上空間を備えています。

ハイブリッド車の後部座席の足元空間

日産 エクストレイル 2017

なので、ハイブリッド車の後部座席に座っても窮屈感を感じるシーンは、全くありませんでした。

また、私が試乗したモデルは、メーカーオプションのサンルーフが装着されていたこともあり、視界の抜けが良く、圧迫感を感じないデザインになっていた事も好印象でした。

特徴2:リヤセンターアームレストスルーの搭載も無し

また、この日産 新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車の後部座席で印象的だったのは、後部座席の中央にあるアームレストのデザイン。

ガソリン車では、後部座席を使用した状態でも釣り道具やスノボーなど長尺物を積みこめるドリンクホルダー付きのリヤセンターアームレストスルーが、装備されています。

ガソリン車のリヤセンターアームレストスルー

日産 エクストレイル 2017
日産 エクストレイル 2017

しかし、新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車では、長尺物を積み込めるリヤセンターアームレストスルーではなく、後部座席の背もたれに埋め込まれている一般的なデザインのリヤセンターアームレストを標準装備。

ハイブリッド車のリヤセンターアームレスト

日産 新型 エクストレイル 2017
日産 エクストレイル 2017

このハイブリッド車のリヤセンターアームレストもシッカリとしたデザインとなっており、高さもサイズも大満足。

ただ、個人的には、トランクスルーをする事ができる日産 新型エクストレイルのガソリン車のアームレストの方が使い勝手は良いのかなと、思いました。

日産 エクストレイル 2017

2017年6月にマイナーチェンジをして新発売された新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車の後部座席のデザインは、このようになっていました。

防水加工されたシートなど満足できる部分もあったのですが、後部座席のスライド機能やリクライニング機能の装備は無し。また、使い勝手が良さそうなリヤセンターアームレストスルーの装備も残念ながらありませんでした。

このようなデザイン・機能性になっていたこの新型モデルの後部座席を実際に確認をしてみて、特に私が気になったのは、リクライニング機能が後部座席に装備されてい無かった事。

競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタの人気SUV”ハリアー(Harrier)”のハイブリッド車の後部座席には、リクライニング機能が装備されていただけに余計に残念に感じてしました。

このように日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)のハイブリッド車の後部座席の機能性やアレンジは、ガソリン車だけではなく、競合車・ライバル車にも若干劣ります。

もしこの新型モデルのハイブリッド車の購入を検討している方は、このクルマの後部座席の使い勝手や機能性をしっかりと隅々まで確認をしてみてくださいね。

【内装編】新型エクストレイルのハイブリッドとガソリンの違いは何?
画像 試乗レビュー速報

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives