競合車よりも高め?新型ハリアー ターボの見積もりを大公開

新型ハリアーのターボ車の見積もり公開:乗り出し価格はいくらだった?

トヨタ ハリアー 2017

2017年6月のビッグマイナーチェンジで新発売された新型ハリアー(HARRIER)の見積もり書は、このようになっています。

トヨタ ハリアー 2017

今回私が見積もりをお願いしたグレードは、今回のビッグマイナーチェンジで新しく設定されたPROGRESS(プログレス)。そして、ボディカラーは、人気のホワイトパールクリスタルシャンをお願いしました。

新型ハリアーのターボ車専用のメーター【視認性やデザインを徹底チェック】

新型ハリアーのホワイトパールクリスタルシャイン

トヨタ ハリアー 2017

そんなトヨタの新型ハリアー(HARRIER)のターボ車の乗り出し価格は、このようになっていました。

トヨタ ハリアー 2017
新型ハリアーの3つのモデルの見積もり一挙公開!ターボ・ガソリン・HVの価格差が丸わかり

新型ハリアーの乗り出し価格

車両本体価格            :4,050,000円
メーカーオプション   :  159,840円
ディーラーオプション:  199,692円
諸経費&税金           :  328,973円
乗り出し価格合計 :4,715,492円

今回の見積もりで注文したメーカーオプションは?

このような乗り出し価格になっていたトヨタの新型ハリアー(HARRIER)の見積もりですが、今回、このようなメーカーオプションをお願いいたしました。

トヨタ ハリアー 2017

新型ハリアーのメーカーオプション

・ホワイトパールクリスタルシャイン
価格:32,400円
・スペアタイヤ
価格:10,800円
・アクセサリーコンセント(AC100V/100W)
価格:8,640円
・電動ムーンルーフ(サンルーフ)
価格:108,000円
合計金額:159,840円

今回の見積もりでは、ディーラーさんのおススメのオプションをすべて入れて貰った結果、メーカーオプションは約16万円。

ちなみに、マイナーチェンジをしたトヨタの新型ハリアー(HARRIER)では、9.2インチ画面サイズのメーカーオプションナビが用意されているのですが、最上位のPROGRESS(プログレス)では、標準装備となっています。

新型ハリアーの純正ナビ(メーカーオプションナビ)

トヨタ ハリアー 2017

新型ハリアー(HARRIER)の上位モデルのPROGRESS(プログレス)では、純正ナビが標準装備されているので、オプション代が抑えられるのは、魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

今回の見積もりで注文したディーラーオプションは?

また、今回トヨタの新型ハリアー(HARRIER)の見積もりを貰った際、次のようなディーラーオプションを注文いたしました。

トヨタ ハリアー 2017

新型ハリアーのディーラーオプション

・ガードコスメ
75,600円
・ナンバーフレームキット
8,748円
・ターボ車専用フロアマット
42,120円
・サイドバイザー(ワイドタイプ)
26,028円
・メーカーオプションナビ用ETC2.0ユニット
44,496円
・ETC2.0セットアップ料金
2,700円
合計金額:199,692円

ガードコスメが若干高かったですが、基本的なオプションしかお願いし無かった事もあり、ディーラーオプション代は比較的抑えられました。

新型ハリアーのターボ車の見積もりを貰った感想

トヨタ ハリアー 2017

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売された新型ハリアー(HARRIER)の注目のモデルターボ車の見積もりを貰ってきたところ、このようになっていました。

今回私が貰ったターボ車の見積もりの乗り出し価格は、約471万円。

もともと新型ハリアー(HARRIER)は高級志向で、競合車・ライバル車よりも乗り出し価格が高い事は知っていましたが、ちょっと予想よりも高い印象が…。

個人的には、車体本体価格にオプション代&諸経費を含めた乗り出し価格で430万~450万程度になるのかなと予想していたので、見積もりを貰った際、ちょっとビックリとしちゃいました。

ちなみに、同じタイミングでマイナーチェンジをして新発売された新型ハリアーの競合車・競合車の一つでもある日産のエクストレイルのガソリン車の見積もりは、約345万円となっています。

新型エクストレイルの外装・エクステリア

日産 エクストレイル 2017

日産の新型エクストレイルは、メーカーオプション設定の同一車線自動運転技術のプロパイロット機能を装備して、この価格です。

新型エクストレイル(X-TRAIL)と今回新たに追加された新型ハリアーのターボ車では、搭載されているエンジンが異なります。

また、日産の新型エクストレイルは、電動ムーンルーフ(サンルーフ)を注文していないなど、メーカーオプション/ディーラーオプションも異なります。

なので、一概に比較をする事はできませんが、競合車・ライバル車の日産の人気SUVの新型エクストレイル(X-TRAIL)よりも新型ハリアーの
乗り出し価格は、思ったよりも差があるなと感じてしまいました。

また、もし日産の新型エクストレイルとトヨタの新型ハリアーのどちらを購入しようか迷っている方にとっては、この価格差はちょっと気になるのかなと思いました。

ちなみに、このターボ車のベースとなっているガソリン車では、同じPROGRESS(プログレス)でも、もう少し乗り出し価格がなっていますよ。

マイチェン後のラゲッジを確認!新型ハリアーの荷室画像レビュー
試乗レビュー速報

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives