日産ノート モード・プレミアのシートの違いを比較【2種類のデザインや座り心地を徹底チェック】

日産 ノート

ノート モード・プレミアのシート画像レビュー:デザイン編

今回オーテックジャパンが新しく発売をしたノート モード・プレミアですが、
次の2つの内装色・シートカラーを用意しています。

・グレージュ×ブラウン
・ブラック×ブラウン

そして、この2つのシートカラーによって、車内の雰囲気が全く違うように感じました。

グレーとベージュをミックスした明るいグレージュカラーのシートを選択すると、
車内全体が明るく、温かみのある内装・インテリアに…。

日産 ノート

■グレージュ×ブラウンのシート

女性が好みそうな、ちょっとレトロなヨーロッパのクルマのようなオシャレな
雰囲気の内装・インテリアになっているように感じました。

一方、ブラック×ブラウンのシートを選択すると、車内全体が引き締まった
スポーティーな雰囲気の内装・インテリアカラーになっているように感じました。


日産 ノート

■ブラック×ブラウン

元々ノート モード・プレミア(NOTE Mode Premier)は上質さ、高級感を
追求したクルマですが、ちょっとスポーティーに乗りこなしたい人は、
このブラックのシートの方がピッタリなのかなと思いました。

また、モード・プレミア(Mode Premier)には、16インチタイヤを装備した
スポーティーな乗り味を楽しめるツーリングパッケージを用意しています。
このブラックシートは、モード・プレミアのツーリングパッケージと
とても相性が良いのかなと思いました。


ノート モード・プレミアはアームレストを標準装備

また、ノート モード・プレミア(NOTE Mode Premier)のシートの
注目ポイントの一つが、アームレストが装備されている事。

このモデルのベースとなっているノーマルモデルのXグレードでは、
アームレストが用意されていませんでした。

しかし、このモード・プレミア(Mode Premier)では、上げ下げができる
可動式のアームレストを運転席に装備。


■ノート モード・プレミアのアームレスト

日産 ノート
日産 ノート

このノート モード・プレミア(NOTE Mode Premier)に搭載されている
アームレストは若干細いので、腕を置いた時のフィット感が良いとは
言えませんでしたが、運転席にアームレストが標準装備されているのは、
大満足でした。

ちなみに、モード・プレミア(Mode Premier)でも、助手席にはアームレストが
用意されていないので、ご注意を…。


ノート モード・プレミアのシート画像レビュー:座り心地編

このようなデザインになっているノート モード・プレミア(NOTE Mode Premier)の
シートですが、座り心地もノーマルモデルと異なります。

このモード・プレミア(Mode Premier)のシートに使用されている素材は、
ノーマルのXグレードに使用されているのと同じトリコットとなっています。

ただ、モード・プレミア(Mode Premier)の方は肌触りが良いスエード調の加工が
施されているため全く異なる肌触りに…。


日産 ノート

■ノーマルモデルXグレードのシート素材

日産 ノート

■モード・プレミアのシート素材

見るからに素材感が異なりますよね。

肌に触れた時の感触の良さは、このモード・プレミア(Mode Premier)の
シートの特徴&メリットの一つなのかなと思いました。


ノーマルモデルのノートとノート モード・プレミアでは、座り心地も異なる

このように使用されている素材が異なるため、ノート モード・プレミア
(NOTE Mode Premier)とノーマルモデルでは、座り心地も異なります。

今回新発売されたノートe-POWERの運転席は、低反発クッションのように
比較的しっかりとした固めの座り心地になっています。

日産 ノート

そして、ノーマルモデルのXグレードの運転席は、ハリのあるトリコット素材を
使用しているので、このクッションの固さがダイレクトに伝わってきます。

一方、ノート モード・プレミア(NOTE Mode Premier)は、ノーマルモデルの
ノート(NOTE)と同様にしっかりとしたクッション性は感じつつも、表皮に
スエード調のトリコットを使用しているため、素材の柔らかさやフカフカさを
感じる座り心地に…。


日産 ノート

サイドサポートもしっかりとしており、個人的には、ノーマルモデルのノートの
Xグレードの運転席よりもモード・プレミア(Mode Premier)の方がワンランクも
ツーランクも上。

ノート モード・プレミア(NOTE Mode Premier)のシートは、長時間運転を
していても疲れにくいサポート性能と肌触りの良さ&クッション性を
兼ね備えたとても良いデザインになっているように感じました。

日産 ノート

日産の人気コンパクトカー”ノート(NOTE)”の新たなカスタムカーとして
登場したモード・プレミア(Mode Premier)のシートは、このようなデザインに
なっていました。

このモード・プレミア(Mode Premier)では、しっとりとした滑らかな
肌触りな特徴のトリコット素材をシートのメイン部分に採用。

同じトリコット素材を使用しているノーマルモデルよりも肌触りが良く、
より快適に運転できるように感じました。

この座り心地の良くなったノート モード・プレミア(NOTE Mode Premier)の
シートは、このモデルの特徴の一つです。もしこのモード・プレミアを見る
機会がありましたら、ぜひともノーマルモデルとの座り心地・肌触りの違いを
しっかりと確認をしてみてくださいね。


試乗レビュー速報
【専用デザインの内装を徹底チェック】高級感が特徴のノート モード・プレミアのインパネ
日産ノートe-POWER NISMOの後部座席って広い?【居住性を認してきた】

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives