日産ノートモードプレミアの内装【上質感のあるインテリアを徹底チェック】

日産 ノート プレミア

日産 ノート プレミア

また、このノートモードプレミア(NOTE Mode Premier)は、外装だけではなく、内装にも専用デザインの装備を多数用意。ノーマルモデルとまったく異なる上質感を感じる内装・インテリアになっていました。そんな”モードプレミア(NOTE Mode Premier)”の内装・インテリアの様子を写真に撮ってきたので、詳しく紹介したいと思います。

日産ノートモードプレミアの内装画像レビュー:インパネ編

日産 ノート プレミア

今回オーテックジャパンから新発売されたノートモードプレミアのインパネは、このようなデザインをしています。ちなみに、こちらはノーマルモデルのメダリスト(MEDALIST)のインパネ・内装は、このようなデザインになっています。

日産 ノート プレミア

フィニッシャーのカラーに違いが…

今回新発売されたモードプレミア(Mode Premier)とノーマルモデルの基本的な内装・インパネのデザインは、同じになっています。ただ、ノートモードプレミア(NOTE Mode Premier)とノーマルモデルでは、センタークラスターやシフトレバー、パワーウィンドウスイッチ部分に
加飾(フィニッシャー)の違いが…。

ノーマルモデルのメダリスト(MEDALIST)では、落ち着いた感じのブラウンの加飾(フィニッシャー)を採用。落ち着いた雰囲気の内装・インテリアになっているように感じました。

日産 ノート プレミア
日産 ノート プレミア

一方、今回新発売されたノートモードプレミア(NOTE Mode Premier)では、メダリスト(MEDALIST)よりも明るいシルバーのフィニッシャーを採用。

日産 ノート プレミア
日産 ノート プレミア

シルバーのアクセントカラーを採用しているノートモードプレミアのインパネは、ノーマルモデルよりもコントラストがハッキリとしており、
よりインパクトのあるデザインになっているように感じました。

アクアなど競合車に劣るラゲッジの広さは欠点!?ノートe-POWERのラゲッジサイズを確認

ハンドル・ステアリングホイールも専用デザインに…

また、ハンドル・ステアリングホイールのデザインもノーマルモデルとノートモードプレミア(NOTE Mode Premier)で、異なります。モード プレミア(Mode Premier)のハンドル・ステアリングホイールは、このようにブラウンのステッチを施した本革巻きのものを採用。

日産 ノート プレミア
無題

ノーマルモデルと異なり、ハンドル・ステアリングホイールの下部のデザインが、シートやドア内側パネルにマッチしたダークブラウンカラーになっているのが、印象的でした。

【ノーマル車との違いはあった?】日産ノートe-POWERニスモの収納スペースを確認

ドア内側パネルも専用デザインを採用

ノートモードプレミア(NOTE Mode Premier)とノーマルモデルでは、ドア内側パネルのデザインも異なります。今回新発売されたモード プレミア(Mode Premier)のドア内側パネルは、このようなデザインになっています。

日産 ノート プレミア

モード プレミア(Mode Premier)の内側パネルのトリム部分は、シートやハンドル・ステアリングホイールのカラーにマッチしたブラウンカラーを採用。メダリスト(MEDALIST)などと比較すると、落ち着いた雰囲気のデザインになっているように感じました。このドア内側パネルのデザインの違いも注目ポイントの一つですよ。

日産ノートモードプレミアの内装画像レビュー:シート編

今回新発売されたノートモードプレミア(NOTE Mode Premier)の注目ポイントの一つが、シートの素材とデザイン。このモード プレミア(Mode Premier)では、このように温かみのある“グレージュ×ブラウン”と、シックな雰囲気の内装・インテリアになる“ブラック/ブラウン”の2種類のシートを用意しています。

■グレージュ×ブラウンのシート

日産 ノート プレミア

■ブラック/ブラウンのシート

日産 ノート プレミア

シートのカラーによって、車内の雰囲気が異なりますよね。ブラックの方のシートはシックな雰囲気になっている反面、車内に乗りこんでみると、若干圧迫感を感じるデザインに…。一方、グレードとベージュの中間色になっているグレージュカラーのシートは、車内の開放感を感じるデザインになっていましたが、シートの汚れがちょっと気になるのかなと思いました。

シート素材も注目

また、今回ノートモードプレミア(NOTE Mode Premier)のシートに採用されている素材も注目ポイントの一つ。今回このモード プレミア(Mode Premier)では、肌あたりが柔らかいトリコット素材を採用。

日産 ノート プレミア

このトリコット素材を採用したモード プレミア(Mode Premier)のシートは、クッション性が良く、ノーマルモデルと比較して座った時にクッションの柔らかさを感じる座り心地に…。

ノートモードプレミア(NOTE Mode Premier)のトリコット素材のシートは、肌触りが良く、柔らかな座り心地が好む人には、ピッタリのシートなのかなと思いました。

日産 ノート プレミア

今回オーテックジャパンから新発売されたノートモードプレミアの内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。ノーマルモデルと比較すると、上質感のある内装・インテリアに…。特にシートの座り心地&デザインには、違いがありました。

ノーマルモデルよりも上質感・高級感のあるオシャレなデザインのクルマに乗りたい方は、ノートモードプレミア(NOTE Mode Premier)は
ピッタリなのかなと思いました。

もしこのモード プレミア(Mode Premier)が気になる方は、オシャレ感が漂うこのクルマの内装・インテリアをぜひともご自分の目でしっかりと確認をしてみてくださいね。

【実車画像で2台のモデルを徹底解剖】日産ノートe-POWER NISMOと標準モデルの内装の違いは?
試乗レビュー速報

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives