マツダ CX-8 XD L Package外装画像レビュー【標準車とのデザインの違いをチェック!】

マツダ CX-8 XD L Package

フロントマスク画像

マツダ CX-8 XD L Package

CX-8のフロントマスクは、他のマツダのモデル同様に鼓動デザインをもとに作られています。

フロントマスクの一番の特徴は、5角形のグリルです。このグリルは他のマツダと同じ形状のデザインで一目見てマツダの車!と分かるような統一されたデザインです。

グリル内部は横基調の6本のルーバーで構成されており、グリル周囲のメッキはヘッドランプに結びつくデザインとなっています。ヘッドランプとグリルが一体化されているような見た目です。

マツダ CX-8 XD L Package 2018

ヘッドランプのデザインは非常にシャープです。同じくマツダのアテンザはもう少し上下の幅が広い優しい目つきになっていますが、CX-8はCX-5と同様にかなり細い目つきとなっています。かなり悪そうなというかかっこいい感じがする見た目ですね。

ヘッドランプはLEDとなっており、ハイビーム/ロービームを単眼で照射するバイビーム方式となります。

XD L Package、XD PROACTIVEにはシグネチャーLEDランプが装備されます。これはアイラインのようなもので、夜間などに目元がさらにかっこよく見えるアイテムです。

なお4WDモデルには標準でヘッドランプウォッシャーが装備され、ヘッドランプについた泥汚れなどを瞬時に取り除くことが出来ます。オフロード走行時に役に立ちそうですね。

XD L PackageにはLEDフロントフォグランプが装備されますが、かなり小型のランプなので見た目も非常にすっきりしています。フロントマスクのデザインを崩すことのない控えめな作りにもなっています。

フロントバンパー下部にはアンダースポイラーのような形状になっており、この部分はブラック塗装されます。オフロードぽいイメージを作るのに役になっていると思います。

マツダ CX-8 XD L Package試乗レビュー①【試乗して感じた良かった点・欠点をご紹介】

サイド画像

CX-8のサイドデザインもマツダの鼓動デザインから作られています。

同じくSUVモデルのCX-5よりも全長があるせいか、見た目もかなり伸びやかな印象です。しかし全長が長いからといって間延びしたデザインにはなっていなく、フロントからリアまでうまくつながったデザインとなっています。

マツダ CX-8 XD L Package

サイドの下部はフロント同様サイドエアダムのようなデザインのブラック塗装されたパーツが装備され、XD L Packageにはブライトと呼ばれる明るい見た目のサイドガーニッシュが付きます。

他のグレードのサイドガーニッシュは、ブラック塗装となります。

XD L Packageにはシルバーのルーフレールが装備されます。何か物を積むか積まないかはおいといて、見た目のカッコよさにおいてはプラスとなる装備でしょう。

サイドウインドウの周囲にはシルバーモールが施されます。このモールがあるとかなり高級感が溢れる見た目になりますね。

高級車にはメッキやシルバーが必須と思う筆者は少し古いのかもしれませんが。

マツダ CX-8 XD L Package 2018

CX-8のドアハンドルはボディ同色のグリップタイプとなります。LEDドアミラーウインカー内蔵のドアミラーも、ドアハンドル同様にボディ同色となります。

マツダ CX-8 XD L Package 2018
マツダ CX-8 XD L Package 2018

ホイールアーチは前後とも、ブラックで縁取りされた形状となり、SUVらしさを強調するデザインとなっています。

XD L PackageとXD PROACTIVEが履くアルミホイールはなんと19インチとなります。国産SUVで19インチという大径のホイールを履くモデルはなかなかないと思いますが、タイヤ交換時の費用が気になるところです。

リア画像

マツダ CX-8 XD L Package 2018

リアの見た目に関しても、今のマツダらしいデザインとなっており、後方から見てもフロントマスク同様一目でマツダと分かるデザインですね。

マツダ CX-8 XD L Package 2018

リアのコンビネーションランプはLEDとなり、夜間や悪天候でも見やすい作りとなっています。さらに悪天候で役に立ちそうなリアフォグランプは4WDモデルに装備されます。

ただしリアフォグランプはかなり光量があるので、天候が悪い時以外の使用は控えるようにしましょう。後ろを走る車の運転手に対して迷惑となりますので。

左右のリアコンビランプはメッキガーニッシュで結ばれる形となっており、見た目のアクセントともなっていますね。

CX-8にはルーフスポイラーが装備されますが、Dピラーから包み込むようなデザインとなっています。ルーフスポイラーにはハイマウントストップランプも装備されます。

最近はあえてマフラーを隠して見えないようにするデザインが主流ともなっていますが、CX-8の場合、左右に1本ずつマフラーカッターが装備されます。

左右出しのマフラーですが、CX-8のエンジンは4気筒ですので念のため。

まとめ

全体的な見た目に関しては、同じくマツダのSUVモデルのCX-5と似ている感じのデザインですが、CX-8はより大きくより伸びやかで立派な見た目になっています。
アメリカではさらに大きなCX-9がありますが、日本では一番大きなマツダのモデル。マツダのフラッグシップといっても問題はないでしょう。
2018年現在では、鼓動デザインの最新バージョンはこのCX-8ということになりますね。

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives