マツダ CX-8 XD L Package内装レビュー②【後部座席の広さ&機能性をチェック!】

マツダ CX-8 XD L Package

後部座席の広さ&機能性はどう?

マツダ CX-8 XD L Package 2018

XD L Packageは6人乗りのみとなりますので、2列目は独立したタイプのキャプテンシートとなります。

マツダ CX-8 XD L Package 2018
マツダ CX-8 XD L Packageで車中泊はできる!?【広さ、寝心地はどう?】

XDグレードと比較すると、XD L Packageにはアームレスト付きの大型コンソールボックスがあります。ドリンクホルダーもついており、高級感ある作りと見た目となっていますが、コンソールボックスがあるので、3列目にウォークスルーは出来ない構造です。

3列目と2列目の間を頻繁に行き来するようなシチュエーションを考えている方や、7人乗りが欲しい方はXD L Package以外を選択した方がいいでしょう。

2列目のシートには他の高級ミニバンで見られるようなオットマンなどはありません。

シートベルトもシート内蔵式ではないので、リクライニングさせゆったりと移動するといった使い方には向いていません。

あくまでも優等生な姿勢で目的地まで移動しましょうという、マツダの考えが伝わってきますね。

ミニバン的というよりも、SUV的な感じのする2列目です。

マツダ CX-8 XD L Package 2018

3列目は2人掛けです。狭いかと思いきや意外と足元は余裕があります。2列目を一番後ろにした状態でも膝が前席のシートバックに当たることはなく、2列目を少し前に出せば足元はかなり余裕があります。さすが4.9メーター級のボディサイズの持ち主です。

ただし、頭上空間は少し物足りない感じです。170cmの筆者が座ると、ぎりぎり頭が天井につくかつかないかです。

しかしSUVの3列目としてはかなり立派で、下手なミニバンと比較してももちろん他の3列シートSUVと比較しても負けていない広さです。

3列目の問題がありとするなら、それは乗降性についてで、2列目を前へ出し降りようとしても、腰をかなりかがめないといけないので、年配の方の乗車はあまりオススメできないかもしれないですね。

Cピラーや2列目のルーフにアシストグリップなどあれば降りやすくなると思うので、是非検討していただけることを願います。

快適装備&シートアレンジはどう?

マツダ CX-8 XD L Package 2018

CX-8はSUVですが、シートアレンジはミニバンにもまけていません。

2列目、3列目を前方に倒すと、大人が横になれるくらいのスペースがあります。

2列目のシートはリクライングさせることが出来、ゆったりと過ごすことが出来ます。ただし走行中は危ないですので、思い切りシートを倒すのは停車中のみということでお願いします。

XD L Packageには2列目にもシートヒーターが装備されます。シートヒーターの操作スイッチは2列目のコンソールボックスの前方にあり、温度は3段階で調整可能です。

マツダ CX-8 XD L Package 2018

運転席助手席以外でシートヒーターがつくSUVはなかなかないと思いますので、これはかなりのアピールポイントですね。

シートヒーター以外にも、快適に過ごすためのアイテムがCX-8にはあります。

マツダ CX-8 XD L Package 2018

CX-8には後部座席用のエアコンユニットがあり、温度を指定してしまえばあとはオートで快適な空調を作り出すことが可能です。

後部座席用のエアコンはミニバンでよく見られますが、車内空間が広いCX-8にも必要だということでしょうかね。

XD L Packageには左右リアウインドにサンシェードが標準装備されます。ロールタイプなので、必要ではない時は簡単に収納することが出来ます。
後部座席の収納についてですが、2列目のコンソールボックスには2つのドリンクホルダー、左右ドアポケットにボトルホルダーがあります。3列目にもボトルホルダーと小物入れがありますので、乗員分の飲み物に関しては困ることは無さそうですね。

ただ、ボトルホルダーと呼ばれている場所には、蓋つきの飲み物以外は置かない方がいいでしょう。
こぼれて、周りを汚してしまう可能性があります。

マツダ CX-8 XD L Package 2018

2列目のコンソールボックスには収納以外にも、充電用USB端子が二つ用意されており、スマートフォンなどの充電に困ることは無さそうです。

まとめ

ミニバンのように広い車内空間ですが、頭上空間などはミニバンほど無駄に広いわけでなく、大型SUVといった呼び方がしっくりくるのではないかと思いました。
しかし2列目も3列目もミニバンと比較しても負けないような快適な空間で、大人6人で長時間移動も苦ではない気がします。

収納というよりもシートヒーターやUSB電源など、快適な装備が目立つのもミニバンというよりもSUVらしい感じがしました。
多人数乗車可能なSUVの中では一番快適に過ごせそうな車、それがCX-8だと思います。

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives