”新車価格4,000万円以上が中古では数百万円から” BENTLEY Arnage(ベントレー アルナージ) 1999年式

約20年前の車だが古臭さを感じるか?

ベントレー

ベントレーのデザインは元来超高級車の王道をいくデザインであり、それほど大きくかわっていません。実質的にこのアルナージの後継となるのは2010年に発売されたミュルザンヌですが、この2車種を比較しても圧倒的にアルナージに古さを感じることはありません。

そもそもどちらの車も単独ですら街中で見かけること自体がレアですから。また、逆に言えばわずか8年前まで現行型となるデザインだったわけです。

なぜアルナージ 1999年式なのか?

ベントレー

実は1999年式という点にこそこだわりが存在し、アルナージは、それ以前とそれ以降で大きく異なります。前者には高性能・高信頼性・低燃費なBMW製4.4LV8ツインターボエンジンが搭載されており、後者には前モデルから引き続きとなる設計の古い(よく言えば伝統的)6.75LのOHVターボエンジンが搭載されているのです。この2つのエンジンを比較すると後者が性能・信頼性共に比較にならないほどのレベルだと感じます。

では、なぜベントレーはわざわざ古いエンジンを引っ張りだす羽目になったのか?その理由は、この年ベントレーとロールスロイスがVWグループとBMWにそれぞれ買収されたことにあります。VWグループ傘下となったベントレーに、競合先であるBMWのエンジンを積み続けるわけにはいかなくなったからに他なりません。

VWグループは2001年に登場するシリーズ2からは、すぐさま自社開発の最新エンジンに載せ換えています。それでもBMW製のエンジンとほぼ同性能といったところです。

BMW製エンジン搭載のアルナージは、1998年~2000年までのわずかな期間しか製造されていないため非常に希少性が高いのです。もちろんシリーズ2もお勧めですが、2000年以前のモデルに比べると割高に感じてしまいます。

ベントレー アルナージの魅力

アルナージの魅力について、端的にポイントをまとめてみました。

・なんといっても新車価格4000万円オーバーの豪華な作りこみ
・豪華なピクニックセットを備えた個体まであり
・ヘッドライトのレンズカバーが1999年までガラス製(以降はアクリル製に変更 もちろんアクリルは経年劣化します。)
・内装のウッドパネルはもはや芸術品の域

なんといっても貴族の乗り物、優雅で他のすべての交通が下品に映ってしまうほどです。しかし、優雅に流すだけではありません。ひとたび本気になれば、スポーツカーも真っ青な速さを披露することも可能です。ぜひ英国貴族の世界観を味わってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives