【画像で解説】トヨタ エスティマ プレミアムの内装はどんな感じだった?

トヨタ エスティマ 2016

エスティマ プレミアム内装画像レビュー1:インパネ編

今回ビッグマイナーチェンジをしたエスティマ(ESTIMA)の人気モデル”アエラス プレミアム”の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

トヨタ エスティマ 2016

このアエラス プレミアムの内装・インパネはブラックがベースの比較的シンプルなデザインを採用。

ちなみに、こちらは一つ上のグレードの”アエラス プレミアムスマート”のホワイトの内装・インパネ。

トヨタ エスティマ 2016

雰囲気が全く異なりますよね。

私はこの2つのカラーのインパネを実際に見る事ができたのですが、見た目のファッション性・スタイリッシュさは、プレミアムスマートの方が
良い気がしました。ただ、長年使った際の汚れや黒ズミ、また、飽きの来ないデザインと言う事を考えると、ホワイトよりも新型エスティマのアエラス プレミアムなどに使用されれているブラックの内装・インパネの方が良いのかなと思いました。

プレミアムのインパネは他のグレードと違いはある?

今回ビッグマイナーチェンジをして新発売されたエスティマ(ESTIMA)の“アエラス プレミアム”は、このようにブラックのインパネを採用していました。

しかし、1つ上のグレード”アエラス プレミアムスマート”のベージュの内装色や、ベースモデルの”アエラス”を選択した時もブラックの内装・インパネになっております。

■アエラス プレミアムスマート(ベージュ)の内装・インパネ

トヨタ エスティマ 2016

■アエラス ベースモデルの内装・インパネ

トヨタ エスティマ 2016

そこで気になるのは、一番人気のエスティマ(ESTIMA)の“アエラスプレミアム”と他のグレードのブラックのインパネには、違いがあるのかと言う事ですよね。

一見すると、アエラス プレミアムと他のグレードのブラックのインパネは似ており、私が見た限りでは違いはなそうでした。ただ、細かな点で違いがあるのか気になったので、ディーラーさんに念のために確認してみました。

ただ、確認をしたディーラーさんの話によると、残念ながら今回マイナーチェンジをして新発売された新型エスティマの”アエラス プレミアム”とプレミアム スマート/アエラスのブラックのインパネのデザインに違いは全くないようです。

トヨタ エスティマ 2016

これにはとょっとガッカリ・・・。個人的にはグレードによって、若干の違いを作っても良かったのかなと思いました。


ドア内側パネルのデザインは異なる

ブラックのインパネのデザインは他のグレードと同じだったエスティマの“アエラス プレミアム”ですが、フロントシート横のドア内側パネルのデザインは、他のグレードと異なりました。

エスティマ(ESTIMA)の”アエラス プレミアム”のドア内側パネルのデザインは、このようになっています。


トヨタ エスティマ 2016

注目のポイントは、ドアアームレスト部分のカラー。

エスティマ(ESTIMA)では、グレードによってドアアームレスト部分のカラーやデザインが異なります。

例えば、最上位モデルの”アエラス プレミアムG”では木目調のデザインを採用。また、”アエラス プレミアムスマート”では高級感のあるピアノブラック調のパネルを採用。しかし、この”アエラス プレミアム”では、このように高輝度シルバーのデザインを採用。

トヨタ エスティマ 2016
トヨタ エスティマ 2016

ブラックの内装・インパネのデザインの中でこのシルバーのドアアームレストはワンポイントのアクセントカラーになっていて、とても良いと思いました。

このようにエスティマ(ESTIMA)は、グレードによってドアアームレストのデザインが異なるので、要注目ですよ。

エスティマ プレミアム内装画像レビュー2:シート編

エスティマの“アエラス プレミアム”は、他のグレードとシートデザインも異なります。

”アエラス プレミアム”のシートは、このような感じ。

■フロントシート


トヨタ エスティマ 2016

■2列目シート

トヨタ エスティマ 2016

■3列目シート

トヨタ エスティマ 2016

ちなみに、こちらはエスティマ(ESTIMA)の一つ上のグレードの“アエラス プレミアムスマート”のシート。

トヨタ エスティマ 2016

アエラス プレミアムスマートのホワイトのシートと比べると、プレミアムのブラックのシートは、シックで落ち着きのあるデザインになっているように感じました。

また、一つ上のグレード”アエラス プレミアムスマート”のシートでは、合成レザーが使用されていたのに対し、この”アエラスプレミアム”では、サイドの部分が合成レザー、そして、シート中央部分がファブリック素材(トリコット)のコンビシートを採用。

トヨタ エスティマ 2016
トヨタ エスティマ 2016

実際に試乗した際にこの”アエラス プレミアム”の運転席に座らせて貰ったのですが、座り心地も思ったよりも良い感じ。

このエスティマ(ESTIMA)のアエラス プレミアムのシート表面は、ポツポツと穴が開いており、サラサラとした肌触り・座り心地が好印象でした。

また、個人的にこのアエラス プレミアムのシートで良いと思ったのは、サイドのステッチのデザイン。

このグレードでは、ちょっとゴージャス感のあるゴールドのステッチを採用。

トヨタ エスティマ 2016
トヨタ エスティマ 2016

ブラックが基調になっていてシックな印象のあるエスティマ(ESTIMA)のアエラス プレミアムの内装・インテリアにマッチしているこのゴールのステッチは、とても良いと思いました。

また、安っぽさの無いこのアエラス プレミアムのシートデザインは、とても良いように感じました。

トヨタ エスティマ 2016

2016年6月にビッグマイナーチェンジをしたエスティマ(ESTIMA)の人気グレード”アエラス プレミアム”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

このアエラス プレミアムの内装・インテリアはブラックを基調にしており、かなり落ち着いた雰囲気に・・・。また、このグレードは、下から2番目のモデルですが、見た目や質感に安っぽさ・シンプルさが無いのも好印象でした。

実際に見て、このエスティマ(ESTIMA)のアエラス プレミアムはこのクルマに相応しいデザイン性と装備を備えてるなと思いました。このグレードが人気なんのも納得でした^^

もしこのエスティマ(ESTIMA)の一番人気グレード”アエラス プレミアム”が気になる方は、ぜひともご自分の目で確認してみてくださいね。

ちなみに、エスティマの最上位モデル”プレミアムG”やホワイトが特徴の”プレミアムスマート”の内装・インテリアは、コチラから

今回紹介したアエラス プレミアムと全く内装・インテリアの雰囲気は、まったく異なるので、もし良かったら確認してみてくださいね。

画像 試乗レビュー速報
サイズ・使い勝手はどう?エスティマの床下収納の画像レビュー
現行モデルになってから10年?!なぜエスティマはフルモデルチェンジしないのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives