トヨタ86 KOUKI インパネ・内装画像レビュー【改良が施された装備とは?】

トヨタ 86 KOUKI 2016

トヨタ86のインパネ画像インプレッション

86の内装・インパネのデザインは、このようになっています。

■インパネ全体

トヨタ 86 KOUKI 2016

■運転席側

トヨタ 86 KOUKI 2016

■インパネ中央

トヨタ 86 KOUKI 2016
トヨタ 86 KOUKI 2016

■助手席側

トヨタ 86 KOUKI 2016
トヨタ 86 KOUKI 2016

86(ハチロク)の中間モデル”GTグレード”。なので、助手席側のインパネに採用されているインストルメントパネルは、先代モデルと同様のカーボン調デザインを採用。

トヨタ 86 KOUKI 2016

86のロゴが入りのスウェード調表皮を採用している上位モデルの“GTリミテッド”には質感の高さで劣りますが、意外と目立つカーボン調のデザイン”を採用しているGTグレード”もなかなか良いなと思いました。

センターコンソールはデザインも機能性も充実

また、86(ハチロク)のセンターコンソールは、このようなデザインをしています。

トヨタ 86 KOUKI 2016

センターコンソールには、手動式のサイドブレーキやシフトレバーを装備。また、シフトブーツやサイドブレーキにホワイトのステッチが採用されていました。

トヨタ 86 KOUKI 2016

ブラックのインパネ・内装なので、このホワイトステッチが印象的。シフトレバーやサイドブレーキに採用されているホワイトステッチがアクセントカラーになっていて、とても良いと思いました。また、シフトレバーやサイドブレーキの後ろには、ドリンクホルダー付きのトレーを用意。

トヨタ 86 KOUKI 2016

このドリンクホルダーは取り外しが可能になっており、大型トレーとしても使うことができます。

トヨタ 86 KOUKI 2016

また、86(ハチロク)の脱着可能なドリンクホルダーは、前後に移動することも可能です。

このクルマは収納スペースが少ないので、このようにドライバーの好みによって、センターコンソールトレーの使い勝手をカスタマイズできるのは、とても良いと思いました。





エアコンのコントローラーは使い勝手が抜群

また、実際に86(ハチロク)の内装・インパネを見て良いと思ったのは、エアコンのコントローラー(空調パネル)のデザイン。

このモデルのエアコンのコントローラーは、このようなデザインのフルオートエアコンを採用。

トヨタ 86 KOUKI 2016

そして、エンジンを立ち上げると、液晶パネルにこのように表示されます。

トヨタ 86 KOUKI 2016

この86(ハチロク)のフルオートエアコンは、左右独立して温度調整ができるようになっているが良いですよね。

また、このエアコンのコントローラーで私が良いと思ったのは、操作のしやすさ。

ご覧の通りこのクルマの空調パネルは3つの大きなダイヤルを備えているのですが、各ダイヤルが独立しているので、運転中も操作がしやすい。

トヨタ 86 KOUKI 2016

また、この3つの大きなダイヤルの下に装備されているスイッチも凹凸感があり、指の引っ掛かりが良く、操作しやすいのも好印象でした。

トヨタ 86 KOUKI 2016

スポーツカーらしく見た目はシンプルな86(ハチロク)の空調パネルですが、操作感や使い勝手はとても良いように感じました。

トヨタ86のインパネ 改良したパーツ・装備とは?

このようなデザインにの内装・インテリアになっていたトヨタの86(ハチロク)ですが、大々的に改良された装備・パーツもありました。大幅に改良されたパーツ・装備を紹介したいと思います。

装備その1:ステアリングホイール

86(ハチロク)のビックマイナーチェンジで改良された装備の一つが、ステアリングホイール・ハンドル。86(ハチロク)のハンドルは、このようなデザインになっていました。

トヨタ 86 KOUKI 2016
トヨタ 86 KOUKI 2016

中央に装備されているシルバーの86エンブレムがオシャレですよね。また86(ハチロク)のハンドルの左右には、マルチインフォメーションディスプレイとオーディオのステアリングスイッチが装備。

トヨタ 86 KOUKI 2016
トヨタ 86 KOUKI 2016

このクルマのハンドル・ステアリングホイールは、使い勝手も見た目の印象も使い勝手もかなり変わったように感じました。

ハンドルのサイズが小さくなった

このようにデザインが変わった事も注目ポイントの一つなのですが、実際にこのクルマを見て驚いたのは、ハンドル・ステアリングホイールのサイズ。先代モデルのハンドルの直径は365mmだったのに対し、86(ハチロク)は362mmと一回り小さなサイズに・・・。

トヨタ 86 KOUKI 2016

また、サイズを小さくしただけでは無く、ハンドルフィーリングを良くするためにハンドルを軽くしたようです。

ディーラーさんの話によると、見た目ではサイズの違いに気が付きにくいですが、実際に運転してみると先代との違いが分かるレベルになっているみたい。これはかなり楽しみですよね。

またそれ以外にも、ハンドルを握った時のグリップ感を改善するため、本革巻きのステアリングホイールの表皮の素材も見直しているようです。

トヨタ 86 KOUKI 2016

そのおかげもあり、新型86(ハチロク)のハンドルは手にピタっとフィットする感じが・・・。この滑りにくい握り心地は、とても良かったです。

一回り小さくなって使い勝手が良くなった86(ハチロク)のハンドル・ステアリングホイールも注目ポイントの一つかなと思いました。

装備その2:シフトレバー

また、86(ハチロク)は、シフトレバー部分にも変更・改良が行われました。

こちらはマニュアル車のシフトレバーですが、基本的なデザインは先代モデルと全く一緒。


トヨタ 86 KOUKI 2016
トヨタ 86 KOUKI 2016

ただ、このモデルでは、シフトレバーの右下に装備されているスイッチ名が新しい名前&デザインに・・・。

トヨタ 86 KOUKI 2016

先代モデルでは”スポーツモード”となっていたVSCのスポーツ走行モードですが、”トラックモード”に改名。また、改名に伴いVSCの制御や介入のタイミング、作動フィーリングも大幅に改善され、レスポンスや操舵性が良くなったようです。

ディーラーさんの話によると、このトラックモードの走破性もかなり期待して貰って良いとの事。

もしトヨタの86(ハチロク)を試乗する機会がある方は、ぜひともこの”スポーツモード”改め”トラックモード”も試してみてくださいね。

トヨタ 86 KOUKI 2016

86(ハチロク)の内装・インパネは、このようになっていました。

基本的なデザインに大きな違いは無かったものの、ハンドルのサイズやトラックモードなど様々な面で改良されていました。また、先代モデルよりも内装・インパネの質感が良くなった事も好印象でした。

先代モデルでは内装・インパネのデザインに関して不満の声が上がっていたようですが、今回の新型86(ハチロク)ではこの欠点・デメリットをしっかりと解消したように感じました。

もしこれからこのモデルを試乗する際は、質感が良くなった内装・インパネもしっかりと確認してみてくださいね。

画像 試乗レビュー速報
受け継がれた"86"という名前。トヨタ86とAE86に共通点はあるのか?
AE86やロードスターなど…"ドライバーを育てる車"の特徴とは?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives