レヴォーグSTIのインパネ画像【専用の赤いデザインを見た感想は?】

レヴォーグSTIスポーツのインパネ画像レビュー

スバル レヴォーグSTI 2016

レヴォーグSTIスポーツ(Levorg STI Sport)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

スバル レヴォーグSTI 2016
スバル レヴォーグSTI 2016

インパネ中央部分のボルドーカラーの部分がオシャレですよね。

助手席側のインパネには、高級感のあるピアノブラック調のパネルも採用されており、上品なデザインになっているように感じました。

スバル レヴォーグSTI 2016

また、マルチファンクションディスプレイのフード部分の赤いステッチも意外とインパクトが・・・。

スバル レヴォーグSTI 2016

1.6GTなど他のグレードと内装・インパネの雰囲気は異なりますが、レヴォーグSTIスポーツ(Levorg STI Sport)の大人っぽいデザインもなかなか良いように感じました。

そして、レヴォーグSTIスポーツ(Levorg STI Sport)には、他のグレードと異なる専用デザインの装備や機能が数多く装備されています。

そんな”STIスポーツ(STI Sport)”の専用の機能や装備を紹介したいと思います。

【試乗して分かった!】スバル レヴォーグの内装の3つの欠点とは?

注目の装備1:ハンドル・ステアリングホイール

レヴォーグSTIスポーツ(Levorg STI Sport)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインになっています。

スバル レヴォーグSTI 2016

ちなみに、こちらは1.6GT-Sのハンドル・ステアリングホイール。

スバル レヴォーグSTI 2016

レヴォーグSTIスポーツ(Levorg STI Sport)も1.6GT-Sなど他のグレードと同様にしたの部分が垂直になっているDシェイプホイールを採用しているのは、共通。

ただ、今回”STIスポーツ(STI Sport)”は内装・インテリアのカラーにマッチした、赤いステッチを採用。

スバル レヴォーグSTI 2016

ステッチが赤くなるだけで、ハンドル・ステアリングホイールの印象がずいぶん変わりますよね。よりスポーティなデザインのハンドルになっているように感じました。

また、レヴォーグSTIスポーツ(Levorg STI Sport)は他のグレードと同様に3本スポークのハンドルを採用しているのですが、下のスポークには“STI”の専用のエンブレム(ロゴ)を刻印。

スバル レヴォーグSTI 2016

このようなエンブレムを見るだけで、ちょっとテンションが上がっちゃいますよね。

”STIスポーツ(STI Sport)”には、メーターなどにもエンブレムがあしらわれていますが、優越感・満足感にひたれるこの専用デザインは、とても良いように感じました。

STIスポーツのハンドルにはどのようなスイッチや機能がある?

また、レヴォーグSTIスポーツ(Levorg STI Sport)のハンドル・ステアリングホイールには、他のグレードと同様に様々な機能やスイッチなどが装備されています。

ハンドルの左右の付け根には、このようにパドルシフトを標準装備。

スバル レヴォーグSTI 2016
スバル レヴォーグSTI 2016
スバル レヴォーグSTI 2016

また、ハンドルの右側には、クルーズコントロールの設定スイッチを装備。

スバル レヴォーグSTI 2016

また、クルーズコントロール(クルコン)の設定スイッチの下には、スイッチ一つでエンジンの回転数やドライビングフィールを切り替える事ができるSi-DRIVE(SIドライブ)機能を装備。

残念ながらレヴォーグSTIスポーツ専用のスイッチや機能はありませんでしたが、パドルシフトやSi-DRIVE(SIドライブ)機能など使い勝手が良い装備がこのグレードにもしっかりと装備されている事にホッとしました。

STIスポーツのハンドルの欠点はグリップ感!?

また、レヴォーグSTIスポーツ(Levorg STI Sport)のハンドル・ステアリングホイールで少し気になったのは、グリップ感。

この”STIスポーツ(STI Sport)”のハンドルは本革を採用しているのですが、サラサラとした握り心地の高触感タイプを採用。実際にハンドルを握ってみると思ったよりもサラサラとしており、ちょっと滑りそうな感じが・・・。

スバル レヴォーグSTI 2016

個人的にはもう少し手にピッタリとフィットする感じのグリップ感が好みなので、このサラサラとした握り心地のレヴォーグSTIスポーツのハンドルは、少し残念でした。

本当に広い!?レヴォーグの開口部&荷室サイズを確認してみた

注目の装備2:シフトレバー

また、レヴォーグSTIスポーツ(Levorg STI Sport)の内装・インパネの注目の装備の一つが、シフトレバー。

今回新しく追加された”STIスポーツ(STI Sport)”のシフトレバーのデザインは、他のグレードと異なります。

こちらは今回発売された”STIスポーツ(STI Sport)”のシフトレバー。

スバル レヴォーグSTI 2016
スバル レヴォーグSTI 2016

シフトブーツと握る部分に赤いステッチを採用。赤いステッチがワンポイントになっていて、オシャレですよね。

一方、こちらは1.6GT-Sのシフトレバーのデザイン。

スバル レヴォーグSTI 2016

このレヴォーグ/レボーグ(LEVORG)の1.6GT-Sのシフトレバーは、“STIスポーツ(STI Sport)”と異なり、ブルーのステッチを採用。

スバル レヴォーグSTI 2016

シフトブーツにもブルーのステッチが採用されており、”STIスポーツ”よりもクールでスタイリッシュな雰囲気のシフトレバーになっているように感じました。

ステッチのカラー以外にも違いが・・・

シフトレバーのステッチのカラーの違いは一目見ればスグに気付くのでそれ程驚かなかったのですが、レヴォーグSTIスポーツと他のグレードには、ステッチ以外にも違いが・・・。

それはシフトレバーの加飾。

1.6GT-SなどレヴォーグSTIスポーツ(Levorg STI Sport)以外のシフトレバーには、このようにシルバーの加飾パネルが採用されています。


スバル レヴォーグSTI 2016

しかし、”STIスポーツ(STI Sport)”には、このようにインパネにマッチした高級感のあるピアノブラック調のパネルをシフトレバーに採用。

スバル レヴォーグSTI 2016

そのため、”STIスポーツ(STI Sport)”のシフトレバーの方が大人っぽい落ち着いた雰囲気になった感じが・・・。個人的には高級感・上級感が増した“STIスポーツ(STI Sport)”のシフトレバーの方が、良いと思いました。

スバル レヴォーグSTI 2016

2016年7月にレヴォーグSTIスポーツ(Levorg STI Sport)の内装・インパネは、このようなデザインになっていました。

この”STIスポーツ(STI Sport)”の内装・インパネは、スポーティーさと大人っぽさを兼ね備えたとても良いデザインになっているように感じました。

また、ハンドルやシフトレバー、マルチファンクションディスプレイなど至るところに使用されている赤いステッチが良いアクセントカラーになっているなと感じました。

もしこれからレヴォーグSTIスポーツ(Levorg STI Sport)の試乗に行く際は、専用デザインのハンドルやシフトレバーにも注目をしてみてくださいね。専用ロゴなど実際に見てみると、感動すると思いますよ^^

初代「レガシィ」を継承する「レヴォーグ」
画像 試乗レビュー速報

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives