車内をとても快適にするおすすめカー用品・便利グッズ15選!自動車のプロが厳選!

塚田勝弘のおすすめカー用品の快適グッズはこれだ!

塚田勝弘のおすすめ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどを展開している。

1.スタンドアローン型 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー JVCケンウッド DRV-MR740、DRV-MP740

JVCケンウッド DRV-MR740、DRV-MP740

ケンウッド初の独立型前後2カメラモデル。

社会問題化している「あおり運転」に備え、ドライブレコーダーの導入を考えている方も多いだろう。GfKジャパンによると、2017年のドライブレコーダー販売台数は、前年比38%増の109万台で、2013年の30万台弱から3倍以上、4倍近い伸びを示している。

5,000円を切るような格安モデルから1万円前後の中価格帯モデル、2万円以上の高級価格帯に大別できるが、「万一に備える」という本来の役割に加えて、運転支援機能などの付加価値を求めて高級価格帯モデルが売れている。なお、GfKジャパンによると、2017年の平均価格は1万4,000円だそうだ。

高級価格帯を代表するメーカーであるJVCケンウッドでは、2016年度、2017年度の2年連続でドライブレコーダー販売数量1位を獲得。

同社の最新モデルの「DRV-MR740」は、スタンドアローン型の前後撮影対応2カメラドライブレコーダーで、後方からのあおり運転にも対応する。フロントカメラは、非常にすっきりとしたデザインと小型設計が印象的。ルームミラーの奥に設置できるため、視界を妨げないのがうれしい。

前後カメラともにフルハイビジョンを採用するのはもちろん、F1.8という明るいレンズにより鮮明な映像が残せるのは心強い。映像は鮮明なだけでなく、人間の見た印象に近い自然な画質なので、ドライブの映像を振り返ったりする際も目が疲れにくいのも美点。そのほか、前方衝突警告、車線逸脱警告などの運転支援機能付なので、こうした装備が付いていないクルマにとくにオススメだ。

2.スマホホルダー&ワイヤレス充電器 セイワ ワイヤレスキューバン充電ホルダー D487

セイワ ワイヤレスキューバン充電ホルダー D487

充電のためのケーブルの接続と、スマホ固定の手間が省ける。

Qi(チー)に代表されるスマホの非接触充電を標準やオプションで設定する新型車が増えている。しかし、高級車が中心で、しかも最近のニューモデルの話なので、その利便性を享受していない方も多いはず。一度、非接触充電を使うと、ケーブルでの充電は、スマホを接続するだけでも意外に手間だったのに気づかされる。

数年前からカー用品でも非接触充電対応アイテムが出始めていて、セイワの「D487」は、ワイヤレス充電であり、スマホホルダーでもある1台2役のアイテム。

クルマへの装着は、オーソドックスな吸盤を使い、ホルダーへの装着は、強力ネオジム磁石を使っている。ケーブルをつなげる手間だけでなく、スマホをホルダーに装着する手間も省けるのでまさに一石二鳥といえるアイテムだ。※適合するスマホはセイワのホームページを参照してください。

3.ナポレックス スキマポケット JK-99

ナポレックス スキマポケット JK-99

車内の隙間を埋めるアイディア収納の意外な効果。

シートとコンソールの間など、隙間を有効活用する薄型収納。こうした隙間に、小銭やスマホ、飴や噛むタブレットなどを落としてしまった経験は意外とあるかもしれない。「後で拾えばいいや」と忘れていて、年末の大掃除で食べ物などが悲惨な状態(小銭はいいが)で発見したというのは私だけではないはず。

収納力はそれなりだが、タブレットやスマホ、財布などの小物入れとしては十分に役立ってくれる。デザインはシンプルで、とくに黒い内装にマッチしそう。

4.カップホルダー サンコー 車載用温冷ドリンクホルダーブラック

カップホルダー サンコー 車載用温冷ドリンクホルダーブラック

手軽に手持ちの飲み物の保冷、保温が可能。

車載の温冷庫を使っている方もいるかもしれないが、価格がやや高めで、しかも電気を食うため、使い放しだとバッテリー上がりの心配(電源対策をすれば便利だが)や燃費への悪影響も少し気にする必要がある。

たとえば、通勤の30分間くらいでも手持ちの飲み物が温かいまま、冷たいままだったらな、と思った方は私だけではないはず。

車載用温冷ドリンクホルダーの使い方は簡単で、アクセサリーソケットにプラグを差し込んで電源を確保し、純正のドリンクホルダーに置くだけ。飽きのこないシンプルなデザインで、ブラックのほかにホワイトも設定。使わない時はプラグを外しておけばOKなので楽ちんだ。

5.収納ボックス ボンフォーム ユーティリティ収納BOX 7488-09

ボンフォーム 大容量収納BOX ユーティリティ ブラック

シートから荷物が転がり落ちるのを防げる。

急ブレーキまで行かなくても、強めのブレーキを踏んだら、シートの上に置いておいた荷物がフロアに落ちてしまった……。こうした経験は、丁寧な運転をするドライバーでもあるかもしれない。あるいは、トランクやラゲッジを開けたら、荷物が転がり落ちてきたなんてケースもあるだろう。

ヘッドレストにストラップで固定するボンフォームのユーティリティ収納BOXは、3つの収納からなるアイテム。3つの収納を荷物の量に応じて使い分けができる上に、使わない時は折りたためるのも便利だ。この収納が邪魔で大きな荷物が積みにくいということもない。

山本晋也のおすすめカー用品の快適グッズはこれだ!

山本晋也のおすすめ

自動車メディア業界に足を踏みいれて四半世紀。いくつかの自動車雑誌で編集長を務めた後フリーランスへ転身。近年は自動車コミュニケータ、自動車コラムニストとして活動している。ジェンダーフリーを意識した切り口で自動車が持つメカニカルな魅力を伝えることを模索中。

6.マグネット式車載ホルダー

mag-tek 車載ホルダー マグネット式 スマホ/タブレット MGTK-201

カーナビや車内エンタメを楽しむのに欠かせないのがスマートフォンやタブレット。様々な固定ホルダーが販売されているが、いろいろと試したうえで、現時点で落ち着いているのはマグネットタイプだ。

というのも、スマートフォンを充電しながらナビ代わりに使ったりすると意外に熱を持つ。そこで、マグネット式ホルダーの位置を工夫してエアコンの吹き出し口近くにスマートフォンを置けるようにして冷やしながら使うようにしている。

また、この手のマグネット式ホルダーではスマートフォンの裏側にスチールプレートを貼り付けるが、それが非接触充電などと干渉しないように、いったん仮止めで位置決めすることもおすすめしておきたい。

7.足踏み式フットポンプ

空気入れ 足踏み式 フットポンプ シングルポンプ

安全はもちろん、燃費を悪くしない点でもタイヤ空気圧の管理は重要ポイント。ガソリンスタンドで給油のたびにエアチェックをするのもいいが、自動車用タイヤに対応した空気ポンプも入手しておきたい。電動で高価になるが、手動式であれば1,000円以下で手に入る。

足踏み式のフットポンプであれば、さほど体力を使わずにタイヤに空気を入れることができるだろう。よほどサボっていない限り、一輪あたり1分程度でエアを適正値に入れられる。個人的には20年近く前に購入したニューレイトン製のフットポンプを使っているが、時おり増し締めをしているだけで問題なく使えている。

一度、買っておけば長く使えるアイテムだ。合わせて、それなりに精度の高い空気圧ゲージを用意しておくことも忘れずに!

8.布製タイヤすべり止め

AutoSock(オートソック) 「布製タイヤすべり止め」 オートソックハイパフォーマンス ASK600

ほとんど雪が降らない地域では冬になったからといってスタッドレスタイヤに履き替えないというユーザーも多いだろう。「雪になったらクルマで出かけなければいい」と考えている人も、突然の大雪に困ったことはないだろうか。

そうした人におすすめしたいのは布製のタイヤチェーン。個人的にはスタッドレスタイヤを用意していないときには愛車のタイヤサイズに合った「AutoSock(オートソック)」をトランクに入れているが、それだけで安心感が生まれてくる。

9.バッテリー充電器

メルテック バッテリー充電器(バイク~大型トラック) DC12V用

サンデードライバーのみならず、一度の走行距離が短い使い方をしていると鉛バッテリーに負担がかかり、ルームランプの点けっぱなしなどちょっとしたミスでバッテリーをあげてしまい、エンジンを始動することができなくなる。

そこで、あまり乗らないクルマでは定期的にバッテリー充電器でバッテリーの能力を復活させてあげておくと安心だ。主にオートバイに使っているので個人的には小型タイプを所有しているが、購入を検討する際には愛車に合わせた能力を持っているかどうかを確認したい。



10.TRUST(トラスト) GReddy インテリジェントインフォメーター TOUCH

TRUST(トラスト) GReddy インテリジェントインフォメーター TOUCH Ver.1.08 16001604

クルマのメカニズムやドライビングテクニックに興味が出てくると、リアルタイムに様々な情報を確認したくなる。

クルマを変えても、そのまま愛用している「GReddy インテリジェントインフォメーター TOUCH」は、本来はメンテナンスに使うOBD2につなぐことで純正メーターでは確認できない、油温、油圧、吸気温度、電圧、空燃比などなど多彩なデータを3.5インチ液晶ディスプレイに表示できるアイテムだ。

トラストというと日本を代表するチューニングパーツメーカーだが、ノーマルのクルマに取り付けても十分に役立つし、興味深いという意味でも面白いアイテムだ。

いまどきはOBD2にBluetoothアダプターを付けて、スマートフォンで同様の表示をすることも可能だが、いちいちスマートフォンでアプリを立ち上げる手間を考えると、こうしたアイテムをインパネの見やすいところに設置しておくメリットはある。

ちなみに、やはり日本を代表するチューニングパーツブランドの BLITZ(ブリッツ)からも同様の機能を持つ「Touch-B.R.A.I.N.」という製品があり、こちらはUSBやマイクロSDといった外部メモリを利用してPCと連携できるというのが面白い。

CarMe[カーミー]編集部がamazonで売れている便利なおすすめカー用品・グッズを調査!

CarMe編集部

11.コムテック ドライブレコーダー 200万画素Full HD GPS搭載

コムテック ドライブレコーダー ZDR-015

近年、当て逃げ、あおり運転など思いも寄らないような事件、事故があらゆる場所で発生しています。自分に非がないことを証明するためにはやはり証拠が必要です。

そんな状況に対応するには、ドライブレコーダーを装着して安全にドライブをされることをオススメします。このドライブレコーダーは、前後にカメラが取り付けでき、走行時、駐車監視中も前方/後方をフルHD200万画素で記録してくれます。その録画された動画は付属のマイクロSDカード(16GB)に録画され、液晶の画面もしくはパソコンで確認できます。

また、音声録音、日時情報記録、LED信号機対応もできちゃう優れもの。amazonで売れ筋であるドライブレコーダーであることも納得ですね。

12.カロッツェリア(パイオニア) バックカメラユニット ND-BC8-2

カロッツェリア(パイオニア) バックカメラユニット ND-BC8-2

最近発売された車ならば、装着されているケースが多いバックカメラですが、中古車を買った場合には装着していないことも多々あります。

駐車場での事故も多い近年、バックカメラを装着して安全に駐車できるようにしましょう。

このND-BC8-2ならば、画素数約31万画素で自然でクリアな視界を確保してくれます。また、夜間でも自然な発色で見え難い、映らない等の心配もありません。カロッツェリアカーナビやカーAVをはじめ、RCA映像入力端子付のモニターなど、多くの種類のモニターに対応。配線も専用キットがあるので安心です。

13.SmartTap オートホールド式 車載ホルダー EasyOneTouch2

SmartTap オートホールド式 車載ホルダー EasyOneTouch2

今やドライブのお供にはスマホは欠かせませんよね。音楽を聴いたり、スマホの地図を見ながらドライブという光景も多く見られるようになりました。

そこで今回は、アマゾンで累計販売台数10万台を記録したという車載スマホホルダーをご紹介します。

Easy One Touch 2は、「リリース」と「ホールド」の両方がワンタッチという優れもので、「EasyOneTouchシステム」という技術は特許を取得しているのです。

また、吸盤には「Sticky Gel Pad」というドイツ製の吸着盤を採用しており、耐荷重は1kgまで対応し、水洗いで旧万緑アームも、50mmの伸縮姓をもち、230°回転するので、どんなダッシュボードでも対応が可能なのもオススメポイントです。

一つ注意なのは、iPhone以外のアンドロイド、Xperia(エクスペリア)などの一部の機種でサイドアームがボタンに干渉する可能性があるようで、サイズ表をチェックの上、ご購入を検討してください。

14.車用収納ボックス 折り畳み式 60L トランクボックス

車用収納ボックス 折り畳み式 60L トランクボックス

車のトランクにお買い物したモノを乗せて走るとゴロゴロと転がって困ったことはありませんか?

今回は、大容量60Lのトランクボックスをご紹介します。

このトランクボックスは、60Lという大容量だけでなく防水性能、耐引裂き、耐荷重など、たくさんのモノが詰められるように設計されていて、トランクのトップをカバーするフタもついているので、走行中に段差に乗り上げて、トランクボックスから落ち無いように工夫されているのもポイントですよね。また、折りたたむことも可能なので、場所を取ることがないのも嬉しいですよね。

15.車用サンシェード 簡単着脱 遮光 断熱 99% の有害な紫外線を止める

車用サンシェード

夏場など特に日差しの強い日は目にもお肌にも良くありません。そんな時役立つのは、定番アイテムと言える、サンシェードです。今回のこちらの商品は吸盤で装着するのではなく、静電気のフィルムで窓に装着できます。吸盤タイプの場合、窓に吸盤の跡がついてしまうのはやっぱり嫌ですよね。この商品はそんな心配がありません。

サイズは、50cm×30cmと、44cm×38cmで、2枚ずつ用意されているので、ミニバンタイプでもカバーすることが可能でしょう。

この商品では、80g/㎡超高密度ガーゼを使用しているので、高い遮光効果が期待できるのもポイント。小さく折りたためるので、旅行でレンタカーを使用する際にも専用のポーチに入れて持ち運べるので便利です。

自動車のプロがおすすめする洗車グッズ17選!これでもう迷うことなし!
車中泊をとても快適にする便利グッズ10選!アウトドアに詳しい自動車のプロもおすすめ!

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives