日産、いすゞのトラックをOEM販売へ

いすゞ自動車はエルフの1.5tクラスを日産に供給

日産

日産自動車は、小型トラックの新モデルの供給についていすゞ自動車と合意し、協業事業契約を締結したと発表しました。この契約により、いすゞ自動車は2019年夏よりエルフの1.5tクラスを日産に供給し、日産はアトラス ディーゼルとして販売します。

また、1.15t〜1.5tクラスのアトラスのガソリンエンジン車についてはモデルチェンジやOEM供給を行わず、現行モデルを継続して販売します。

ボディタイプなどの詳細は発表されていませんが、商用車市場において大きなシェアを持ち、高い評価を得ているエルフのOEM販売は、日産にとっても商用車のシェアを拡大する契機となりそうです。

キャリイ、ハイゼット、アクティ。似ているようで違う、軽トラック3車種
スズキ ランディと日産 セレナなど…実はこれも同じ車だった!OEMの車7選
欧州向け商用車「トヨタ プロエース シティ」はおしゃれ度抜群

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives