SUBARU(スバル)JNCAPで「大賞」を獲得したSUV「フォレスター」に小改良

フォレスターを一部改良

スバル フォレスター 5代目

スバルは、最量販車種と位置づけるグローバル戦略車であるSUVフォレスターに一部改良を加えたモデルを6月10日に発表。7月18日に発売を予定しています。

フォレスターのスペック

2018年から発売している第5世代のフォレスターは、SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用することで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現。スバル車初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」や、水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」など、新たな価値を加えた魅力的なモデルに仕上がっています。

ユーザーが豊かさ、快適さ、愉しさ、冒険心といった気持ちを感じられるエモーショナルで身近な存在として、機能や性能を磨き上げたのが大きな特徴です。

スバルの水平対向エンジンへのこだわりはいつまで続くのか

さらに向上した安全性

今回の改良では、後席への荷物等の置き忘れをブザー・画面表示で知らせる「リヤシートリマインダー」を新たに採用し、機能性を高めました。さらに、新色として「マグネタイトグレー・メタリック」を採用。緻密で滑らかな輝きと、落ち着きのある色合いで、フォレスターの魅力をさらに向上させました。

フォレスターは、自動車アセスメント(JNCAP)の2018年度JNCAP衝突安全性能評価で最高得点を獲得し、「大賞」を受賞しています。(自動車アセスメントとは、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が実施している、自動車の安全性能の比較評価のことです。)また、同年のJNCAP予防安全性能評価でも最高ランク「ASV+++」を獲得し、幅広い領域における安全性能の高さが評価されています。

フォレスターのグレード別販売構成比では、e-BOXER搭載の「Advance(アドバンス)」が最も高く、全体の約半数を占めています。水平対向エンジンとモーターアシストによる軽快な加速が高評価を得ているようです。

新型フォレスターに搭載のハイブリッド「e-BOXER」はなにがすごい?
新型フォレスター、マイルドハイブリッド「e-BOXER」と2.5L NAエンジン車どちらを選ぶべき?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives