ジャガー・ランドローバーとBMW、電動パワートレーン開発で協業

ACESへの移行

ジャガー BMW

英国の高級車メーカーであるジャガー・ランドローバー社は、次世代のEDUを、BMWグループと共同開発することを発表しました。これは、自動車産業を取り巻く大きな変革「ACES」という自動車産業を取り巻く大きな変革のなかで、中核となる電動化技術の発展に大きく寄与するものです。ACESとは、自動化「Autonomous」、コネクテッド「Connected」、電動化「Electric」、シェアリング「Shared」を指します。

この戦略的な協業は、両社がこれまで培ってきた電動化技術に関する膨大な専門知識やノウハウ、経験が基盤となります。ジャガー・ランドローバーは、「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2019」に選出されたジャガー初のフルバッテリー電気自動車(EV)である「I-PACE」やプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)を市場に投入。BMWグループも2013年からEV「i3」を発売しており、EDUの開発および製造に関する幅広い経験を持っています。

ジャガー新世代EV「I-PACE」が国内走行初披露!旧車から最新EVまで100台以上が集結「浅間ヒルクライム2018」

ジャガー・ランドローバーのエンジニアリング・ディレクターであるニック・ロジャース氏は、「100年に1度の自動車業界の大変革を代表するものとして、ACESへの移行があります。この変革のスピードとお客様のEVへの関心の高まりは勢いを増しており、私たちにとって、このエキサイティングな未来に向けて、横断的に技術開発し、発展させていくことが重要かつ不可欠なのです」とコメントしています。

EDUの製造工場

今回の合意により、両社で研究開発と製造計画を共有し、サプライチェーンにおける共同調達を行うことになるため、スケールメリットや効率性を活用することができます。ジャガー・ランドローバーおよびBMWグループの専門家によるチームが、次世代EDUの開発を行いますが、引き続き各ブランドが持つプロダクトの特性や魅力は守っていくとのことです。

EDUは両社の工場でそれぞれ製造される予定。ジャガー・ランドローバーは、今年1月より全世界向けのEDU製造拠点となった英国ウルバーハンプトンにあるエンジン・マニュファクチャリング・センター(EMC)で製造します。1,600名の従業員を有するEMCは、クリーンなINGENIUMガソリンおよびディーゼル・エンジン、電動ユニットを製造しており、駆動システムの本拠地です。

2019年にバーミンガム近郊のハムズホールに新設したバッテリー・アッセンブリー・センターがEMCを補完し、完成した電動パワートレイン・システムをジャガー・ランドローバーの世界の工場に供給します。

BMW 330I Mスポーツ "単なる正常進化"だけではない。未来へと続く注目の最新技術に迫る
一見するとそっくり!? ジャガーとデイムラーの違い

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives