スーパーカブC125に古き良き雰囲気の新色追加

スーパカブC125の新色が発売

ホンダ スーパーカブ C125

本田技研工業は、「スーパカブC125(以下C125)」に新色を追加し、6月21日(金)に発売します。価格は税込で39万9,600円です。

懐かしい!30年以上前に発売された原チャリ「モトコンポ」は世界初の二輪・四輪同時開発モデル

スーパーカブ C125とは

スーパーカブC125は、スーパーカブシリーズの最も高級なモデル。耐久性や燃費性能、扱いやすさに優れる124ccエンジンに、クラッチなしで変速可能な4速MTを組み合わせたパワートレイン。加えてキーレスエントリーシステムや専用アルミキャストホイールを装備することで、カブらしい走行性能と高い利便性を実現させました。さらにカブの初代である「C100」を彷彿とさせるスタイルを採用し、クラシカルさと洗練さを両立しています。

ベスパのフラッグシップ「GTS」が、より旅性能を強化

新色はパールカデッドグレー

C125はこれまで「パールニルタブルー」のみの単色展開でしたが、今回は新たに「パールカデッドグレー」を追加設定。ブルーもクラシカルさを意識したカラーリングですが、新色のグレーはより“古き良き機械”の雰囲気のある落ち着いた色合いです。一見、昔のカブのようで、特に年配の方から声をかけられることも多いかもしれませんね。

街のバイク屋がなくなる日 VOL.1

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives