マクラーレンP1

ブガッティにマクラーレンP1、超稀少ランボも!映画「ニード・フォー・スピード」の登場車

レースゲームの実写映画版として誕生した映画「ニード・フォー・スピード」。チューンナップされたスーパーカーによる公道レースを描いたカーアクション映画で、車好きにはたまらない内容になっています。劇場での公開は終了し、現在DVDが販売・レンタル中!今回はニード・フォー・スピードの登場車種をご紹介します。» 続きを読む

P1の詳細・基本情報

P1
マクラーレン
P1
新車価格0~0万円

P1の中古車

中古車情報をもっと見る

Tips

映画「ニード・フォー・スピード」

2014年6月に劇場公開された映画「ニード・フォー・スピード」。原作となったのはエレクトロニック・アーツから発売されているレースゲームです。

カーアクション映画としては、「ワイルド・スピード」シリーズなどが有名ですが、登場する車の存在感では、このニード・フォー・スピードも負けていません。それでは、どのような車が登場するのか、見ていきましょう。

①フォード シェルビー マスタング GT500

登場する車の中でも主人公的な存在なのがこの車、フォード シェルビー マスタング GT500。

主人公のトビー・マーシャルが使用する車として登場します。故キャロル・シェルビー氏が生み出した伝説の名車であり、アメリカン・マッスルカーの代表的な存在です。アメリカの映画だけあって、主役にはしっかりとアメ車を据えていますね。

②ランボルギーニ セスト エレメント

主役がよくても、その脇を固める脇役がよくなければ、いい映画にはなりません。その点、「ニード・フォー・スピード」は最高の脇役陣が揃っていると言えます。
まずはこちらのランボルギーニ セスト エレメント。ランボルギーニっていうだけでかなり稀少ですが、このセスト エレメントは限定20台の超稀少モデルなんです。
お値段は2億円以上、納車だけでも一苦労です。

③マクラーレン P1

スーパーカーはまだまだ続きます。こちらは、ハイブリッド・スーパーカーのマクラーレン P1。価格は約9600万円。ランボルギーニ セスト エレメントの2億円を聞いた後だと安く感じてしまいますが、もちろんそんなことはありません。超高級スーパーカーです。さらにこのマクラーレン P1は、お金があっても買えない!?とも言われています。

④ブガッティ ヴェイロン

最強のスーパーカーと言えば、ブガッティ ヴェイロン。もちろんニード・フォー・スピードにも登場しています。
こちらもお金があっても買えないスーパーカーとして有名ですね。日本ではビートたけしさんが所有していることで知られています。

⑤ケーニグセグ アゲーラR

最後に紹介するのはケーニグセグ アゲーラR。こちらも、言わずと知れたスーパーカーです。

登場車の主役はシェルビー マスタング GT500であるとお伝えしましたが、このアゲーラRも、劇中で重要な役割を果たすキーパーソン的な存在です。

スーパーカーは実はレプリカ!?

今回紹介した車以外にも、まだまだ多くのスーパーカーが登場する「ニード・フォー・スピード」ですが、その魅力の一つが、実物の車で撮影を行っていることです。

最近はCGを多用したカーアクション映画も珍しくない中で、スタントにこだわった姿勢は何ともかっこいいですね!

しかし、実物の車を使ってはいますが、登場車種の本物のスーパーカーを使うことは難しかったようです。

さすがに1億も2億もする超高額のスーパーカーをワンシーンのために破壊するなんて、できませんよね。そのために、「ニード・フォー・スピード」のスタッフは、レプリカのスーパーカーを作り上げ、撮影に挑みました。

レプリカと聞いてちょっと残念に感じるかもしれませんが、その完成度は抜群です!
まだ映画を観ていない方は、是非チェックしてみてください。

P1のページです。