シボレーインパラ

アメ車黄金期、1960年代に一世風靡したクルマたち

1960年代は自動車王国アメリカが一番輝いた時代と言われています。
あなたも憧れていた1台があるのではないでしょうか。
ということで今回は1960年代のアメリカ車について特集します。» 続きを読む

インパラの詳細・基本情報

インパラ
シボレー
インパラ
新車価格0~0万円

インパラの中古車

中古車情報をもっと見る

Tips

1960年代?

日本の1960年代といえば、まさに高度経済成長期!
自動車産業においても、大きく飛躍をとげた10年間となりました。
1950年代には海外から遅れをとっていた生産台数も、60年代には次々と主要国を抜き、世界的にも日本車の知名度が上がってきた時期でもあります。
そんな当時、自動車王国と呼ばれていたのがアメリカ。
40年代から自動車の大量生産を始めたアメリカでは、その後も自動車産業の成長はとどまることを知らず、王国と呼ばれるまでになっていました。
そして、60年代は、そんなアメリカが最も輝いた時代と言われます。
黄金期ともいえるこの時代に生まれたアメリカ車とはどのようなクルマたちなのでしょうか。

シボレー・インパラ

シボレーブランドの最上級グレード車として人気を誇ったインパラ。
モデルチェンジを経た現在でも、その人気は衰えることなく、アメリカや日本ではカスタムのベース車として広く親しまれています。

シボレー・カマロ

シボレー カマロ

カマロの魅力は何と言っても「低価格・高性能」であること。
パワフルなエンジンが自慢のマッスルカーです。
アメ車好きには定番のクルマですね。

シボレー・コルベット

無題

アメリカンスポーツカーの代表格にして、シボレーブランドのフラッグシップとも言われるコルベット。
現在でも進化を続け、マニアを虜にしているモデルです。

フォード・マスタング

シボレー・カマロと並んで人気を博したマスタング。
世界中で多くの支持を得ており、数々の映画やゲームにも登場しています。

フォード・サンダーバード

55年に発売開始されたフォード流高級志向スポーツカー・サンダーバード。
60年代にはモデルチェンジをしてスポーティなイメージから一転、後へと続くフォーマルな外観へと生まれ変わりました。

シェルビー・コブラ

ACカーズがフォードの支援を受けながら開発をしたコブラ(商標権はシェルビー)。
魅力は何と言ってもその唯一無二なスタイリング。
おもちゃでしか見たことのないようなユニークなフォルムをファンは愛してやみません。
レースで輝かしい成績も残している走行性能も◎なモデルです、人気の高さにも納得できます。

キャデラック・ドゥビル

当時のドゥビルにある現在ではほぼ見ることのない「テールフィン」(リアフェンダーの両端を高くして垂直尾翼のように尖らせたデザイン)。
60年代までキャデラック車をはじめとするアメリカ車に多く見られていましたが、60年代後半には姿を消していきました。

リンカーン・コンチネンタル

言わずといれたアメリカの高級車ブランド・リンカーンが生産していたコンチネンタル(60年代モデルはセダンが主)。
大きなボディに、当時にしては先進的であった斬新で洗練されたデザイン、そして何より安定した走り、これらが名車と言われる所以のようです。

以上、いかがでしたでしょうか。
今見ても見とれてしまうような魅力的なクルマばかりです。
現在の日本をこんなかっこいいクルマが走っていたら目立つこと間違いないでしょう。
60年代にしてこのクオリティ、さすが自動車王国と呼ばれるだけあります。
あなたの憧れの1台はありましたか?